fc2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.2225 『犬王』
No2225 『犬王』
2021年制作 邦
監督:湯浅 政明

≪キャッチコピー≫
『見届けようぜ。』

≪ストーリー≫
京の都の猿楽の一座に生まれた犬王は、異形ゆえに瓢箪の面で顔を隠している。ある日、彼は平家の呪いで盲目になった琵琶法師の友魚に出会い、舞と歌を交わす。以来、犬王と友魚は、壮絶なる運命をものともせず、互いの才能に共鳴し、不思議な絆で結ばれていく。

≪感想≫
マインド・ゲーム」「夜は短し歩けよ乙女」等々の湯浅正明監督最新作。
アニメ映画。

ライブを見ているような感覚。
心が震える映像の数々。
めちゃくちゃカッコ良かったっす。

アニメと音楽が絶妙に融合。
湯浅監督のアニメーションって疾走感があってライブと凄く合っていて。
観ていてとても気持ちが良いんですよね。

もう一度観たい。
しかも大きな劇場で。

本当にライブを観ている感覚。
ミュージカルを観ている感覚。
素晴らしい。

そんなこんなで。
物語の最期、犬王についての字幕が。
「えっ!!これって実話なの!?」
調べてみると室町時代に活躍した実在の能楽師の名とのこと。
凄い!!

もちろん、本作のようにロックで破天荒な音楽が生まれていたとは思えませんが
きっと本作のように人々の心をわしづかみにしていたに違いない。
かっけーっす。

そうそう。
キャラクターのルックが漫画「ピンポン」や「鉄コン筋クリート」の
松本大洋先生のタッチに似ているなと思ったら、キャラクター原案を
されているんですね。
へぇー、へぇー、へぇー。

≪点数≫
  7点
                                           (23.12.26鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する