■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.304 『96時間』
No304 『96時間』

2008年制作 仏
監督:ピエール・モレル

≪キャッチコピー≫
『父の愛が、パリの街を暴走する。』

≪ストーリー≫
元CIA工作員のブライアンは、その仕事の為、妻と娘にも別れを告げられ一人寂しく暮らしていた。
唯一の楽しみは溺愛する娘との再会の時間だけ。
ある日、その娘が旅行先のパリにて誘拐事件に巻き込まれてしまう。
誘拐されてから、無事に助かる可能性があるタイムリミットは96時間。
ブライアンは警察にも頼らず自らの力で娘の救出へ乗り出した。

≪感想≫
かの有名ドラマ『24』のジャック・バウアーも真っ青のスーパー父ちゃんです。
愛する娘の為だからやることなすこと、全てに躊躇がない。
猪突猛進とはこのことで、ここまできたらもう無敵ですな。

起承転結がしっかりしていて、終わりはハッピーエンド。
90分と短めなので暇をもてあましているときにはちょうどいい作品ですね。

≪点数≫
  7点
                                           (10.04.06鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト


映画 | 21:34:58 | トラックバック(2) | コメント(4)
コメント
ゆず豆さん、こんにちは!
このリーアム・ニーソンは、キレがあってカッコ良かったですね!
ゆず豆さんはジャック・バウワーを思い浮かべたようで。
私は、ジェイソン・ボーンのオヤジ版だと思いました。
短さも良くて、けっこうお気に入り作品になってます。
2012-08-24 金 16:50:15 | URL | YAN [編集]
Re: YANさん
いつもコメありがとうございますv-290

> このリーアム・ニーソンは、キレがあってカッコ良かったですね!
> ゆず豆さんはジャック・バウワーを思い浮かべたようで。
> 私は、ジェイソン・ボーンのオヤジ版だと思いました。

なるほど。
僕的には、この無敵感と言うか、どうせ大丈夫なんでしょ感がジャックに通ずるものがあったんですよね。
ハラハラドキドキするんだけど安心して観られる感じとか。
けど確かにジェイソン・ボーンも無敵感ハンパないですね(笑)

2012-08-24 金 22:30:43 | URL | ゆず豆 [編集]
こんにちは。
これは面白かったですね。
娘のためにここまで暴走できるのは感動してしまいます。(^^)
むむ、確かに無敵感ありましたね。

どうらなら96分にすればよかったのに!

実は「24」は観ていないのですが、こういう暴走タイプなのでしょうか。
知り合いには、観たら止まらくなるよって言われてます。

トラックバックさせていただきました。
2015-11-18 水 15:31:47 | URL | 白くじら [編集]
Re: 白くじらさん
いつもコメントありがとうございますv-290
本作はシリーズ化されて3作品でましたね。
僕的には2作目が1番好きです。
ただ、やっぱりこの1作目があるからこそ。
無敵親父の暴走が観ていて気持ち良かったです。

> 実は「24」は観ていないのですが、こういう暴走タイプなのでしょうか。
> 知り合いには、観たら止まらくなるよって言われてます。

「24」シリーズもなかなかの暴走タイプですよ(笑)
観たら止まらなくなる・・・まさしく。
一度、シーズン5を4日間ぐらいで一気見しましたねぇ(苦笑)
アメリカドラマも評判良い作品がたくさんありますよねー。
2015-11-23 月 21:20:26 | URL | ゆず豆 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

96時間
冷静さ、頭の回転の良さ、キレのある動き、 これはまさに、オヤジになったジェイソン・ボーンだ~! リーアム・ニーソンにアクション俳優のイメージがなかっただけに、 本作での活...
2012-08-24 Fri 16:51:06 | RockingChairで映画鑑賞
96時間
お前も捕まる。冷静に、よく観察しろ。 公開年2008年TAKEN制作国フランス監督ピエール・モレル原案制作リュック・ベッソン制作総指揮ディディエ・オアロ脚本リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン撮影ミシェル・アブラモヴィッチ音楽ナサニエル・メカリーamazon.…
2015-11-18 Wed 15:27:14 | MOVIE-DIC

FC2Ad