FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.961 『凶悪』
No961 『凶悪』

2013年制作 邦
監督:白石 和彌

≪キャッチコピー≫
『知るべき闇は、真実の先にある。』

≪ストーリー≫
ある日、ジャーナリストの藤井(山田孝之)は、死刑囚の須藤(ピエール瀧)が書いた手紙を持って刑務所に面会に訪れる。
須藤の話の内容は、自らの余罪を告白すると同時に、仲間内では先生と呼ばれていた全ての事件の首謀者である男(リリー・フランキー)の罪を告発する衝撃的なものだった。
藤井は上司の忠告も無視して事件にのめり込み始め……。

≪感想≫
こ・こ・こ・こえぇーーーー・・・。

本作は実際にあった事件を基に作られたお話で。

冒頭、須藤たちの卑劣で下劣な行為が映し出される。
これがもう不快極まりないんです。

例えば、こういう犯罪映画やサスペンスもの、悪人物って、その悪人にカリスマ性や
インテリジェンスが身についていたり、そこに至るまでの背景が描かれているから、
共感まではいかないけど、なるほどと思ったりするんです。
ただ本作の奴らは、その背景に厚みがなく、ただ単純に損得だけで行っているようにしか
見えないからいやぁーな気分になる。
須藤は仲間(自分)のため。
木村は金(自分)のため。

この二人の怖さ。
質が違っているように見えて、須藤は単純な暴力的怖さ。
一方の木村は、こいつ狂ってるな的怖さ。
この二人が揃えばどんな悪い事でも平気で犯してくる。
ぞぞぞ。

内容的には以前観た「悪の法則」という作品に少しテイストが似ているかな。
「悪の法則」に比べると派手さは欠けるが、その分リアルで身近な感じ。
それこそ、本作で描かれている事が3軒隣りで行われていそうな・・・。
とにかく、いやぁーな、こわぁーい気持ちになりましたよ。

そしてこの主犯格の二人を演じた俳優さん。
ピエール瀧さんとリリー・フランキーさん。
どちらも近づいたらやっかいな匂いをプンプン。
僕的にはピエール瀧さん演じる須藤がメチャクチャ怖かったなぁ・・・。
留置所で藤井に向けるあの鬼面!!
ひぇぇーーー・・・。
彼の名台詞であり口癖
「ぶっこむ!!」
は、しばらく口癖になりそうです(苦笑)

本作、実は善人らしい善人が出てこない。
この事件を追っかける記者の藤井(山田孝之)。
彼も事件を追う事にのめり込み過ぎて家庭をおろそかにしている。
これはこれでとても不快な気持ちに。
この藤井と言う男の行動にはイマイチピンとこない部分がありました。
正義を追求していく男には見えなかったし、家庭に戻るのが嫌と言う感じも見受けられなかった。
この藤井と言う男のキャラクターの描き込みは少し足りなかったのかなって。
山田孝之さんはとても良い役者さんだけに、そこはもったいなかったです。
他にも須藤の舎弟である五十嵐、須藤の妻。
嫌な奴らばっかし。
警察の対応もあまり好きじゃなかったな。
マスコミもあまり良い印象を受けなかった。
とにかく人間の嫌な所ばっかりをドデカイ犯罪と並行して描きこむ。
もやもやと気分が萎えてくる。
とほほ・・・。

こんな事件が本当にあるんだよなぁ・・・。
とても身近感があるだけにより怖さを感じたし、より不快に感じました。

ただ観て本当に良かったです。

激ハマリ役者さん達のアンサンブルも見応え抜群です!!


≪点数≫
  8点
                                           (14.06.14鑑賞)



こちら原作本。
興味ありますねぇ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(1) | コメント(4)
コメント
こんばんは。
なんだか、怖そうな映画ですね。
ただ、リリー・フランキーさんが好きなので興味ありますね。
以前、私の職場にドラマの撮影でいらしたことがあっって
少しだけお話して握手してもらったことがあって、それで単純に
ファンになっただけなのですが(笑)

観終わった後、モヤモヤする映画でしょうか?
興味もあるけど、不快感を引きずるようなら今は無理かも(^_^;)
2014-07-29 火 23:57:20 | URL | uki [編集]
Re: ukiさん
いつもコメントありがとうございますv-290


> なんだか、怖そうな映画ですね。
> ただ、リリー・フランキーさんが好きなので興味ありますね。
> 以前、私の職場にドラマの撮影でいらしたことがあっって
> 少しだけお話して握手してもらったことがあって、それで単純に
> ファンになっただけなのですが(笑)

リリー・フランキーさんは怖かったですよー・・・。
リリーさんってもともと不気味な雰囲気を持っている印象で、
その印象に本作の悪い感じが上手くマッチしていたんですよね。
本当に不快な男を好演されていました。
ただ、僕的にはピエール瀧さんがさらに怖かったんです。
この二人がコンビを組んだらもう最恐です!!


> 観終わった後、モヤモヤする映画でしょうか?
> 興味もあるけど、不快感を引きずるようなら今は無理かも(^_^;)

実話がベースなだけに身近感があって、観終わった後は、もちろん
モヤモヤしました(苦笑)
本作って、重大な犯罪をベースにその周りに生きる人たちの嫌なところも上手に
描いていたんですよね。
そこもモヤモヤっとね。
観て欲しいですが、心に余裕がある時が良いかもしれませんね(^▽^)
2014-07-30 水 21:58:59 | URL | ゆず豆 [編集]
ゆず豆さん、こんにちは!
どんよりと不快な気分になる映画でしたね。

彼らの凶悪で暴力的な行為は信じられないくらいですが、
それでもリアルで身近な感じがするのは、
背景にあるものが、今や社会の弱点となっている老いという
身近なものがあるからでしょうね。

警察もマスコミも周囲も無関心。
誰が狙われてもおかしくないという恐ろしさ。
これが実話を基にしているなんて、身震いする映画でしたね。
2014-09-10 水 17:44:21 | URL | YAN [編集]
Re: YANさん
いつもコメントありがとうございますv-290

本当にどんよりと気分が落ちてしまう作品でした。
今も、どこかでこういう事が行われている感がハンパなくって。
も一つ、重い犯罪だけでなく、人間のやなところが、
リアルに描かれているところも何とも。

ただ、本当に観て良かったと思える作品でしたね。
2014-09-10 水 21:17:04 | URL | ゆず豆 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

凶悪
人の心の隙に忍び込んでくる凶悪。 そして老人問題も透けて見えてくる。 監督:白石和彌 製作:2013年 日本 原作:新潮45編集部「凶悪―ある死刑囚の告白―」 上映時間:128分 出演:*山田孝之 *ピエール瀧 *リリー・フランキー *池脇千鶴 *白川和子  知るべき闇は、真実の先にある。 出版社の記者・藤井(山田孝之)は、 収監中の死刑囚・須藤(ピエール瀧...
2014-09-10 Wed 17:45:21 | RockingChairで映画鑑賞