FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.657 『チェイサー』
No657 『チェイサー』

2008年制作 韓
監督:ナ・ホンジン

≪キャッチコピー≫
『追っているのは闇か、光か──』

≪ストーリー≫
デリヘルを経営する元刑事ジュンホのところから女たちが相次いで失踪して、
ときを同じくして街では連続猟奇殺人事件が発生する。
ジュンホは女たちが残した携帯電話の番号から客の一人ヨンミンにたどり着く。
ヨンミンはあっけなく逮捕されて自供するが、証拠不十分で再び街に放たれてしまい……。

≪感想≫
今作、実際に起こった事件を基に作られた作品。
その事件とは2004年、韓国でユ・ミンチョルという男が約10ヵ月の間に
20人もの人間を殺したという事件。
10ヵ月で20人ですよ20人!!
よくもまぁ捕まらずに犯行を続けることができたなぁと。
2004年って言ったらまだ最近ですからね。
警察が無能なのか、犯罪者がより知能的なのか。
ゾッとしますね。

作品について。
暗くて重い雰囲気なんだけど、テンポよく物語は進んでいき緊張感を持続させてくれる。
巧いなこの監督。
と思ったらまだデビュー作なんですね!!
なるほどねぇ。

なんかここ最近、僕の中で韓国映画が熱いです。
最近鑑賞した、「母なる証明」「殺人の追憶」もそうだったのですが、この独特な陰鬱感。
そして陰惨な暴力描写。
ちょっと目を背けたくなりますが、癖になる雰囲気です。
この手の作品。
まだまだ面白い作品が眠っていそうだ。

≪点数≫
  8点
                                           (12.08.04鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト


映画 | 08:00:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad