FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1479 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
No1479 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

2016年制作 英/米
監督:デヴィッド・イェーツ

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。街中がパニックに陥る中、ニュートはティナ(キャサリン・ウォーターストン)らと共に追跡を開始するが……。

≪感想≫
大人気小説「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ的作品。

僕と「ハリー・ポッター」シリーズ。
巷で大人気の本シリーズ。
僕は本を1冊読んでは映画を鑑賞。
そして次回作を読んでは映画を鑑賞・・・という方式で全巻読破の全作鑑賞。

あらびきストーリーの映画を小説で補填。

文字だけの情報の小説を映画で補填。

どちらも楽しく鑑賞、そして拝読させて頂きました。

コンプリートした時はちょっと感動しましたもん。

そんな人気シリーズのスピンオフ的作品。

本作は原作本はないのかな。
ハリー・ポッター1作目に少し言及されているくらい。
本作の主人公であるニュート・スキャマンダーが書いた「幻の動物とその生息地」という本が
ハリー達が通う学校の教科書として使用されているという設定。
こちらは実際に販売されているみたいですね。

読んでみたいなぁ・・・。

そんなこんなで本作。

うん、やっぱり楽しい「ハリー・ポッター」の世界観。

重くもなく軽くもなくフラットな気分で鑑賞できる。
老若男女全ての人にオススメできる作風。

まず出てくるクリーチャー(幻の動物)達が良い感じ。
いろんな種類のクリーチャー達はブスキャラがいたり可愛らしいキャラがいたり、
カッコイイキャラがいたりと豊富なクリーチャー達は観ていてとっても楽しかったです。

僕的には序盤でニュート達を引っ掻き回すハリネズミみたいなやつが良かったなぁ。

登場人物達も良い感じ。
主人公のニュート・スキャマンダーは最初は頼りなくって何を考えているのか分からなかったので、
少しイラッとしましたが観ていくうちに
「あぁ、こいつはちょっとしたコミュ障なんだな。」
と気づいてからは優しく見守ることができましたよ。
柔らかく暖かいキャラクターでした。

ヒロインのティナ。
彼女も序盤は猪突猛進的なキャラに
「おいおい、もう少し落ち着いて行動してくれよ!!」
なんて思いましたが、観ていくうちに彼女も根っこはとっても良い人なんだなと
気づいてからはやけに魅力的に見えたり。

ティナの妹のクイニーも良い子だったし。

あとは、僕的MVPの人間であるおデブちゃんのジェイコブ!!

彼とクイニーの甘い恋物語も最高にグッと来ました。
見た目は冴えない中年オヤジっぽいんですが心はさいっこうに清いヤツで。
彼は最後はああなっちゃいますが、今後も活躍してほしいなぁ・・・。

敵キャラについては、ちょっと物足りなかったな。
こちらはもう少し派手さがあっても良かったかなって。
特にエズラ・ミラー扮するクリーデンスとコリン・ファレル扮するグリンデルバルドに関しては
関係性やなぜこうなったのか的なことをもう少し描いて欲しかった。
キャラ立ちができていなかったのでもったいないない。

映像については、「ハリー・ポッター」シリーズに比べて見応えがあったような。
本シリーズはなんと5部作の予定らしくって。
この調子でどんどん進化していって欲しいものです。

とにもかくにも。

やっぱり大好き「ハリー・ポッター」の世界観。
存分に堪能させて頂きました!!

次回作は映画館で観てみようかなぁ・・・。

≪点数≫
  7点
                                           (18.05.27鑑賞)


こちら原作本。
面白そう・・・。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1478 『メッセージ』
No1478 『メッセージ』

2016年制作 米
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

≪キャッチコピー≫
『ある日突然、巨大飛行体が地球に。
            その目的は不明――』

≪ストーリー≫
巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼らが使う文字を懸命に読み解いていくと、彼女は時間をさかのぼるような不思議な感覚に陥る。やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。

≪感想≫
ブレードランナー2049」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のSF作品。

突如、地球上に謎の浮遊物体が飛来。
明らかにこの世のものとは思えない物体は異性から来た
いわゆるUFOのようで。
彼ら?は一体何をしに来たのか。
世界中の人たちが混乱に巻き込まれていく。

さてさて。

なるほど少し難解ながらも面白い作品でした。

ストーリー展開や内容がなかなか小難しい感じに仕上がっているんですが、
そこは許容範囲で、
「おぉ、なるほど良くできてるねぇ・・・。」
ってな感じ。

ただ、それこそ本作が伝える「メッセージ」的なものが奥深くって、
色々と考えさせられる作りに。

面白かったんですがしばらく物思いにふける様な作品でした。

地球外生命体である彼らとどう対話をしていくのか・・・。
これは、別に自分の世界でもあり得ることで。
言葉の通じない人たちとどう関わっていくかみたいな。
それのもっと広いバージョンというか。
言葉、文化、全てが違う、それこそ未知の存在とのコンタクト。

本作の主人公である言語学者のルイーズは平和的に少しずつ少しずつ歩み寄りながら、
コミュニケーションをとっていきます。

よくよく考えるとこれってめちゃくちゃ精神的に疲弊するんだろうなぁって。
だって、急に何をされるかもわかんないし、自分が思っている常識が相手にとっては
どう捉えられているかこれっぽっちも分かんないんですもんね。

それを思いながら途轍もない緊張感を持ちながら鑑賞。

本作で異星人(イカゲルゲみたいなやつ)が使う言語は謎の文字(表意文字)。
鑑賞後、色んな記事でお勉強。
本作は中国や日本、韓国の言語に影響されているんですって。
表意文字というのは、英語等のアルファベットの並びで意思を伝えるのではなく、
形(例えば漢字)で意思を伝える事のできる文字の使い方。
中国の漢字でも日本人が一目で何となく伝えたいことが分かるのが、
結構特殊らしく。
あと、この異星人が使う言語は全て一文字で表されているのも、漢字の概念に
通ずるものがあるのかな。
「なるほどねぇ・・・。」
と。

大オチを話すと、異星人が使う言語を習得したルイーズはそのおかげで、
特殊能力をゲット。

未来を見渡せる能力が身についているのだが、これまで彼女がフラッシュバックしていた
過去のお話らしきものは実は未来のお話だったという訳で。

娘を病気で亡くしていたルイーズ。
それも実は、未来のお話だったんですね。

ここら辺の時系列バラバラな演出が実はこういうオチに繋がっていたのは、
正直、驚きました。

それと同時に、これまた
「ふむふむ、なるほどねぇ・・・」
と。

大オチを知って色々考える。

例えば、自分が未来を知っていてルイーズと同じ様な状況に置かれたら。
子供が生まれるんだけど、その命が失われると知っていたらどうするか。

ルイーズは、それでもその未来に抗わず歩んでいきます。
その選択に疑う事もなく受け入れたルイーズ。

おそらくルイーズは過去や未来という時間の概念がとてもフラットになったから
思考も変わってしまったのかな。

例えば、その未来を変えてしまえばいいという強い意志を感じる事もなかったし。
どこか達観した面持ちで受け入れた様に感じました。
それでも、生まれ来る娘との時間を大切にしたいという想いからなのかな。
ちょっと僕的にはその行動にはピンとこなかったかな。

このレビューを書きながらも、もやもやっとしています。

ただそれはとてもネガティブな印象ではなくって。

むむむ・・・。

とにもかくにも。

通常の異星人侵略物の様にド派手にドッカンバッカンやる作品ではなくって、
落ち着いた静寂の中進んでいくお話。
ひと昔前に観た「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」を思い出しました。
あれも、似た様な内容ですが、全く違った結末。
ちょっと見比べても良いかも。

他人との対話、コミュニケーションについて色々と考えさせられる
良作でした。

≪点数≫
  7点
                                           (18.05.27鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1477 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』
No1477 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』

2011年制作 米
監督:ロブ・マーシャル

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
美しい女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)と再会したジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)。しかしジャックは、アンジェリカが不死の泉を見つけ出すために自分に近づいたのではないかと疑いを抱く。アンジェリカと史上最強の敵である黒ひげ(イアン・マクシェーン)と共にリベンジ号で船出したジャックだったが、そこには予想だにしない冒険が待っていた。

≪感想≫
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第四弾。

巷で大人気の本シリーズ。
今更ながら1作目から鑑賞中。

1作目は普通。
2作目も普通。
3作目もまぁ普通。

本シリーズは元々3部作の予定だったので、前作で一応終了とのこと。
ただ、人気があったのか続編となる本作が制作される事に。
主要キャストも何名かは一新されて再スタート。

そんなこんなで本作。
う〜〜〜〜〜〜ん・・・相変わらずのまぁまぁまぁ。

いっつも思うんですが、本シリーズって長く感じるんですよねぇ。
長い割にはパッとしない作品って感じ。

前作までで確立されたキャラクターたち。
その中からジャック・スパロウ、バルボッサ、ギブスは続投。
主要キャラだったウィル・ターナーとエリザベスは降板となっていました。
むむむ・・・この二人は結構好きだったのになぁ。
残念。

代わりの新キャラが数名。
ペネロペ・クルス演じるアンジェリカ。
あと、敵の黒ひげと人魚と宣教師的なあいつ。
全てのキャラがまぁまぁまぁ。

本シリーズを観ていていつも思うのが、キャラもどっちつかずな感じで
中途半端。
裏切ってはくっついて、また裏切ってはくっついて。
しかもそれがイマイチ流れに乗っているようで乗っていない。
だから、ピンとこないまんまストーリーが流れているような気がして。
キャラの感情と言うかなんでこの行為に走るのかさっぱり分かんなくってね。
それが最後の最後まで続くからいっつも不完全燃焼で終わっちゃうんですよね。
これまた残念無念。

どうしても感想が少なめになっちゃう本シリーズ。
今回も中途半端という印象は否めませんでした。

残りはあと1作。

少し間を空けようかなぁ・・・。

≪点数≫
  4点
                                           (18.05.20鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1476 『ライフ』
No1476 『ライフ』

2017年制作 米
監督:ダニエル・エスピノーサ

≪キャッチコピー≫
『人類の
   夢も未来も
      砕かれる』

≪ストーリー≫
世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。

≪感想≫
宇宙を舞台としたSFホラー作品。
宇宙船で地球外生命体と出会ってバッタバタっつーお話。
この手のお話でいうと「エイリアン」シリーズが有名ですが、
実は私、しっかりとこのシリーズを観たことがなくって・・・。
イメージでは土曜ロードショーで度々放送されていたイメージが。
ただ、その頃僕的にこの手のホラーが苦手で。
ちょっと観てはチャンネルを変えていた記憶があります(苦笑)

さてさて、そんなSFホラー弱者の感想を・・・。

想定内の面白さ。

だが、しかし!!

序盤中盤は安定の面白さ。
これは僕の落ち度なんですが、やっぱりこの手(宇宙を舞台とした)の作品を
観るときは映画館の大画面で観た方が良いに決まっていて。
僕はDVDで観ているので、映像の迫力等は半減。
ゼロ・グラビティ」や「インターステラー」等々、圧倒的宇宙空間映像を
体験できなかったのがちょっと勿体無かったかなって。

映像的な楽しみは少し落ちちゃいましたが、その他の部分は楽しめて。
まず、あのエイリアン的なやつ(カルビン)が意外に怖くって。
見た目的にはクラゲみたいなタコみたいなイカみたいな奴で、怖いというかは
幻想的なやつだったんです。
ただこいつの性能とか生態が怖くって。

最初はちょっと可愛らしい感じだったんですが、どんどん成長していってめちゃくちゃ
暴力的になって人間たちを襲って回る感じが怖くってね。
本作はバイオレンス描写もしっかりと描かれていて。

序盤にカルビンが手に巻きついてメキメキと締め付けるシーン。

他にもカルビンが体内に入り込んで内臓破壊し吐血させるシーン。

すっごい痛々しくて目を背けたくなったり。

結構、見応えバッチリで良かったです。

カルビンも最後の方はドンドン巨大化していくし見た目もドンドン化物化してくし
最後の最後まで目が離せない的な。

あとねぇ。
本作の何が一番良かったかって最後の終わり方がめちゃくちゃ良かったんです。
全く想像しなかった結末で僕的にとっても虚をつかれて、しばらく呆気に取られちゃって。
思い返すと、まぁこういう終わり方は今までもあったりしたんですが、本作の場合
僕的に全く想像していなかったんですよねぇ・・・。

そこが僕的にめちゃくちゃ好感持てて。

ちょっとこうB級感が漂う感じで素敵な終わり方でしたよ。

宇宙船ものはそもそもクルーの数が少ないので、結構各キャラの色分けも
しっかりされていたのも良かったな。
日本人キャストの真田広之さんも3番手くらいの立ち位置でしっかり活躍してくれていたのも◎。

兎にも角にも。

全体的に上手くまとまっていてSFとしてもホラーとしても楽しめた本作。

何より終わり方が良かったです!!

この調子で「エイリアン」シリーズでも観てみようかしら。

≪点数≫
  7点
                                           (18.05.19鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1475 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
No1475 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

2007年制作 米
監督:ゴア・ヴァービンスキー

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
“深海の悪霊”、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)と東インド会社のベケット卿(トム・ホランダー)が手を結び、海賊たちは滅亡の危機に瀕していた。生き残る手段は“9人の海賊たち”を招集することだったが、9人のうちのひとりはあのジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)だった。しかし、彼は現在“世界の果て”に囚われていて……。

≪感想≫
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第三弾。

巷で大人気の本シリーズ。

今更ながら1作目から鑑賞中。

1作目は普通。
2作目も普通だったんですが本作に繋がる終わり方だったので、
一応楽しみに本作を鑑賞。

さて。

だんだんシリーズ物としての楽しさが出てきたかなぁ。

まずは良かったところ。
映像はド派手で良かったです。
お金がめちゃくちゃかかっているんでしょう。
クライマックスの船上でのバトルシーンは見応えがあって楽しく観ることができました。

あとは、3作目ともあってキャラに少しずつ彩が付いてきたかな。
もちろん、まだまだ足りない部分もありますが、味方のクルー達がどういう立ち位置か
分かるようになりました。

ここからは悪かったところ。
本シリーズ全体的に言えることなんですが、一つ一つの作品が長い!!!!!
本作も2時間越え!!
めちゃくちゃ長く感じましたよ。

これは、お話自体がイマイチ面白くないというのもあるんです。
う〜〜〜ん、前作でも書いたかもしれませんが、やることなすこと全て中途半端なんですよね。
シリアスよりに行きたいのか。
コメディよりに行きたいのか。

キャラについてもそう。
先ほどキャラについては彩がつき始めたなんて書きましたが、
新キャラについてはイマイチピンとこないんだよなぁ。
例えば、本作では海賊評議員なる組織が出てきて、9名の海賊船の船長が出てくるんです。
めちゃくちゃワクワクしてその登場を待っていたんですが、いざ出てくると
そのキャラの薄さにがっかり・・・。
もっとキャラ立ちさせてくれよぉ(号泣)
一応、ジャックのお父さんというキャラが出てくるんですがそれももう一つ盛り上がりに
欠けたような。

お話についても、ちょっとなぁ。
これは僕の理解力のなさもあるんですが、話の展開についていけなかった部分もあって。
色んな奴らの裏切りあいで、今、彼ら彼女らがどの立ち位置で喋っているのかがわかんなくって。
なんとなく、最後の最後でぼんやり着地しましたよみたいな・・・。
むむむ・・・。
残念無念。

総括。
やっぱり全体的に「普通」といった印象。
映像は派手になっているんですが、むむむといった感じ。

う〜〜〜〜ん・・・不完全燃焼!!

さてさて。
調べてみると本シリーズは元々、3部作を予定していて本作が最後だったんですって。
・・・ん??
なんとなく次回作へと続きそうな終わり方だったぞ??
実際に現在5作目まで発表されてますもんね。

今後、どうなっていくのでしょうか。

この際だから、最後まで追ってみようとは思いますが、次回作は少し間をおこうかな・・・。

≪点数≫
  6点
                                           (18.05.13鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad