FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.943 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』
No943 『トロピック・サンダー史上最低の作戦』

2008年制作 米
監督:ベン・スティラー

≪キャッチコピー≫
『そこまで演<や>るか!?』

≪ストーリー≫
落ち目のアクション俳優スピードマン(ベン・スティラー)は、戦争大作『トロピック・サンダー』での返り咲きを目指すことに。
コメディー役者のジェフ(ジャック・ブラック)や演技派のラザラス(ロバート・ダウニー・Jr)とともに撮影に臨むが、クランクイン5日目で予算オーバーに陥ってしまう。
あきらめ切れない監督は東南アジアのジャングルで撮影を強行しようとするが……。

≪感想≫
ハチャメチャドタバタコメディ大作。
かと思ったら、とても良いバランスのコメディ大作でした。

キャスティングもそうですが、俳優さん達のルックがとっても変。
キャストで言うとジャック・ブラックやベン・スティラー。
ルックで言うとロバート・ダウニー・Jrの黒人に扮した姿。
あとは何と言ってもトム・クルーズのあのお姿!!
あのフォルム、キャラクターを観て、さらにトム・クルーズが好きになりましたよ。
やっぱりトムはサービス精神旺盛だなぁって。
ロバート・ダウニー・Jrは相変わらずカッコ良かったなぁ。
見た目はあんなんだけど、キャラクターが良い感じでした。

とまぁ、豪華なコメディ俳優たちがこれでもかって出演されているのですが、
先に書いた通り、いききったコメディ作品ではないんですよね。
突拍子もないストーリーなんだけど、どこかリアリティ寄りで。
そこらへんがとってもいい塩梅だったかなと。

もちろん笑えるところは多数。
ゲリラ軍団の頭領が子供だったのはおかしかったし。
冒頭の、タグが監督の生首を使ってのキャッキャキャッキャはエグいんだけど僕的には
面白かったしね。
一番笑えたのはクライマックス。
タグが現地に残ると言いだしてから。
背中におぶった子供がタグの背中をナイフでブッサブッサと刺しているシーンは、
笑っちゃいました。
小ネタもふんだんに盛り込まれていて本当にサービス満点。

満足の一作でした。
コメディでこんなにお金をかけて撮るって、さすがハリウッド。
本気度が違いますな。

監督は主演されているベン・スティラー。
彼は本業の俳優だけでなく監督もされているんですね。
調べてみると以前観た「リアリティ・バイツ」も撮っていて。
多才な方ですね。


≪点数≫
  7点
                                           (14.04.29鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんにちは^^
これ面白かったですねー。

ロバダニが黒人姿になったんで、黒人地位向上委員会的な人種団体に配慮した結果、ベン・スティラーが劇中で障害者を演じた方が問題になってました(笑)
でも、あれは笑えましたね。

あと、最後のエンドロールでトム・クルーズに気付きました。
あれは好感がもてますよね^^
2014-06-10 火 14:47:42 | URL | 茶栗鼠 [編集]
Re: 茶栗鼠さん
いつもコメントありがとうございますv-290

> こんにちは^^
> これ面白かったですねー。

> ロバダニが黒人姿になったんで、黒人地位向上委員会的な人種団体に配慮した結果、ベン・スティラーが劇中で障害者を演じた方が問題になってました(笑)
> でも、あれは笑えましたね。

ははは(笑)
そうなんですねー!!
確かにベン・スティラーもあの部分はいききってましたもんね。

> あと、最後のエンドロールでトム・クルーズに気付きました。
> あれは好感がもてますよね^^

トム・クルーズのサービス精神にはほんとに脱帽です。
もともと好きな役者さんですが、さらに好きになりましたよ。
2014-06-10 火 21:12:05 | URL | ゆず豆 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する