FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1600 『アクアマン』
No1600 『アクアマン』

2018年制作 米
監督:ジェームズ・ワン

≪キャッチコピー≫
『海中で、暴れろ。』

≪ストーリー≫
海底王国アトランティスの末裔であるアクアマン(ジェイソン・モモア)は、人間として育てられた。ある日、彼はアトランティスが人類の支配を目的とした侵略を始めたことを知る。人類の想像をはるかに超える文明を持つアトランティスの強大さを知る彼は、海を守るべきか地上を守るべきかの選択を迫られる。

≪感想≫
本作はアメコミ原作映画。
アメコミ映画の2大巨頭である「アベンジャーズ」シリーズのあるマーベルコミックス。
そして「バットマン」シリーズのあるDCコミックス。
僕的にはこのアメコミ映画に入ったきっかけがやっぱりマーベルだったので、
ひたすらマーベル推し。
ただ、DCも近年力を入れていて、本作の主役であるアクアマンやスーパーマン、バットマンが
一堂に会した「ジャスティス・リーグ」とか、それぞれがメインを張っている作品が
どんどん排出されてきてそれはそれで、メチャクチャ楽しみだったり。
今は、どっちも頑張れ!!って感じで、いつかはDCとマーベルが夢の競演をしてくれないかと
思い馳せている今日です。

そんなこんなで、本作について。
本作は先に書いたDCシリーズの最新作。
海の王様であるアクアマンを描いたシリーズ1作目。
前評判も良かったので早めに劇場鑑賞してまいりました!!

さてさて。

・・・うん!!
超絶ド級の単純明快エンターテイメント!!
大大大満足の傑作でした!!

もうねぇ、サービス全開のおもてなし。
監督は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワン監督。
あの作品も最高だったなぁ・・・。

アクションについて。
先に書いたサービス全開のアクションシーン。
まずは潜水艦内でのアクアマンが登場してのアクションシーン。
ここら辺は肉体を駆使したプロレス的なアクションの数々。
アクアマンがどれだけ人間と違ってタフな戦闘能力があるかを
ありありとカッコ良く見せつける。
アクアマンの見た目もいかにも無頼漢っぽくてカッコ良いんだよなぁ。
そこから、中盤、終盤にかけては海中バトルやサハラ砂漠バトルや、イタリアシチリア島バトル。
イタリアシチリア島のメラの追いかけっことかちょっと、「ワイルド・スピード」的展開で
面白かったりね。
クライマックスの海中バトル祭りは、デカい映像で観たら、それはもう圧巻の一言。
アクアマンがデカい甲殻生物に乗って登場した瞬間、
「イヤァオ!フォーーー!!たのしーーーー!!!」
もうねぇ。
ステージもどんどん変わっていくし、アクションも満載だし、どんだけ
観客を楽しませてくれるんだよ!!ってな感じ。
本当に素晴らしかったです。

キャラも良かったっす。
主人公のアクアマンはルックに関しても最高にカッコ良かったし、
粗暴な感じなんだけど臆病者な一面もあったり、それでいて心根は熱いという
ある意味、既視感バリバリのヒーロー像で。
愛すべきキャラクターっぷりをしっかりと描いていました。

ヒロインのメラ。
彼女は「ジャスティス・リーグ」にも出ていましたね。
演じたのはアンバー・ハード。
メラに関してはアクションもカッコ良くって、ちょっとアベンジャーズで
いうところのブラック・ウィドウ的格闘術も披露していました。
あと、水を操る能力の動きとかは、これまたアベンジャーズのワンダを思い出したり。
ルックも美人さんだし、素敵でしたよ。

あとねぇ、僕的メガヒットだったのは、アクアマンの母親であるアトナンナ女王。
演じたニコール・キッドマンのカッコ良さ&美しさったらもう!!
めちゃくちゃ綺麗だったなぁ。
惚れ惚れしちゃいましたよ。

他にも、アクアマンの義理の弟であるオームがマーベルのロキっぽいなぁとか、
ヴィランであるブラックマンタがマーベルの「ブラック・パンサー」のヴィランである
キルモンガーっぽいなぁとか、メカを纏ったら土偶っぽくて◎とか、
メラの父親を演じたのがドルフ・ラングランだったから素敵だったなどなど。

キャラ的にもとても楽しめました。

世界観について。
本作は神話のお話なので、アベンジャーズで言う「マイティー・ソー」的な
立ち位置なのかな。
そこまで人間が出なくってね。
だからか、ちょっと、これまでのDCアメコミ、それこそ「バットマン」や
「スーパーマン」とは少し経路が違ったかな。
どちらかと言うと「ロード・オブ・ザ・リング」的な壮大なファンタジー映画を
観ている感覚になりました。
今後、これまたどうDCシリーズにマッチしていくのか楽しみです。

演出や空気感について。
僕的にこれまでのDC映画ってちょっと暗めの印象があったのですが、
本作は完全にカラリとした万人受けするエンタメ超大作に仕上がっていて。
ポップな笑いや派手なアクション。
それこそ、初期のマーベルっぽいなぁなんて。
今のマーベルはそこに厚みを加えているので、さらに作品としての質は
また違うのですが・・・。
本作のように誰が観ても楽しめるように作られているのも最高に
楽しくていいじゃんってね。

あとねぇ、僕的に最後の最後のラストカットがカッコ良かったな。
これぞ王道ヒーロー映画っぽくて最高でしたよ。

音楽も良かったなぁ・・・。
「ワンダーウーマン」のアガるテーマソングに通ずるアガリミュージックでしたよ。
サントラ欲し〜〜〜!!!!

おっと、色々と書きすぎちゃったかな。
とにもかくにも。

本作って、色んな作品の良いところをミックスさせて、
もりもりてんこ盛りのエンタメ作品に仕上げて来たなって印象。
ちょっと挙げると、それこそマーベル作品の「マイティ・ソー」や
「アベンジャーズ」「ブラック・パンサー」等々。
他にも「ロード・オブ・ザ・リング」や「ワイルド・スピード」。
それらの良いエッセンスを集めて作られた超絶楽しめたエンタメ作品。
十二分に堪能させていただきました。
お腹一杯っす!!

さてさて。
「ワンダー・ウーマン」辺りからメチャクチャ楽しくなっているDCシリーズ。
さて、今後のDCシリーズが俄然楽しみになってきたぞ。

楽しみーーー!!!!!

≪点数≫
  9点
                                           (19.02.09鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1599 『パディントン2』
No1599 『パディントン2』

2017年制作 英
監督:ポール・キング

≪キャッチコピー≫
『その約束が
  世界で一番の
      たからもの』

≪ストーリー≫
ブラウン家の一員として、幸せに生活しているクマのパディントン。もうすぐ100歳になるルーシーおばさんへの誕生日プレゼントを探していた彼は、骨董品屋ですてきな絵本を見つける。絵本代を稼ごうと窓ふきのアルバイトを始めるが、洗剤を頭からかぶるなど失敗しては騒動を起こす。そんな中、絵本が盗まれ、一家と共に絵本の行方を追うパディントンだが……。

≪感想≫
以前観たほっこりほくほく家族向け作品「パディントン」第二弾。

スラップスティック調のドタバタ喜劇。

キャラも画も絵本チックでとっても楽しめました。
主人公であるバティントンのクマクマもふもふ感はめちゃくちゃ可愛らしい
ルックだし、イギリスの町並みや町の人たちもちょっとメルヘンチックと
言いますか。

とても素敵な作品でした。

そんなこんなでシリーズ2作目となった本作。

うん!!
前作よりさらに楽しめましたよ!!

前作のレビューでも書いていましたが、本シリーズって、
みんな大好きウェス・アンダーソン監督の作風に似ているような。
例えば中盤のパティントンが監獄に入って囚人生活を送るんですが、
そこの画とか色味とか。
脱走を試みる画角とか。
ファンタスティック Mr.FOX」とか「グランド・ブダペスト・ホテル」あたりを
思い出しました。

キャラについて。
主役のパディントンくん。
前作では、結構いききったドタバタっぷりに少しだけイラっとしたりもしたんですが、
本作での彼は人間社会に慣れてきたせいもあって、そこまでドタバタとは
やらなかったですね。
人に迷惑をかけたのは床屋のシーンぐらいかな。
あとは、ドタバタしつつも楽しく観れるシーンに仕上がっていました。
純なる心で周りの人間の心を和らげるパディントンくん。
良いですねぇ・・・。

ストーリーや演出について。
前作にも増してほっこりほくほく。
色々と伏線があってしっかりと回収。
例えば、パディントンの家族であるブラウン一家。
お母さんの水泳のくだりとか。
お父さんのボール投げのくだりとかヨガのくだりとか(クライマックスの股割りシーンは思わず笑っちゃった)。
息子(ジョナサン)のSLオタクのくだりとか。
娘(ジョディ)の新聞作りのくだりとか。
それぞれの特技だったりが、しっかりと後の展開に活きてくる。
巧みというか丁寧に作ってんなぁって感じ。

冒頭の街の人たちとのやりとりとかもすごく活きていましたし。
思い返すと良くできてんなぁって。

もちろん、ちょっとノリきれない所もあったんです。
中盤のブラウン夫婦がフェニックス(ヒュー・グラント)の家に
侵入するシーンとか。
フェニックスが安易にブラウン夫婦を許しちゃうくだりとか、
ちょっと「ん??そりゃないぜ。」って思ったし。
まぁ、それが本シリーズなんですよねぇ。
まぁまぁまぁ。

囚人仲間のあいつらとの話も良かったな。
いくらなんでも、あんなに暖かな監獄ってないでしょ(笑)
なんて思いつつも、これこれ、これがパディントンっぽいんですよね!!
ベタだけど、わっるいルックのやつがマーマレード作ったりケーキ作ったりと
いわゆるギャップ萌えってやつ。
ここでもほっこりほくほく・・・。
最後の彼らの活躍もわかっちゃいる展開なんだけど
「よっ!!待ってました!!!!」
って感じ。

最後のシーンも素敵だったなぁ。
それまでのバタバタから一気に解放するシーン。
余韻を一切取り除き、パディントンが一番望んだエンディング。
思わず涙がポロリとこぼれちゃいました。

そしてそして。
エンドロール。
気になるあいつやあいつらのその後が描かれていて。
これまたほっこりするんですよねぇ・・・。
フェニックスもなんだかんだで素敵じゃんって。

なぁんか、全体的に悪いやつや悪い思いがそこにはなくって。
とってもあったかぁい気持ちになったんですよね。

とにもかくにも。
前作よりも格段に楽しめた本作。
前作で少し引っかかった部分をなくして、もっと観やすく仕上げてくれました。
これってまだまだシリーズ化されるのかな。
良いんじゃないでしょうか。
楽しみにしております!!

≪点数≫
  9点
                                           (19.02.03鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1598 『リング0 バースデイ』
No1598 『リング0 バースデイ』

2000年制作 邦
監督:鶴田 法男


≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
前作から30年前。劇団・飛翔に、妖艶な美しさを持つ山村貞子が入団してくる。看板女優の葉月愛子は、貞子のただならぬ気配を察知し、彼女を敵対視するが、その日から何故か毎晩悪夢にうなされていた。そんな中、劇団内にも次々と恐ろしい出来事が起こりはじめる・・・。

≪感想≫
先日より鑑賞中の「リング」シリーズ。
本作は3作目。
これで最後っぽい。
1作目でJホラー的演出を十分に堪能したせいか、
2作目となる前作でそこまで楽しめなくなった印象。
特に前作はホラー演出もそこまで怖くなくって、お話に重きを置いている感があって。
ただ、そのお話もめちゃくちゃつまんなかったかなと。

そんなこんなでラストとなる本作。

・・・う〜〜〜ん。
これまた、微妙になんだかなぁという作品。

本作は1・2で主となった呪いのビデオの元凶となった貞子のお話。
どうやって、貞子が殺されていったのかが主となっていて。

演劇中に貞子が激情して会場がパニックになるシーン。
キャリー」を思い出したり。
ふと考える。
これって貞子はキャリーなんじゃね?
生まれ持った能力が人に受け入れられなくって、
しまいには迫害されていく。
そして最期は・・・。
なるほどねぇ・・・。

他にもツッコミどころが満載。
だってさぁ。
クライマックスの劇団員たちが貞子を殺しにかかるシーン。
いやいやいや・・・。
そりゃないぜと・・・。
人間の狂気を描きたいのはわかるんですが、そこに陥るまでの
描きこみが足りないせいか、単なる単細胞たちが暴動を起こして
人殺しをしようとしている図にしか見えなくってね。
なんでしょう・・・救おうとしている人間がいないんですよね。
希望が全く見えなくって。
もちろん、それはホラーだからしょうがないなんて言われてしまえば
しょうがないのですが、なんだかねぇ・・・。
一応、貞子を助けようとする人も2・3人ぐらいはいるんですが、
あんまり機能しているようには見えなかったんですよね。

とにかく、よく分からないまま話が進んでいった印象。
やっぱり乗り切れないんだよなぁ・・・。

上手く言えないんですが、思っていたのとちょっと違くってね。
1作目が僕の思っていた「リング」で本作は少し毛色が違っていたように感じました。

もちろん良かった部分もあったんです。
それは、貞子を演じた仲間由紀恵さんがとっても素晴らしかった!!
初々しくって瑞々しい。
声にも透明感があって、謎めいた少女と女性の間の貞子を見事に演じられていました。
前作までは、貞子に恐怖を覚えていたんですが、本作では、少し同情して応援すらしてしまう。
仲間さんの好演があってこそでしょう。

とにもかくにも。
これにて「リング」シリーズはひとまずお終い。
1作目がとっても怖くって素晴らしかったです。
あとは、まぁ観なくても良かったかなと。
ただ、貞子の本質を知るためには良かったのかも。

さてさて。
シリーズについては、他にも「らせん」なんて作品があるらしいのですが、
それは「リング2」のパラレルワールド的作品とのことなのでスルーさせていただきます。
あと、ハリウッドでもリメイクされていて3作品ぐらい作られているみたい。
それはちょっと興味があるので観てみようかな・・・。

たまには余談。
鑑賞後に知ったんですが、本シリーズって原作は小説なんですね!!
考えてみると、ホラー小説って読んだ事ないかも。
少し興味あります。

≪点数≫
  5点
                                           (19.01.28鑑賞)



こちら原作小説シリーズ。
読んでみようかしら。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1597 『リング2』
No1597 『リング2』

1999年制作 邦
監督:中田 秀夫

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
恋人・高山竜司の不可解な死に納得できない高野舞(中谷)。テレビ局AD岡崎(柳)や川尻医師(小日向)と共に謎に深入りしていった舞は、非業の死を遂げた山村貞子の恐るべき邪悪な怨念と、ついに対決する事に。一方、“呪いのビデオ”の噂話をする普通の女子高生だった沢口香苗(深田)も、テレビ取材を受けたことをきっかけにリングビデオを実際に見てしまい…。

≪感想≫
先日より鑑賞中の「リング」シリーズ。
ハリウッド的ビックリドン演出ではなくJホラー的不気味でモヤっとした演出
に堪能した前作に引き続き今回は2作目。

さてさて。

あれ・・・??
なんだか全然面白くないんですけどぉ〜。

なんでしょう、前作も確かにお話自体は全然面白くなかったりもしたんです。
そもそもが霊とか超常現象とか理屈で説明できない事なので、
そこはまぁ気にせず、怖さの演出で楽しんだ部分が大いにあって。
それが本作については。
怖さがあんまりなくって、ストーリーの歪さ、というか引っ掛かりが
あまりにも強くって、全然楽しめなかったんですよね。
むむむ・・・。

言い出したらきりがないんですが、つまるところ、この事件の
全貌はどうなっているのか。
その後はどうなるのか。
なんで、ビデオの件があんまり関係なくなって、念的な
部分に重きを置いているのか。
そもそも、貞子の呪いが生まれた経緯は??
なんとなくはわかるんですが、腑に落ちたかと言えばそうでもなくって。

むむむ・・・。
先にも書いた通り、前作も突っ込みだしたらキリがないんです。
本作はそれ以上にピンとこない部分がたっくさん。
警察の対応とか、お医者さんの対応とか。
とにかく周りの人たちの行動がイマイチピンとこなかったり。

全体的にいくらなんでもと思っちゃって。

それは、前作のような「怖さ」がなかったからかも。

前作では、あの呪いのビデオがめっちゃくちゃ不気味で怖かったんですが、
本作ではあんまり驚く場面がなかったんですよね。
一ヶ所、怖かった部分があったんですが、それは急にドンッ的な、
驚かせ演出だったので、それはまぁねぇ・・・。
おっと、あと一ヶ所不気味感があって良かったのが、クライマックスの
井戸からロープを伝って逃げるシーンの貞子らしき人物の能面フェイス。
あれは怖かったっす。
それ以外はあまり怖くなくって、それだけにその他の引っ掛かりに気付いちゃったというか。

むむむ・・・。
全体的にそんなに楽しめなかった本作。
前作がとても素晴らしかっただけに、もったいないない。
Jホラー的演出に慣れてしまったから、今後はもう少しお話にも重きを置いて欲しいなぁ。

そうそう。
余談ですが本作では若き日の深田恭子さんが出演されていましたね。
前作では竹内結子さんが。
若手の登竜門なのかな!?

≪点数≫
  4点
                                           (19.01.27鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1596 『リング』
No1596 『リング』

1998年制作 邦
監督:中田 秀夫

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
テレビレポーターの浅川玲子は、見たら一週間後に死ぬというビデオテープの噂を耳にする。にわかには信じられない玲子だったが、姪の死をきっかけにビデオについて調べ始める。やがて、偶然手に入れた問題のビデオを確認のため見た玲子は、その内容に、噂が本当であることを確信する。が、それは7日後の自分の死を意味した……。

≪感想≫
ちょいと前に何やら面白そうなタイトルの映画を発見。
それは
「貞子 VS 伽椰子」

!!!!

あのJホラーの金字塔的作品「リング」シリーズと「呪怨」シリーズの
核となるキャラクターのバトル的な!?
なんて心が躍ったんです。

ただ、恥ずかしながら僕はこの「リング」シリーズ、「呪怨」シリーズを
観たことがなくって。
テレビでやっているのを少し観た事あるくらい・・・。
もっと言うと、ホラー作品自体あまり観たことが無かったり。
へへ。

そんなこんなで夢の「貞子 VS 伽椰子」を鑑賞するため、
まずは「リング」シリーズを鑑賞!!

さてさて。

まずは、シリーズ1作目の本作。

内容やキャラクターはバラエティ番組等々で飽きるほどパロディ化されているので
しっかりと把握済み。

ただ、これだけ笑いに変えられているのにも関わらず、やっぱり観て怖かったのは素晴らしい。
演出が巧みなのかなぁ・・・。

僕的に、呪いのビデオはめちゃくちゃ不気味で怖かったっす。
あの、何かあるんじゃないか、何か出てくるんじゃないかという緊張感が
たまらなく、握り拳ギュッとなりながら見入ってしまいました。

間の取り方とか、画の作り方とか、「怖さ」「不気味さ」に
重きを置いていて。
いきなりドン!!
とか
いきなりギャー!!
とかビックリドッキリ的な驚かせ方ではなく、あくまでもぼんやり不気味な
怖さを提供してきて。
夜中に一人では観たくない感じ。
ここら辺がジャパニーズホラーの特徴なのかな。
本当に怖かったっす。

お話に関しては、ホラーという非科学的なお話なので、
多少引っかかることがあっても、そこは問題ないない。

最後まで、ググっと前のめりで鑑賞することができました。

おっとそうそう。
本作は1998年に制作。
冒頭に出てきた女子高生、どこかで見たことあるなぁなんて思ったら
竹内 結子さんでした。
お若い。

さぁ、物語はどう繋がっていくのでしょうか。
楽しみですな。

≪点数≫
  7点
                                           (19.01.26鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad