FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1506 『美しい星』
No1506 『美しい星』

2016年制作 邦
監督:吉田 大八

≪キャッチコピー≫
『そこから、
なにが見えた?』

≪ストーリー≫
予報が当たらないと話題の気象予報士・重一郎(リリー・フランキー)は、さほど不満もなく日々適当に過ごしていた。ある日、空飛ぶ円盤と遭遇した彼は、自分は火星人で人類を救う使命があると突然覚醒する。一方、息子の一雄(亀梨和也)は水星人、娘の暁子(橋本愛)は金星人として目覚め、それぞれの方法で世界を救おうと使命感に燃えるが、妻の伊余子(中嶋朋子)だけは覚醒せず地球人のままで……。

≪感想≫
稀代の大作家・三島由紀夫の同名小説を「桐島、部活やめるってよ」や

紙の月」の吉田大八監督が実写化。


僕と三島由紀夫。
僕は小説もちょこちょこっと読んだりしますが、実はこういう大作家先生の作品は
あまり読んだことがなくって。
この三島作品も実は1作も読んだことがありません・・・。
お恥ずかしい。
読まないとなぁとは思いつつ、どうしてもハードルが高くなっちゃっているんですよね。

いつか必ず!!

さてさて本作について。

なんか変な作品でした。
火星人やら水星人やら金星人が地球に対して警告を行うっつーお話。

基本、本作に移る地球人はすっげー嫌なやつらばっかり。
悪いやつというか不快な人達ばかり。
父親の周りのテレビ関係者もなんか嫌だし、長男の周りも嫌だし、長女の周りも嫌な感じ。
恐らくこれは意図的に極端にやな感じに描いているんでしょうが、とにかく不快でした。
例えば長女(暁子)の大学の学生とかおバカっぽくてねぇ・・・。
あと、ストリートミュージシャンのあいつ!!
あいつ、結局どこに行ったんだ!!!!
思い出すだけで腹がたつ!!!!

本作のテーマって、今のままだと地球は、人類は滅びますよっていう警告のようなもので。
異星人と言われるやつらの言葉は基本、むむむと考えさせられる言葉ばかり。
好き勝手生きていると取り返しのつかない事になりますよ的な。

ただね。

ちょっと引っかかったのは、これって地球規模のお話しているんですよね。
ただ、本作で描かれていることって日本の東京の一コマなんです。
これまた意図的なんでしょうが、僕的にはどうもピンとこなくって。
それなら他の国々のお話もしようぜってなもんで。

真面目なテーマと宇宙人系のそれこそ非科学的なテーマが上手く混在はしているんですが、
だからこそちょっとした事に「ん?」ってなっちゃったんだよなぁ。

例えば、テレビ局の対応とか。
天気予報士の暴走をあそこまで写し続けるところとか、普通ならCMに
切り替わるんじゃないのかなぁって。
ちょっと野暮なツッコミを思いついたり(苦笑)

とにもかくにも。
全体的に変な映画でした。
笑える部分もたくさんあったし、むむむと考えさせられる部分もたくさん。
とりあえず原作を読むとしよう。

≪点数≫
  5点
                                           (18.07.29鑑賞)


こちら原作。
読むべし!!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1505 『容疑者Xの献身』
No1505 『容疑者Xの献身』

2008年制作 邦
監督:西谷 弘

≪キャッチコピー≫
『その謎を、愛そう。』

≪ストーリー≫
惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと推理するが……。

≪感想≫
福山雅治さん主演の人気テレビドラマ「ガリレオ」シリーズの映画版。
原作はこれまた人気作家の東野圭吾さんの「ガリレオ」シリーズ。
原作シリーズは何作か読んだことがあるんですが、ただ本作は読んだことないかも。
小説シリーズは楽しく読ませて頂いております。

テレビドラマについては、人気があるのは知っているのですが、実は観たことがないんですよねぇ・・・。
映画をたくさん観るようになって、どうしてもテレビドラマからは離れていってしまって。
昔はめちゃくちゃ観ていたのですが。

さてさて。

そんな実写版「ガリレオ」弱者の僕の感想は・・・。

う〜〜ん。
全体的にはグッときたんですが映画じゃなくても良かったかも。

ストーリーが荒い。
一番気になったのが、警察がそこまで疑わしくない花岡靖子を
容疑者としてガンガン責め立てるのか。
観ているこっちは犯人が分かっているので、一応、良いんですがなんだか引っかかる。
「おいおい、もしこれが犯人じゃなかったら大変だぞ。」
って。
あと、よく分かんないんですが警察の対応ってこんなに大袈裟な感じなのかなぁ。
合同会議的シーンは一人の殺人事件でこんなに大々的な事になるのかなぁって。
何でしょう、外堀が全然描かれていないのでピンとこなかった。
例えば、他の容疑者の疑いが晴れていく過程や、そもそも花岡靖子が
疑われていく過程をもう少し丁寧に描いて欲しかったなと。

あと、これってガリレオシリーズじゃなくっても良いのではとも思ったり。
だって本作の主人公である湯川は物理系の学者さんで、事件の真相を科学的な視点で
解いていくんですよね。

本作ってそういう側面ありましたっけ??
犯人の石神も数学の天才という肩書きだったんですが、数学的側面ありましたっけ??
確かにどちらもキレ者感はありましたが・・・。
ここら辺もちょっと引っかかりました。

むむむ・・・。

全体的なお話はとても好きだったのですが。
やっぱこれは原作を読んだ方が良いのかなとも思ったり。
とにかく映像になるとやっぱり引っかかりが多くなってね。

とりあえず原作を読んでみようかなぁ・・・。

映画版はあと1作品あるみたい。
観てみようかな。

≪点数≫
  5点
                                           (18.07.28鑑賞)


こちら原作。
読んでみるか。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1504 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
No1504 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
2018年制作 米
監督:ロン・ハワード

≪キャッチコピー≫
『すべての男(ヒーロー)に、
     はじまりの物語がある――』

≪ストーリー≫
帝国軍が支配する時代。惑星コレリアで生まれ育ち、自分の力だけで生き抜いてきたハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)は、銀河で一番のパイロットになるという夢を抱いていた。やがて宇宙に飛び出した彼は、チューバッカ(ヨーナス・スオタモ)という相棒を得る。彼らは、幼なじみの美女キーラ(エミリア・クラーク)らと一緒に、危険な世界に通じたトバイアス・ベケット(ウディ・ハレルソン)が率いるチームに加わり、壮大な冒険に身を投じる。

≪感想≫
大人気スター・ウォーズシリーズ最新作。

今回はスピンオフ作品で、人気キャラクターのハン・ソロの若き日を
描いた作品。

ひたすらスター・ウォーズシリーズを楽しんでいる私。
ここ数作は全て映画館で鑑賞させていただいております。
本作も勇んで劇場にて鑑賞してまいりましたよ。

さてさて。

スター・ウォーズシリーズとしてはまぁまぁまぁ。
ただ、一つの作品としてはとても楽しめました!!

各キャラクターについて。
主役のハン・ソロ。
旧シリーズ(正史)のハン・ソロを演じたのがハリソン・フォードですが、
この若き日のハンを演じたのがオールデン・エアエンライクという青年で。
これがまた、僕的には違和感なくって。

雰囲気や出で立ち、そして恐らく佇まいもハリソン・フォードのハンに寄せていっていたので、
とてもしっくりきたんですよね。
性格的な部分もやんちゃで皮肉屋な感じが、
うんうん、ハン・ソロの若き日だなって感じ。

ヒロインのキーラ。
演じたのはエミリア・クラーク。
個人的な好みなんですが、彼女はとんでもなく美人さんで、出てきた瞬間
「うわ、絶対この女優さんの名前を覚えよう!!」
と思ったくらい(笑)
どこかで観た事あるなぁと思ったら「ターミネーター:新起動/ジェニシス」の
サラ・コナーでした。
そこのレビューでも美人やらカッコいいやら触れていました(笑)
ただ、彼女のキャラについては少し謎のまんまで終わっちゃった感があるなぁ。
恐らく本作は続編が作られそうなストーリー、終わり方をしているので
その辺は今後描かれていくのでしょう。

楽しみにしてます。

そして、ハン・ソロの相棒である、みんな大好きチューバッカ。
これまでのシリーズを観ている人たちにとっては、やっぱりハン・ソロとの出会いや
やり取りを見れるだけでも心躍る踊る。

ウディ・ハレルソン演じるベケット。
僕的な勝手な印象でベケットは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の
ヨンドゥ的な立ち位置かなぁと思ったら、最後のまさかの展開に驚かされました。
彼の銃捌きはカッコ良かったな。

過去作でも登場していたランド・カリジアン。
過去作でのランドは紳士的で落ち着いた感じの印象でしたが、本作ではハン・ソロと
同じくやんちゃなたち振る舞いで、これはこれで魅力的でした。
僕的には本作のランドの方が好きだな。

本シリーズでは色々なクリーチャーやドロイドが登場。
これまでCー3POやBB-8などのドロイドが登場して観客の心を鷲掴みしていましたが、
本作ではL3-37(通称L3)というドロイドが登場してくれました。
こいつがまた良いコメディリリーフっぷりを発揮して楽しませてくれましたよ。
こいつの一挙手一投足には僕の周りのお客さんも楽しんでいました。
反面、こいつの最期にはグッときましたねぇ。
ランドとのバディ的イチャイチャは観ていて楽しかったです。

とまぁ、各キャラクターがしっかりと立っていて観ていてとても楽しかったです。

他にも、あの反乱軍の女酋長みたいなキャラも良かったし。
彼女は正史とどう関わるのかなぁと少し気になったり。

アクション、演出について。
本作は結構、アクションもふんだんに盛り込んでいたので、最後の最後まで
飽きることなく鑑賞。
まぁ、ここら辺はスター・ウォーズシリーズとしての楽しみといった訳ではなく、
1本の作品として楽しいなぁといった感じ。

ただ、撮り方のせいか少し見にくかった部分もありました。
これは、恐らく意図的になんでしょうが、冒頭のシーンが全体的に暗くって。
すっごい見にくかったんですよね。
「おいおい、このまま最後まで行くんじゃなかろうなぁ・・・。」
って心配したくらい。

あと、アクションについても少しだけガチャッとしていたので、
これまた見にくく感じました。
勢いはあってとても良かったのですが・・・。

お話についても、時折、旧作の小ネタを挿んでいたりして、観ていてワクワクした部分も
あったりしたんですが、基本は正史に繋がるようなお話じゃなかったので、
そこはもっと関連付けてくれても嬉しかったです。

前回のスピンオフ作品「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のようにね。

とにもかくにも。

全体的にとても楽しくって大満足なのは間違いないんですが、鑑賞後ふと考えると、
スター・ウォーズシリーズとしては「???」ってなっちゃったんですよね。

う~~~ん、まぁまぁまぁ・・・。

なので、もし次回作があるならもっと正史に繋がるような作りにしてもらえたらうれしいなぁと。

もちろん鑑賞するのは間違いないので楽しみにしております!!!!

≪点数≫
  7点
                                           (18.07.27鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1503 『ムーンライト』
No1503 『ムーンライト』

2016年制作 米
監督:バリー・ジェンキンズ

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)。学校ではチビと呼ばれていじめられ、母親からは育児放棄されている彼は、何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのホアン(マハーシャラ・アリ)とその妻、唯一の友人のケビンだけが心の支えだった。そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。そのことを誰にも言わなかったが……。

≪感想≫
第89回アカデミー賞(2016年)作品賞受賞作品。
一人の男の3時代を描いた作品。

とても美しい作品でした。

黒人、貧困、ドラッグ、ゲイ、これらのテーマを描いたお話だったんですが、
重くなり過ぎず、暗くなり過ぎず。
かといって軽いわけでもない。

どこか詩的で美しい作風。

例えば、普通ならこれらのテーマならどこか押し付けがましいメッセージが
ふんだんに盛り込まれそうなものなのに、本作はそうじゃなくって。
描かれているのはセンシティブな問題で、そこに色々とある事が
当たり前かのように存在している。

言葉にすると安っぽくなるので嫌なんですが主人公シャロンの「愛」の物語。

例えば母親がドラッグ中毒になっている事実。
例えば自分がいじめにあっているという事実。
例えば自分は周りの友達とどこか違うと薄々感じ始めているという事実。

そこからアイデンティティを模索しながら成長していく。

何かを乗り越えていくというか、ひたすら削ぎ落とされてたどり着いた一つの答え。

基本的にシャロンは物静かで多くを語らない人間。
ただそこに映る彼の行動や表情、そして音楽や映像。
それだけで持っていかれる。

物語は3部構成。
幼少期。
少年期。
青年期。

少しづつ確立されていくシャロンという人間。
経験する事や出会う人間はヘビーなんだけど、救われる事もあり、
これまた、良い事と嫌な事が自然に調和がとれているように見えて。
もちろん、彼にとってはめちゃくちゃ嫌なことでヘビーな出来事なんだけど、
それでも生きていくシャロンから生まれる逞しさだったり、
哀しみや喜びが映し出されていました。

幼少期、彼が成長する上で欠かす事の出来ない存在であるフアン。
やっている事はヤクの売人で悪い事なんですが、人間の大事な部分は
しっかりと持ち合わせている芯のぶっとい人間。

彼の存在感も素晴らしかったなぁ。

母親の再生も描いているのも素晴らしかった。
母親は母親で息子に対する想いは持っていて、クライマックスのシャロンに対する
贖罪はグッときました。

音楽もとても良かった。
クラシカルな音楽から、時折、ブラックでいかにもギャングスタ的な音楽も差し込まれる。
これもまた、この映画の世界観にとてもあっていて、矛盾がない感じ。

これまたとても素晴らしかったです。

とにもかくにも。

とても美しくて素晴らしい作品。
一人の青年の人生の中からとても大切な事が映し出される。
ただ、その大事なことの他にも映し出される様々な問題。
そこをさらっと描かれているのは本当に秀逸。

アカデミー作品賞の名に恥じぬ良作でした。

≪点数≫
  9点
                                           (18.07.22鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1502 『パワーレンジャー』
No1502 『パワーレンジャー』

2017年制作 米/カナダ
監督:ディーン・イズラライト

≪キャッチコピー≫
『5人で、超える。』

≪ストーリー≫
紀元前の地球。世界の運命を決める戦いが起こり、地球はある5人の戦士によって危機を脱した。そして現代、小さな町“エンジェル・グローブ”に暮らす5人の平凡な高校生たちは、運命に導かれるように出会い、驚異的な力を身に付ける。やがて彼らは、地球に迫る脅威に立ち向かうことになるのだった。

≪感想≫
アメリカ版スーパー戦隊シリーズ。
日本のスーパー戦隊シリーズはゴレンジャーに始まりその後も
山ほど○○レンジャーとして子供たちを喜ばせていて。
僕も子供のころゴレンジャーを見て心踊らせていた記憶があります。
そんな日本の戦隊シリーズをアメリカに持ち帰り作られたのが、
本タイトルである「パワーレンジャー」。
まずは1990年代にドラマシリーズで作られていたのかな。
その後も日本の色々なレンジャーシリーズを踏襲して、
「パワーレンジャー・○○」として現在も放映。
劇場版も何作か作られているようで本作は3作目とのこと。
まぁ、お話は続いていなかったので、リブート作品という位置付けなのかな。

さてさて。

多種多様な高校生が突然、スーパーパワーを手に入れ友情を育みながら敵と戦うっつー話。
この手の作品で思い出したのが傑作「クロニクル」。
あれもスーパーパワーを手にいれるっつーお話でしたね。

そして、「クロニクル」と同系列の作品で言うと「プロジェクト・アルマナック」と言う作品。
これも様々な高校生がタイムマシンを使って色々とやらかすっつーお話。
後に知ったんですが、本作の監督はこの「プロジェクト・アルマナック」とおんなじなんですって。

へぇー、へぇー、へぇー・・・。

お話については、しっかりと練りこんでいて、次回作、それこそシリーズ物の一作目としては
良かったかと思います。
逆に言うと、一つの作品としては物足りなく感じたのも事実。
まず、アクションが物足りなかった!!
この手の作品は、アクションが売りでしょうに!!
と言うか、観ているこっちは勝手にイカしたアクションを期待していて。
ちょっと画面が暗めだったのもあるのかな。
物足りなさがのこっちゃってね。

本作は色々と悩みを抱えた少年たちがパワーレンジャーになるまでの過程をつらつらと
描いているためアクションがクライマックスぐらいしかなかったんですよね。
そこも結構大づかみなアクションだったので物足りなくって。
例えば、一人一人がそれぞれの特性を活かしたアクションだったり。
例えば、コンビワークのバトルシーンだったり。
例えば、それぞれのメカみたいなものがあったのにそこのアクションもおざなりだったり。
例えば、合体メカの見せ場もそこまでなかったり。
ちょっと、アクションについてはもっとも〜〜〜っと見たかった。
そこは残念だったかな。

先に書いた通り、人間描写の部分は丁寧に描いていたので、そこはまぁ良かったなと。
いじめられっ子や元学校のスーパースター、転校続きの孤独な子、元々
孤独を気取るやつだったりが、少しづつ自分を解放しながら距離を縮めていく過程は
やっぱり見ていてグッときますね。

ただね、実はこの部分も少し物足りなく感じたりも。
今回の敵キャラだったり、旧パワーレンジャーのゾードンのキャラの掘り下げが足りなかったなって。
考えるとお話とアクションのバランスがなんともなぁって。

先に書きましたが、これが、また来週!!的な作りだったら良いんですが、
映画一本としての作りだったら物足りないなって。
やっぱりテレビシリーズを観ている気分になりましたよ。

とにもかくにも。

最後のおまけシーンがあったんですが、次回作への伏線もしっかり張っていたので、
作られるんでしょう。

次回はもっとアクションを増やしてくれい!!

なんだかんだで楽しみにしておりますよ。

≪点数≫
  6点
                                           (18.07.21鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad