fc2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.2233 『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』
No2233 『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』
2020年制作 米
監督:ディーン・パリソット

≪キャッチコピー≫
『史上最強のバンドが、
人類滅亡の危機を救う!?』

≪ストーリー≫
ビルとテッドは“ワイルド・スタリオンズ”というバンドを結成し、自分たちの音楽が世界を救うと信じ、活動を続けていた。しかし、30年たっても何も起きず、人気は落ち込むばかり。そんなある日、彼らの前に未来からの使者が現れ、世界の滅亡を予言する。

≪感想≫
以前観た「ビルとテッドの〇〇」シリーズの最新作。
本シリーズは3部作で本作が最後。

前2作品を観たときにあまりのつまらなさに最新作を観るのをためらっていてね。
大好きキアヌ・リーブスが主演しているし、本シリーズに関しては巷では高評価を
得ているようだったので満を持して鑑賞してみました。

さてさて。

あら、何気にグッとくる!!

やっぱり音楽の力なのかなぁ。
クライマックスの世界中の人間が音楽によって救われるシーンは反射的に涙がぽろぽろと。
とてもグッときました。

キャラクターについて。
本シリーズの登場人物、お話全てにおいておバカな世界。
理屈や理由を求めても無駄無駄。
頭空っぽで鑑賞することをお勧め。
主人公のビルとテッドも大好きだったんですが、本作から新登場のそれぞれの娘たちが
とてもキュートで最高だったんですよね。
特にテッド父娘のあのカクカクしたオーバーリアクションはそっくりでニヤニヤしながら
鑑賞していました。

お話については先に書いた通りあってないようなもの。
何となく理解して何となく楽しめればいいんです。
本作の場合は「音楽」と「絆」言うキーワードさえ分かっていればいいんです。
頭空っぽにして鑑賞すればいいんです。

そんな感じで。
前作、前々作と感想を読み返してみると
3点→5点を評価は上がっているようで。
本作ももれなく点数アップ。
観てよかった!!

≪点数≫
  7点
                                           (24.01.07鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する