fc2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.2231 『ノック 終末の訪問者』
No2231 『ノック 終末の訪問者』
2023年制作 米
監督:M・ナイト・シャマラン

≪キャッチコピー≫
『その選択の結末は、
家族の犠牲か、世界の終焉か。』

≪ストーリー≫
ゲイカップルのアンドリューとエリック、養女のウェンは、山小屋で休日を過ごしていた。しかし、武装した男女が突然訪れ、アンドリューたちは囚われてしまう。謎の武装集団はアンドリューたち家族の誰かひとりの犠牲か、世界の終焉のどちらかの選択を迫り……

≪感想≫
M・ナイト・シャマラン監督最新作。

山小屋に住む家族。
ゲイカップルとその養子の娘の3名。
娘が外で遊んでいると謎の集団が現れて家族を監禁する。
この集団は3名に世界を救うための選択を迫る・・・。

さてさて・・・。

なんだこのオチは!?
よくわからん!!

気になったところがたくさんありすぎて。
例えばなぜこの3名の家族が選ばれたのか。
例えばなぜヴィジョンをみたのがこの4名だったのか。
なぜこの4名がヴィジョンを信じて行動を起こしたのか。
この4名が犠牲になることが何に繋がったのか。
そもそもこの現象は本当だったのか。

シャマラン監督の演出やこれまでの作品的に本作も最後の最後まで
前のめりで観ることはできたんです。
最後の大オチもこれまでのシャマラン印だとどんでん返し的なエンディングが
待っているのかと思いきやまさかの結末で。
ある意味、凪のような終わり方。
ふぅ~ん・・・。

突拍子もない設定なんだけど、そこまでいききっていない感じはある意味、好印象。
本当に良い塩梅。
この状況を信じさせるか信じさせないかのボーダーライン上を行ったり来たり。
ん?
あれ??
面白かったのか??

そんなこんなで。
本作は考察が必要な作品っぽい。
鑑賞後、様々な方の感想を読んでいるとキリスト教の黙示録と言う
キーワードが見受けられた。
なるほどねぇ・・・。

≪点数≫
  5点
                                           (24.01.03鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する