FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.960 『スノーピアサー』
No960 『スノーピアサー』

2013年制作 韓/米/仏
監督:ポン・ジュノ

≪キャッチコピー≫
『前を進め。世界を変えろ。』

≪ストーリー≫
地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起こされてしまった2031年の地球。
生き残ったわずかな人類は1台の列車に乗り込み、深い雪に覆われた極寒の大地を行くあてもなく移動していた。
車両前方で一部の富裕層が環境変化以前と変わらぬ優雅な暮らしを送る一方、後方に押し込められて奴隷のような扱いを受ける人々の怒りは爆発寸前に。
そんな中、カーティス(クリス・エヴァンス)という男が立ち上がり、仲間と共に富裕層から列車を奪おうと反乱を起こす。

≪感想≫
母なる証明」や「グエムル -漢江の怪物-」のポン・ジュノ監督が撮る
初めての英語作品。

実は本作、とても楽しみにしておりまして。
巷で評判高いポン・ジュノ監督がハリウッドでどんな作品を撮ってくれるのかってね。

いざ鑑賞。
ド派手なだけじゃないモヤッとした良作でした。
巷では、ポン・ジュノっぽくないというお話を聞きますが、僕的にはテイストはやっぱり
韓国風、ポン・ジュノ風と感じました。

内容的にはアクション大作的に作れるのにそうしていない。
派手にアクションを見せて盛り上がりそうな所で、ちょっと抑える。
ネタバレしますが主役級のキャラクター達がどんどん殺されていくんですよね。
そのキャラに感情移入したら殺されて、また別のキャラに感情移入したら殺されて。
そこら辺が少し不快にも感じつつ、そこは絶妙にバランスが取れていて。
最後まで飽きることなく鑑賞できました。

本作の魅力の一つは役者さんたち。
主役のクリス・エヴァンスは「キャプテン・アメリカ」での真面目坊ちゃんにちょっと通ずる部分もあり
好印象。
韓国人親子のミンス(ソン・ガンホ)とヨナ(コ・ソヨン)。
ソン・ガンホはイケメンっていう訳でもないのにメチャクチャカッコいいんですよね。
味があるというか深みがあるというか。
とにかく韓国人俳優の中でも彼は好きな役者さんの中の一人です。
ヨナを演じたコ・ソヨンもちょっとペ・ドゥナを思わすような感じで好印象。
達者な演技も相まって二人のシーンはとても見応えありました。
あとは上流階級側のターミネーターばりのおっさん(フランコ)。
ノー・カントリー」のシガーを思い出したり・・・。
総理大臣を演じたティルダ・スウィントンもやな奴を怪演。
等々・・・。
ただ僕的一番ヒットは老人ギリアムの側近グレイ。
彼の佇まいが超カッコよくって。
冒頭のドラム缶を駆け抜けながら敵へと向かっていくシーンはちょっとアガりましたよ。
そんな彼もあっけなく死んでしまったのには思わず
「チクショーーーー!!」
って。
ホントに魅力的なキャラクター、役者さん達でした。

ストーリーについて。
本作のテーマは世界の縮図を列車の中にまとめあげた感じかな。
弱肉強食で、秩序を守るためには犠牲も厭わない。
人類が生き残るためには犠牲も必要なのさ的な。
ただそういった階級社会で産まれてくるもの。
「革命」
虐げられてきた共の革命を観ているとやっぱり気分は高ぶってきます。
おっきなネタバレですが下級層に滞在していた老人ギリアムも実は上とグルだったんですよね。
ただ、ギリアムもカーティスが新しい世界を率いてほしかったはず。
ボスであるウィルフォードにあったら話をせず舌をちぎってやれ的な事を話していましたから。
列車(世界)のしきたりを、新しい秩序(世界)を作り出して欲しかったのでしょう。

ラストは思わぬ形で幕が閉じる。
突然訪れるおおきなうねり。
外へ出る事になった彼ら。
その先には希望の光はほんの少ししか感じられませんでしたが、これもポン・ジュノっぽいっちゃあ
そうなのかも。

色々書いてきましたが満足の1作でした。


≪点数≫
  7点
                                           (14.06.14鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(3) | コメント(6)
コメント
こんにちは。
なかなか面白かったですね!

確かにキャラが死ぬ死ぬ、こんなので給水車両のような敵が出てきたらOUTじゃん!って思っていましたが、予期せぬ展開でした。
実はウィルフォードはもうとっくの昔に死んでて…と思ってましたから。(^^;

書かれている通り、キャラは魅力的な人が多かったですね。
特に敵キャラが本当に憎ったらしい!!いかにも私が上よ!って感じの人が人質になった瞬間の感動(おいおい)、でもあっさりと死んでしまいますけど。

いっぱい死んでしまいますけど、最後は「グエムル」に比べて救いがあったのではないかと思います。とにかく子供には死んでほしくないんです。
白クマくんに食べられないことを祈っております。

トラックバックさせて頂きました。

リンクの件、こちらこそありがとうございます。
こちらからも相互リンクをさせて頂きますね。
今後ともよろしくお願いいたします。
2014-07-21 月 15:28:24 | URL | 白くじら [編集]
Re: 白くじらさん
いつもコメントありがとうございますv-290

> 確かにキャラが死ぬ死ぬ、こんなので給水車両のような敵が出てきたらOUTじゃん!って思っていましたが、予期せぬ展開でした。
> 実はウィルフォードはもうとっくの昔に死んでて…と思ってましたから。(^^;

同意。
僕も、なかなかウィルフォードが出てこないので実は死んでいるのか、身内に潜んでいるのかって
思っていましたよ。

> いっぱい死んでしまいますけど、最後は「グエムル」に比べて救いがあったのではないかと思います。とにかく子供には死んでほしくないんです。
> 白クマくんに食べられないことを祈っております。

こちらも激しく同意。
この後は白クマに殺られて終わるんじゃないか的不安が残ったので、
僕的にはレビューにも書いてある通りほんの少しの希望の光でした(苦笑)

> リンクの件、こちらこそありがとうございます。
> こちらからも相互リンクをさせて頂きますね。
> 今後ともよろしくお願いいたします。

リンクの件、ありがとうございます!!
これでまた映画を観続けるモチベーションがアップしました!!
末永くよろしくお願いします\(^▽^)/
2014-07-21 月 22:04:00 | URL | ゆず豆 [編集]
ゆず豆さん、こんにちは!
あっ私も、ウィルフォードの存在に関して、
ゆず豆さん・白くじらさんと同じように考えてました!
ひょっとして実在してなくて、人工知能?とか(←ありきたり(≧ε≦))。

ギリアム老人は、貧困層を淘汰してしまうような
本当のワルだったとは思い難い人でしたよね~
実際に自分の腕を差し出したくらいなんだから。
カーティスが新しい秩序を創り出す事を願っていたのかも。
でも、カーティスは列車の外に新しい世界を見たという
意味のラストなんでしょうかね。
いろいろ解釈の出来る作品でしたね。
2014-07-22 火 16:00:50 | URL | YAN [編集]
Re: YANさん
いつもコメントありがとうございますv-290

> ひょっとして実在してなくて、人工知能?とか(←ありきたり(≧ε≦))。

おっ、人工知能節ですか。
なるほどなるほど。
そこは思いつかなかったなぁ。

> ギリアム老人は、貧困層を淘汰してしまうような
> 本当のワルだったとは思い難い人でしたよね~
> 実際に自分の腕を差し出したくらいなんだから。
> カーティスが新しい秩序を創り出す事を願っていたのかも。

ギリアムもこのシステムに矛盾を感じつつも、モヤモヤと
歯車となっていたのかも。
カーティスに希望の光を見出したのでしょね。

> でも、カーティスは列車の外に新しい世界を見たという
> 意味のラストなんでしょうかね。
> いろいろ解釈の出来る作品でしたね。

カーティスが列車の外に希望を見出したかはちょっと謎ですが、
少なくともあの終わり方は地球がまた1からのスタートを切った
という締め方なのかなと感じました。
ただ、白くじらさんとのコメで書いている通り、2人が白くまに
襲われるんじゃないかと言う不安は残りますが(苦笑)
2014-07-23 水 20:22:53 | URL | ゆず豆 [編集]
こんにちわ
走り続ける列車の中でのドラマ。
外はどこまでも真っ白の銀世界。
その対比が面白かったです。
十数年経って、また住める環境に変わっていってた地球。
新しいアダムとイブが、また新世界を築いていくのかな~。

前の車両は一体どうなってんだ?と楽しみながら見ました^^

2014-12-26 金 15:59:57 | URL | mia☆mia [編集]
Re: mia☆miaさん
いつもコメントありがとうございますv-290
前の車両に進んでいく感じが、いかにもゲームっぽい
演出でワクワクと観ることができましたね。
それにプラスした革命のお話。
心がアガルアガル!!

新たなスタートを切った地球。
同じ轍を踏まないでほしいですねぇ・・・。
他の方とのコメでも書きましたが、その前に白くまに
食べられない事!!(笑)
2014-12-27 土 13:36:39 | URL | ゆず豆 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スノーピアサー
各々が必要な個所で役目を果たせ! 公開年2013年Snowpiercer制作国韓国、アメリカ、フランス監督ポン・ジュノ原作ジャン=マルク・ロシェット、バンジャマン・ルグラン、ジャック・ロブ制作パク・チャヌク、イ・テフン制作総指揮脚本ポン・ジュノ、ケリー・マスターソン撮…
2014-07-21 Mon 15:09:34 | MOVIE-DIC
スノーピアサー
その列車は世界の縮図 SNOWPIERCER 監督:ポン・ジュノ 製作:2013年 韓国・アメリカ・フランス 上映時間:125分 出演:*クリス・エヴァンス *ソン・ガンホ *ティルダ・スウィントン *ジェイミー・ベル *オクタヴィア・スペンサー *コ・アソン *ジョン・ハート 前を進め。世界を変えろ。 2014年7月(←ちょうど現在!)、 地球温暖化を食...
2014-07-22 Tue 16:02:29 | RockingChairで映画鑑賞
スノーピアサー
スノーピアサー [DVD](2014/06/27)クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ 他商品詳細を見る 【SNOWPIERCER】 制作国:アメリカ/フランス/韓国  制作年:2013年 2014年7月1日、人類は突如として絶滅の危機を迎えた。 地球温暖化を食い止めるために散布された冷却物質は地球に 氷河期をもたらし、永久機関を持つ列車「スノーピアサー」に乗り 込んだ人々だけが...
2014-12-26 Fri 15:53:21 | miaのmovie★DIARY