FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.739 『闇の列車、光の旅』
No739 『闇の列車、光の旅』

2009年制作 メキシコ/米
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ

≪キャッチコピー≫
『この出会いが私を強くした。』

≪ストーリー≫
サイラは、父と叔父とともにホンジュラスを出て自由の国アメリカを目指す。
3人はどうにかメキシコまでたどり着き、米国行きの列車の屋根に乗り込むことができる。
ほっとしたのもつかの間、ギャング一味のカスペルらが、移民たちから金品を巻き上げるために
列車に乗り込んで来て……。

≪感想≫
そこは遠い遠い国。
南米ホンジュラス。

二つの物語が上手に交差する。
一つはギャングから追われる青年の物語。
一つは国外逃亡のために父と叔父とアメリカへ向かう少女の物語。

どちらも物語の根源は「貧困」。
その時代に生まれ、その国に生まれ、その環境に生まれた。
そこから這い上がるために片やギャングに、片やアメリカンドリームを求め亡命を決心する。

どこの世界の人間にも、心にほのかな光が灯っている。
ウィリーの心にも。
そしてサイラの心にも。
その心に灯った光を色濃くするために二人は共に手をとり歩き出したかったのでしょう。

あのラストの展開。
何となくそうなるのではと思っていたんだけど、やっぱりやるせなくなる。

その結果。
負のスパイラルに巻き込まれた弟分のスマイリー。
新天地へ辿りついたサイラ。
彼ら、彼女らの未来が少しでも希望の光に満ち溢れていてくれと切に願う。

≪点数≫
  8点
                                           (13.02.11鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト


映画 | 08:00:00 | トラックバック(1) | コメント(4)
コメント
ゆず豆さん、こんにちは!
貧困のケタが違うのか、
日本とあまりに違う環境に驚く事ばかりでした。
あの地域の人達はアメリカに夢を抱いて
列車の屋根に乗って危険な旅をするんですね~
でもって、やっぱりな・・・と思う負のスパイラル(- -;)
知らない現実を知る事が出来て良かったと思う作品でした。

TBですが、その日ダメな場合は
翌日に再度送ってみるとOKとなる事が多いみたいですよ。
2013-04-22 月 18:02:29 | URL | YAN [編集]
Re: YANさん
いつもコメントありがとうございますv-290

この手の作品は、自分の環境との違いを知ることができて
本当にズシリときますよね。
もちろん知るだけではダメなのですけど。
眼をそむけず、見ることから始まる正の連鎖もあると信じ
観続けたいものです。

TBの情報ありがとうございます!!
今後は届かない時も何度か試してみますね。
2013-04-22 月 21:47:22 | URL | ゆず豆 [編集]
こっちは…
こっちは大好きな一本です。
ギャングから逃げるカスペル役の子が雰囲気あって、すごいタイプだったのですが。
物語のテンポとか焦点の当て方とかどれをとっても良かったなぁ、と。
ラストは悲しいし、この先どうなるのかも分からないけれど、でも、サイラの強い眼差しに光があったから…
どこか希望が持てる終わり方、好みです。
2015-05-15 金 00:32:21 | URL | ihuru [編集]
Re: ihuruさん
こちらもコメントありがとうございますv-290

僕もこっちは好きな一本です。
「クロッシング」と違って、こちらは希望がもてましたもん。
負のスパイラルに巻き込まれたスマイリーも、カスペルの事を
抱えたことで、何か良い方向に進んでくれるんじゃないかと・・・。
うーーん、甘いですかね(苦笑)
ただ、サイラは必ず幸せになってくれると思ってます。
彼女はこれからどんな苦境に立たされても、また、乗り越えてくれるん
じゃないかなって。
うん、やっぱり「クロッシング」より本作の方が好きですね。
2015-05-15 金 21:45:41 | URL | ゆず豆 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

闇の列車、光の旅
また偶然にも移民が出てくる映画だった。(゚o゚) 3本連続☆ これは中米の本当に過酷で厳しい現実を見せる映画。 青春ラブストーリーの要素も加わってます。 監督:ケイリー・
2013-04-22 Mon 18:04:06 | RockingChairで映画鑑賞

FC2Ad