FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.881 『ゼロ・グラビティ』
No881 『ゼロ・グラビティ』

2013年制作 米
監督:アルフォンソ・キュアロン

≪キャッチコピー≫
『宇宙の暗闇を生き抜け』

≪ストーリー≫
地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していた
メディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と
ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。
すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、
二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。
地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も
2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。

≪感想≫※思いっきりネタバレあり
次回のアカデミー賞の最有力候補と名高い本作。
圧倒的映像、圧倒的映画体験と名高い本作。

いてもたってもいられず映画館で観てきました!!
しかも3D!!
(実は僕、本作が3D鑑賞デビューだったりします・・・)
本当はIMAXで観たかったのですが僕の住んでいる沖縄にはないので通常の3Dで鑑賞。
(3Dで観るならIMAXなんて言葉を良く耳にしたり目にしたりするので残念・・・)

さてさて感想を・・・。
やっぱり映画館で観て大正解!!
今年ベスト級の映像体験になりましたよ!!

何が凄いってやっぱり宇宙の映像ですよね。
本作、演出も徹底していて、ガチャガチャとした音楽もなく観ている僕らも
限りなく宇宙空間にいるような演出で作り込まれている。
その映像を3Dで観る。
凄いなぁって思わず口ずさんだり。

物語冒頭。
宇宙空間に3人のクルーがふわりふわりと漂いながら作業を行う。
ここは十数分の長回しで撮られていて、この時点で映像にグッとのめり込む。

最初のハプニング。
何もない、宇宙空間に一人の人間が投げ出される。
ぽつりとたゆたうライアン博士。
これがまたすっごい綺麗なんですよね。
美しさもあるんだけど緊張感も漂う。
綺麗なんだけど、息を呑むような緊張感。

そして彼らと宇宙体験を楽しんでいる僕らにも、息もつかせぬほどに訪れる
ハプニング、ハプニング、ハプニング。
こっからは怒涛の緊張の嵐。

ステーション内での火事のシーンも凄かったなぁ。
無重力空間での炎ってあんな感じなんですね。

そこで生きるために必死に抗うライアン博士。
とにかく生きるためのアイディアが、ガッツが凄いんです。
消火器をジェット噴射として使うくだりは良かったですね。
母は強しと言うか女は強しと言うか。
数々のアクシデントを乗り越え地球への帰還を試みる。

そして無事に地球に降り立ったとき・・・。
重力を感じる・・・。
無重力から重力への帰還。
素晴らしい!!

・・・ん?あれあれ??
本作のタイトル(邦題)は「ゼロ・グラビティ(無重力)」。
原題は「GRAVITY(重力)」。
真逆じゃねぇーーーーか!!
まぁ分からないでもないがこれは結構、噴飯物じゃないでしょうか。
観終わった後、色々感想を読んでいると、やっぱり同じようなツッコミをされる人もちらほら。
こりゃいかんぜよ。

とまぁ色々書いてきましたが、実は本作は裏テーマがあって。
鑑賞後、とあるサイトでお勉強。
本作は宇宙からの帰還を描いた作品ですが、実は生命の誕生までの過程も
描いた作品でもあったんですよね。
宇宙=胎内で地球=世界。
地球へ降り立つという事は、一人の人間が母親の胎内から誕生したという事なんです。
それを踏まえて鑑賞するとあらゆるところにそれらのメッセージが隠されていたりして。
なるほどねぇ・・・。
それならやっぱりタイトルである「GRAVITY(重力)」は重要ではとも思ったりするのですが・・・。

とにもかくにも、圧倒的映像体験!!
これに尽きる本作。

映画館で観る事ができてほんとーーーーーーーに良かったです!!
最後の方に書いている裏テーマについてはDVDが出た時に観ながら考察しなおそっと。

・・・あっと余談ですが。
本作のスピンオフ短編がYOU TUBEにUPされていましたね。

映画を観た後、この短編を観るとグッときますよ!!


≪点数≫
  10点
                                           (13.12.25鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(1) | コメント(6)
コメント
スピンオフ、知りませんでした!
すごくいいですね(・∀・)
本編の該当シーンが蘇ってきます。
『ゼロ・グラビティ』の感動、再び、です。

ご紹介、ありがとうございました!
2014-01-29 水 20:35:17 | URL | ハリガネ [編集]
これは絶対に映画館でみるべき作品だと思う!

ほんと映像がすごかった。自分も宇宙にいるような気分で終始ドキドキしてました…。

私は、一度生きることを諦めた後に再びいきる決意をした瞬間がぐっときた。

できるかできないかより、覚悟を決めてトライすることが何より大切だなーと。

スピンオフ、いいね。まさかああいう所だとは想像しなかったー(笑)
2014-01-29 水 21:16:43 | URL | mh-goi [編集]
ゆず豆さん、こんにちは!
3Dデビューを本作で出来たのはラッキーでしたね!
圧倒的な臨場感を味わえる作品でしたもんね。

無重力と重力の対比が印象に残りました。
生命の誕生と重なるような映像がいろいろちりばめられていましたけど、
それも含めて私は主人公の再生と解釈しました。
絶望のどん底で生きる方向に向いていく姿が感動的でした☆

絶対にアカデミー賞を何か獲ってほしいですよね~(^_^)
2014-01-30 木 17:25:15 | URL | YAN [編集]
Re: ハリガネさん
いつもコメントありがとうございますv-290

このスピンオフ作品はアルフォンソ・キュアロン監督の息子である
ホナス・キュアロン氏が撮ったらしいですよ。
親子でこの作品を撮ったのを考えると、また感慨深いですねぇ。

凄い才能です(o^-')b
2014-01-30 木 21:51:55 | URL | ゆず豆 [編集]
Re: mh‐goiさん
いつもコメントありがとうv-290

mh-goiさんは確か2D鑑賞だったよね。
3Dは本当に良かったよー!!
ま、映画館で観てこその作品だったね。
圧倒的映像体験とはこのことですな。

> 私は、一度生きることを諦めた後に再びいきる決意をした瞬間がぐっときた。
> できるかできないかより、覚悟を決めてトライすることが何より大切だなーと。

そうそう。
再生の話でもあるんだよね。
映像だけでなくストーリーも見応えがあって◎でした!!
2014-01-30 木 21:56:11 | URL | ゆず豆 [編集]
Re: YANさん
いつもコメントありがとうございますv-290

> 3Dデビューを本作で出来たのはラッキーでしたね!
> 圧倒的な臨場感を味わえる作品でしたもんね。

いつも3Dを3Dをなんて思っていましたが、ここまで大事に初体験を
取っておいて本当に良かったです!!
本当にシビれました!!

> 絶対にアカデミー賞を何か獲ってほしいですよね~(^_^)

確実に何らかの賞は取るでしょうね(゚∇^d)
発表が楽しみです!!
2014-01-30 木 21:59:01 | URL | ゆず豆 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ゼロ・グラビティ(IMAX3D字幕)
絶望のどん底で、本能が呼び覚まされた。 GRAVITY 監督:アルフォンソ・キュアロン 製作:2013年 アメリカ 上映時間:91分 出演:*サンドラ・ブロック *ジョージ・クルーニー 声の出演:*エド・ハリス 宇宙の暗闇を生き抜け 日曜日に家族4人で観てきました。 宇宙酔いしたわ~(@_@;) IMAX3D効果で自分が宇宙空間にいるような気分になり...
2014-01-30 Thu 17:27:05 | RockingChairで映画鑑賞