■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1301 『きみはいい子』
No1301 『きみはいい子』

2014年制作 邦
監督:呉 美保

≪キャッチコピー≫
『抱きしめられたい。
     子どもだって。
       おとなだって。』

≪ストーリー≫
新米教師の岡野(高良健吾)は、ひたむきだが優柔不断で、問題があっても目を背け、子供たちから信用されていない。雅美(尾野真千子)は夫の単身赴任で3歳の娘と2人で生活し、娘に暴力を振るってしまうことがあった。一人暮らしの老人あきこ(喜多道枝)はスーパーで支払いを忘れ、認知症を心配するようになる。彼らは同じ町で暮らしており……。

≪感想≫
以前観た大傑作邦画「そこのみにて光輝く」の呉 美保監督作品。

「そこのみにて~」はひたすら重々しいお話でしたが、本作もまた重くって
痛々しい作品に仕上がっていました。

現代社会における生々しい問題が描かれている。
ネグレクトの問題。
高齢化社会。
学級崩壊。
親が子供を殴るなんてあり得るんだろうかと思ったりもしますが、
本作のような事件はあり得る話な訳で。
本当に怖くって悲しい社会になったのか、そこに気付き始めたのか。
とにかく本作で取り上げている問題は生々しくて痛かったです。

ただ、本作のそれは少しだけ理由も描かれていたんですよね。
例えば、子に暴力を振るっている母親。
彼女も実は子供の頃暴力を振るわれて育ってきていて・・・。
暴力の連鎖というものですね。
それを断ち切るのはやはり愛情。
同じく暴力を受けて育ったママ友の優しさが彼女を救ってくれたんです。
子育てにしても大人の成長にしてもそうなんですが、やっぱり
相手を想う上での行動は何かしらを変えるきっかけになるというか。
例えば、子供をしかるにしてもそこに「想い」があるかないかで、
とても大きな違いがあるんじゃあなかろうかと。

僕は未婚で子供もいないので、何とも難しいですが、自分に置き換えると
他者との共生にも言えるんじゃないかって。
相手の事を「想う」上での行動は送り手も受け手にもより良いきっかけに
なるんじゃないのかなって思ったり。
言葉にするととても安っぽくなりますが、そんな事感じました。

本作では、色々な悲しみを救うのは「抱きしめる」という行為でした。
小学生の教師である岡野が子供たちに宿題として家族に抱きしめられてきなさいと言う。
照れながらも子供達は宿題の報告を語りだす。
一人一人がなんとも言えないふわりとした柔かい感情を語るシーンはグッときました。
岡野が甥っ子に抱きしめられるシーンもキュッと胸が締め付けられて。
甥っ子にとってはたわいもない行為なんだけどね。
鼻の頭がツンとなりましたよ。

演出について。
やっぱりこの監督さんはとても巧みだなと感じたシーンが2つ。
一つは岡野がクライマックス桜の花びら舞う道を疾走するシーン。
これまで描いていたおもっくるしい社会なんだけど、それでも、それでも希望を感じ取れる演出。
「そこのみにて~」のラストに通づる美しさを感じるシーンでした。
そしてもう一つは、子供に暴力を振るっている雅美に対し大宮の奥さんが救いの抱擁をするシーン。
少しづつ光が射しこむ演出。
ズルいと思いつつもやっぱりグッときましたねぇ。
沈んだ心になりながらもしっかりと浮上の余地を与えてくれるこの演出はやっぱり巧みだなって。

ラストの終わり方も良かったです。
観客に投げかける方法は、最初は「え!?」ってなったけど、色々と考えに考えると、
きっと彼らは幸せになれるんじゃあなかろうかと思えたしね。

総括。
恐らく、社会ではこんな世知辛い事が数々あって、無くなる事はもしかしたら、ないのかもしれない。
それでも、なくそうとする、少なくとも自分はそうなってはならないと強く感じました。
暴力の連鎖ではなく優しさの連鎖を。

重々しくも素晴らしい作品でした。

≪点数≫
  8点
                                           (16.12.18鑑賞)


こちら原作小説。
興味あります。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1300 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
No1300 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

2016年制作 米
監督:ギャレス・エドワーズ

≪キャッチコピー≫
『希望は、死なない――。』

≪ストーリー≫
帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍に加わり、あるミッションを下される。それはデス・スターの設計図を奪うという、困難かつ無謀なものであった。彼女を筆頭に、キャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・アーメッド)といったメンバーで極秘部隊ローグ・ワンが結成され、ミッションが始動するが……。

≪感想≫
スターウォーズシリーズ最新作。

2015年待望の新作が上映されて、また新たなるスタートを切った本シリーズ。
本作はエピソード3の間の物語。
スピンオフ作品。

満足の一作に仕上がっていました!!

キャラについて。
新キャラ続々、魅力のあるキャラクターがちらほら。

ヒロインのジン・アーソ。
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のレイに通づるヒーローでありヒロイン。
戦う女性像はカッコ良かったですが、レイには少し劣るかな。
もう少し活躍させても良かったな。
時折見せる体術はカッコ良かったしね。

ローグ・ワンの面々。
まずは何と言ってもこの方!!
ドニー・イェン兄貴が演じた盲目の戦士チアルート。
性格も盲目的にジェダイを信ずる漢!!
体術がシビれるほどカッコ良くって、もっともーーーっと彼のアクションシーンを見たかった!!
特に、スター・ウォーズシリーズはレーザービームビュンビュン系のアクションが多めなので、
ドニー兄貴の本格的なアクションはやっぱりカッコ良くってね。
邦画の座頭市を匂わすキャラ造形にもシビれました。

チアルートの相方であるベイズ。
フォースを特に信じる訳ではないが、何だかんだでチアルートと二人三脚。
よ!!名コンビ!!!
彼は、武器の扱いが堪能でドデカいレーザー銃やバズーカ的な武器を駆使して
ガッツンガッツンやっていました。
とってもシブかったですね。

クリーチャー系のキャラのルックも相変わらずのスター・ウォーズシリーズと言うか。
名前が分かりませんが、クライマックスで狙撃種的な役割をした奴。
あれ、チューバッカみたいな感じじゃなかったかな。
他にも小っちゃいけど獰猛そうなキャラや、ソウ(フォレスト・ウィテカー)の
側近みたいなキャラ。
どいつもルックが素敵でもっと見ていたいキャラたちでしたよ。

ドロイドにも新キャラが。
これまでもC-3POやR2-D2、BB-8等々魅力的なドロイドを出してきた本シリーズ。
本作のドロイドはK-2SO。
メカなんだけど性格は少し人間的。
最近、「ターミネーター」シリーズを観ているせいか、2作目のシュワちゃんを思い出したり。
メカなんだけど、キュートでカッコいい的な!?(言い過ぎかも)

あと、敵でも気になるキャラが!!
敵の歩兵的な役割のトルーパーですが、本作で、一人だけメタリックな
トルーパーが出ていましたね。
同盟軍をガンガンに撃墜していくのは敵ながら天晴でしたよ。
あいつも名前があるのかなぁ・・・。
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のキャプテン・ファズマ的な。
気になります。

シリーズの方々も登場していましたね。
レイア姫やC-3PO、R2-D2。
そして何と言ってもダースベイダーでしょう。
本シリーズはダース・ベイダーの物語と言っても過言ではない主要キャラクター。
本作でもラストに少しだけですが見所を与えてくれました。
これがまためっちゃ強くって、その強大な力を見せつけてくれました。
うん、良い感じ。

とにかく本作も色々とキャラが目白押しで楽しかったです。

アクションについて。
本作はクライマックスのメカアクション、スカイアクションが豊富でしたね。
始まった瞬間はめっちゃアガりましたよ。
あのたくさんのガンシップ?がワープして、宇宙にピタッと現れるシーンは
メチャクチャカッコ良かったです。
ただ、少し長かったなと感じたりもしましたが・・・(苦笑)
もう少し抑揚をつけてくれても良かったなって。
ドッカンバッカンがあったのは嬉しかったのですが、少し平板にも感じたもので。
それでもスター・ウォーズらしい演出、アクションは盛りだくさんで
これまた満足させてもらいました。

ストーリーについて。
先に書きましたが本作はエピソード3と4の間のお話。
デス・スターの強大な力も思い知ることができたし、その後の展開へと繋がる
お話に仕上がっていてこれも満足です。
あと、本作は切ないお話に仕上がっていましたね。
クライマックスのあの展開は何ともグッとねぇ・・・。
これを見た後に、エピソード4以降を観るとまた感慨深いものが・・・。
ローグ・ワンの面々の活躍をまた見たいです。
特にチアルートの活躍を・・・。

とにもかくにも。
大好きスター・ウォーズシリーズ最新作。
スピンオフでしたがしっかりと正史を繋げてくれる役割を果たしてくれました。
満足の一作です!!

あっとそうそう。
本作、いつもの始まり方をしませんでしたね。
いつもならナレーションの文字スクロールがあるのに本作は無かったな。
ちょっと楽しみにしてたのにな。
スピンオフだからかな・・・。
あの始まりがあって心がグッと上がるのにな。
そこはちと残念でしたとさ。

≪点数≫
  8点
                                           (16.12.17鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1299 『ゼロの未来』
No1299 『ゼロの世界』

2013年制作 英/ルーマニア/仏/米
監督:テリー・ギリアム

≪キャッチコピー≫
『本当の幸せは、限りなくシンプルなものである。』

≪ストーリー≫
近未来の管理社会、孤独な天才コンピューター技師のコーへン(クリストフ・ヴァルツ)は解明されていない数式「ゼロの定理」に挑み、人生の目的とは何かを知るため、ある人物から電話がかかってくるのを待っていた。ある日、パーティーで出会った魅力的な女性ベインスリー(メラニー・ティエリー)との恋、そして会社の社長の息子で自分と同じく天才的なコンピューターの使い手であるボブ(ルーカス・ヘッジズ)との交流を通じて、コーヘンは生きる意味について知っていく。

≪感想≫
テリー・ギリアム監督作品。
以前鑑賞した「12モンキーズ」「ラスベガスをやっつけろ」「未来世紀ブラジル」を撮ったお方。

むむむ・・・難解な作品を撮っているなぁといった印象。
実際に、「未来世紀ブラジル」は傑作と聞いてみたのですが、僕にはとても難解で
ピンとこなかったという記憶。
正直、どんな話かもちょっと・・・。

さてさて。
本作も期待通りの難解な作品でした。

コーエンと言うおっちゃんが「ゼロの定理」という数式を解くために
七転八倒するお話・・・なのかな。

先に良かった所。
先に挙げた作品にも共通するところですが、世界観が新鮮で楽しい。
未来のお話なのでしょう。
出てくる画がカラフルで奇天烈で観ていて飽きない。
キャラのルックも面白くって、中盤に登場するボブを連れてくる凸凹コンビもなかなか。
ヒロインのベインスリーもセクシーで魅力的なキャラでした。
マネージメント(マット・デイモン)も不気味な社長感たっぷりで謎々しくって◎。
とにかく、見た目、キャラは楽しかったです。

ただねぇ・・・。
先に書いた通り、お話自体が、よく分かんなくって。
コーエンの成長譚なのか、孤独なおじさんが色んな人と関わりあって少しずつ
感情が芽生え始める感じ。
だけど、それも脆くも崩れ去っている感もあるし・・・。
最期のオチもちょっとよく分かんないし。

んんーーーー、誰か教えてくれーーーい!!!!

という訳で短めのレビューとなりましたとさ。

≪点数≫
  5点
                                           (16.12.16鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1298 『カンフー・ジャングル』
No1298 『カンフー・ジャングル』

2014年制作 中国/香港
監督:テディ・チャン

≪キャッチコピー≫
『No.1は誰だ!』

≪ストーリー≫
ある日、洪拳の使い手として名高い武術家が、何者かに拳で殴り殺されたとみられる遺体で発見される。凶悪事件捜査本部を率いるロク警部(チャーリー・ヤン)は、その死因に疑問を持ちながらも捜査を開始する。そんな中、元警察の武術教官で、現在は服役中のハーハウ・モウ(ドニー・イェン)からの、すぐに仮釈放するという条件で協力したいという申し出がロク警部の耳に入り……。

≪感想≫
ドニー・イェン主役の新作カンフー映画。

ドニー・イェンと言えば、ジャッキー・チェンやジェット・リーに並ぶアクションスター。
僕はカンフー映画は大好物なので、ドニー・イェンの作品はいろいろ観てきました。
スペシャルID 特殊身分」「ワンス・アポン・ア・タイム/天地大乱」「捜査官X」等々。
どれもアクションは凄かった記憶。
そしてそして、スター・ウォーズシリーズ最新作の「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」にも出るみたい。
楽しみですな。

さてさて・・・。

アクションはやっぱり最高でした!!!
ストーリーについては特にインパクトはなくって。
アクションについても終盤まで物足りなかったりもしたんです。

特に、本作って色々な格闘王が出るにもかかわらず、彼らのアクションはそこまで
凄いようには見えなかったんですよね。
観ていて満足いかねぇなぁって・・・。

ただし、クライマックスのバトルはと言うと。

最高!!!!

まずは素手での格闘に始まり、ぶっとい竿竹みたいな武器を使った格闘、
さらには道路上での戦いともあって、車やトラックの行きかうステージにスリルも抜群。
見せ方もカッコよくってワイヤーアクションも上手に盛り込んでいるのでとってもカッコ良かったです。

これだけでも観て良かったなぁと。

考えてみると本作の作りって、徐々に徐々にクライマックスに向かってアクションの
積み上げをしていたような作り。

ドニー兄貴じゃないですが、クライマックスのひとつ前のバトル、
妹弟子VSフォン・ユィシウ。
女性にしてはめちゃくちゃ動けたし、カッコ良かったです。

先に書いたようにストーリーについては特に面白みも無かった本作。
アクションが凄かったなぁなんて印象で観賞を終えようとすると・・・。

エンドロールがとても素晴らしくって。
僕はそこまで詳しくないのですが、恐らく、香港アクション映画の主要な人たちが
ぞろぞろと映し出されていて。
いろいろとカメオ出演されていたようですね。
ちょっと、その場面を観ているとカンフー映画への愛情を感じてとっても素敵に感じたり。

とにかくアクションへの愛に溢れた作品。

ドニー・イェン兄貴!!
これからもカッコイイアクション映画を作ってください!!!!

≪点数≫
  7点
                                           (16.12.11鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1297 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
No1297 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

2016年制作 米
監督:ジェイムズ・ボビン

≪キャッチコピー≫
『ワンダーランドの"秘密"は<過去>に。』

≪ストーリー≫
ワンダー号での3年に及ぶ船旅からロンドンに帰郷した後、青い蝶アブソレムにマッドハッター(ジョニー・デップ)のことを聞いたアリス(ミア・ワシコウスカ)。マッドハッターは、ワンダーランドで死んだ家族の帰りを待っていたのだ。ワンダーランドに着いたアリスは、白の女王(アン・ハサウェイ)たちから頼まれ、マッドハッターの家族をよみがえらせるべく、過去を変えようとする。時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)から時間をコントロールできる“クロノスフィア”を盗み、時間をさかのぼったアリスだったが……。

≪感想≫
2010年に上映された「アリス・イン・ワンダーランド」の続編。

前作はもちろん鑑賞しておりますが、内容については一切覚えていないかも。
ただ、レビューを読み直してみると、キャラの造形や画作りはとても素敵だったってところかな。
だって、監督はティム・バートンですもの。
キテレツな映像は彼の専売特許ですもんね。

そして本作。
・・・あれ??
監督がティム・バートンじゃなくなってる!!
演者さん達は変わっていないのに。
何故だろう・・・。
まぁまぁまぁ。

監督が変わった本作。
それなら前作のようなキテレツな画が無くなったかと言うとそうでもなかったり。

本作も前作同様、キャラの造形や絵本のような世界観、ファンタジックな画が
魅力の作品に仕上がっていました。
キャラについて。
前作の時に一気に好きになった赤の女王。
悪役なので嫌な奴なのですが、どこかキュートで可愛らしかったり。
本作では、彼女がどうしてこんなデカ頭になったのか等、過去を掘り下げてくれたので、
なかなか楽しかったです。
アリスについては、演じているのが好きなミア・ワシコウスカだったので特に文句なし。

そして本シリーズのある意味主役でもあるマッドハッター。
演じるのはジョニー・デップ。
エキセントリックなキャラを演じるのはお手の物。
奇妙なルックと、キテレツな言動、行動で観客を虜にしていました。
・・・が、それは前作の事で、本作はそれほどでもなかったかなぁ・・・。
もうちょっといききったキャラクターにしても良かったのかも。
本作のマッドハッターはただの弱々しいおぼっちゃん的な感じだったので。

他にも、前作から引き続いての登場の双子坊やや白の女王、チェシャ猫等々。
相変わらずのルックで高感度抜群。
あと、前作に出ていたか忘れましたが、たまごのキャラ、ハンプティ・ダンプティ。
その風貌は無条件で◎。
最高の見た目で、一目で大好きに!!

ストーリーについて。
本作はアリスが自分で事件を起こして自分で解決する、いわゆる、
マッチポンプ的なストーリーになっていたので、そこはちょっと不満かな。
全体的に平板だったしね。
クライマックスは盛り上がるんだけど、そこまでの積み上げが足りないせいか、
もう一歩も十歩も足りない印象。
残念無念。

総括。
全体的には前作と同じような感想。
ただ、本作の方が2番煎じ感があるので少し物足りなかったかな。

特にストーリーに関しては、しばらくしたらきっと忘れてしまうぞ!!
ちっきしょーー!!

≪点数≫
  5点
                                           (16.12.09鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad