FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

その18 『2014年 読書録-④』
つづき
映画と並行して読書も少々。
忘れないための忘備録。

16冊目
敬語で旅する四人の男/麻宮 ゆり子

何気に手に取った小説。
ほのぼのとしたお話の中に、時折重い空気が流れる。
意外にアクの強い作品でした。
本作の登場人物、異色のキャラクター斎木さん。
大好き伊坂幸太郎の「砂漠」に出てくる西嶋を思い出した。
ほんと僕らって色んな人と共存しているんだなぁ・・・。

17冊目
マスカレード・イブ/東野 圭吾

以前読んだ「マスカレード・ホテル」の前日譚。
前作はきれいさっぱり忘れていました(苦笑)
ただ読んでいく内に、
「あぁ、こんなキャラクターだったなぁ。」
と思いだし。
とても楽しく読了することができました。
このままシリーズ化していずれ映画化か!?

18冊目
悟浄出立/万城目 学

中国の古典に現れる脇役たちに焦点を当てた連作集。
やっぱり知っている人物のお話は面白かった。
西遊記の沙悟浄。
三国志の趙雲。
項羽と劉邦の寵姫。
沙悟浄のお話でのほほんとしてしまったら、趙雲の話で少しグッとくる。
そこからは一直線にジンとさせられた。
とても良い作品でした。

19冊目
流星ワゴン/重松 清

来年にドラマ化されるという事で手に取りました。
いやぁ、良いお話でした。
ちょっと邦画「歩いても歩いても」を思い出したかな。
もし過去に戻れるなら。
過去に戻ってやり直せるなら。
そんな事を考えつつも今できる事をしっかりと。
なんて思いましたよ。

-これにて2014年読書録はおしまい!!-


雑記 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
その17 『2014年 読書録-③』
つづき
映画と並行して読書も少々。
忘れないための忘備録。

11冊目
舟を編む/三浦 しをん

とても良い作品。
本を読んで涙したのは久しぶり。
辞書作りと言う地味なテーマを丁寧に。
穏やかに。
映画化もされましたね。
映画も良かったですが、小説はなお良かったです。

12冊目
首折り男のための協奏曲/伊坂 幸太郎

大好き伊坂幸太郎作品。
伊坂作品はここ数作、初期の作風に戻ってきたような気がします。
本作ももれなく楽しくって。
新作が待ち遠しい作家さんの一人です。

13冊目
カレイドスコープの箱庭/海堂 尊

バチスタシリーズ最新作。
本作は、前作「ケルベロスの肖像」の補足的な作品。
これにてバチスタシリーズは完結か。
最後の方はごちゃごちゃっとしてしまいましたが、とても見応えのあるシリーズでした。
キャラクター達がみんな立っていて、魅力的。
また続編も考えてほしいなぁ・・・。

14冊目
オール・ユー・ニード・イズ・ラブ/小路 幸也

大好き「東京バンドワゴン」シリーズ最新作。
1年に1度のお楽しみ。
ドラマ化されましたね。
観ていませんが・・・。
だってイメージが壊れそうなんですもん・・・。
恐らく作者さんの中でモデル的な方がいるんじゃないかな。
そのキャストで映画化してくれないかなぁ。

15冊目
すべての神様の十月/小路 幸也

大好き「東京バンドワゴン」シリーズの小路さんの作品。
色んな神様の短編集。
貧乏神や死神等、負のイメージのつきまとう存在。
そんな神様をテーマにほっこりあたたかい小路節で綴られる。
良いですねぇ・・・。

-つづく-


雑記 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
その16 『2014年 読書録-②』
つづき
映画と並行して読書も少々。
忘れないための忘備録。

6冊目
娘の結婚/小路 幸也

大好き「東京バンドワゴン」シリーズの小路さんの作品。
いやぁーーー、暖かい。
結婚もしていなけりゃ子供もいない僕ですがグッときました。
いつか僕にもこういう時代が訪れるのでしょうか。
親と子供の普遍の絆。
とても良作でした。

7冊目
天使のナイフ/薬丸 岳

読みごたえのある作品でした。
本作、2度のクライマックスがあって。
最初のオチには、まぁこんなものかななんて思っていたがラストの大オチには驚かされた。
色々、伏線が散りばめられていて、それをうまく回収。
この作家さんは以前読んだ「刑事のまなざし」もそうでしたが重苦しく考えさせられるお話しだが、
読むのを止めさせない上手な描き方をしているなぁ。
他の作品も追ってみようかな。

8冊目
政と源/三浦 しをん

三浦 しをん節炸裂ですね。
以前読んだ「まほろ駅~」シリーズを思い出しました。
まほろ駅~」は映画化されました。
本作も映画化されても面白いかも。
キャストは誰になるかなぁ・・・。

9冊目
その鏡は嘘をつく /薬丸 岳

以前読んだ「刑事のまなざし」の続編。
本作の主人公、夏目信人は東野圭吾作品の加賀恭一郎を彷彿とさせますね。
物憂げでクールで誠実。
「刑事のまなざし」は少し重たくって後味悪く感じましたが、
本作は少し読みやすく仕上がっていました。
きっとシリーズ化されそうな雰囲気。
次回作が楽しみです。

10冊目
検察側の罪人 /雫井 脩介

正義とはなんぞや。
法とはなんぞや。
二人の検事がそれぞれの想いの基に対立する。
どちらが正しく、どちらが間違っているのか。
心折られそうになりながらも読了。
濃厚な良作でした。

つづく


雑記 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
その15 『2014年 読書録-①』
映画と並行して読書も少々。
忘れないための忘備録。

1冊目
影法師/百田 尚樹

人気作家百田尚樹作品。
光と影。
勘一と彦四郎。
この二人の関係に痺れました!!
映画化しても良いかもね。
追記・・・けど最近のこの人の発言や行動は何だか好感が持てないんだよなぁ・・・。

2冊目
春を嫌いになった理由(わけ)/誉田 哲也

なかなか面白かったです。
3つのシチュエーションが、ラストに絡まり合って・・・。
ワッと驚くことはありませんでしたが、なかなか読みごたえのある作品でした。

3冊目
猫を拾いに/川上 弘美

以前読んだ「センセイの鞄」の作家さん。
やっぱり好きです。
短編集なので読みやすくって良い感じ。
何だか心が温かくなる。
素敵な作家さんです。

4冊目
天地明察/冲方 丁

映画化されたので映画鑑賞の前にまず原作をと手に取りました。
むむむ・・・なかなか小難しい。
途中で断念してまず映画から観賞。
なるほど小難しい言葉ややり取りも映像を見ながらだとスッと入ってくる。
観賞後、改めて読了。
原作は映画とは多々違いましたがこれはこれで熱い物語でした。

5冊目
旅猫リポート/有川 浩

とても良い作品。
以前読んだ傑作『横道世之介』を思い出しました。
主人公のサトルの純粋な人格に憧れや痛みを感じつつグッとね。
サトルと旅をする猫のナナ。
これがまた粋な性格しているんですよねー。
お勧めの良作です。

つづく


雑記 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
その14 『慶雲昌光』
あけましておめでとうございます。

2014年になりましたね。

昨年は「共存」を強く意識させられた年になりました。
色々な「繋がり」に感謝。

今年は「やわらかく」を心掛け過ごしたい。

あとはもっともっと
「ちからもち」
になれればなと。

ブログも何だかんだで楽しく続けることができています。
このブログのおかげで映画を観るのがさらに楽しくなっていたり。
これからも粛々と。

映画は120本。
読書は20冊。

くらいを目標に。

それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お互い幸多き年を。


雑記 | 12:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ