fc2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.2198 『グランツーリスモ』
No2198 『グランツーリスモ』
2023年制作 米/邦
監督:ニール・ブロムカンプ

≪キャッチコピー≫
『世界一過酷な
夢への挑戦。』

≪ストーリー≫
ヤンは、父親が呆れるほどドライビングゲームに熱中していた。ある日、世界中の『グランツーリスモ』プレイヤーを本物のレースに出場するプロレーサーを育成・選抜するプログラムが立ち上がる。参加したヤンは、想像を超えるアクシデントを乗り越え夢を目指す。

≪感想≫
プレイステーションの人気ソフト「グランツーリスモ」シリーズ。
初めてこの作品が出たのは僕が高校生ぐらいの時だったような。
それまでのカーレースゲームと違って、よりリアルな操作性が必要となっていて
凄い衝撃を受けた記憶が。
僕は、ド下手だったのであまりハマりませんでしたが周りの友人たちは
こぞってハマっていましたよ。

その後も数々の続編が発売されては進化し続けてきている本シリーズ。
そんな人気シリーズはもちろん色々な若者たちを虜にしてきた訳で。

リアリティ溢れるゲームシステム。
このゲームが上手なプレイヤーなら本当のレーサーにもなれるんじゃないかという
嘘のような本当のプロジェクトを描いた本作。
しかもこれが実話って言うんだから凄い。

楽しみにしながら劇場にて鑑賞してまいりました。

さてさて。

ド直球のスポコン映画!!!!

終始、興奮しっぱなしで楽しく観ることができました。

何しろテンポが良かった。
主人公のヤンがサクサクと成長してテンポよく七転八倒していく
流れがとても気持ちが良くって。

レースシーンの分かりやすさ。
ゲームっぽさも巧く融合させながらそれでいてリアルなレースシーンを再現。
F1とかを観ていると、例えば応援している車の順位が分からなくなったりするのですが、
本作では良きポイントで順位を表示したり、何週目とかの字幕を出してくれたりと
初心者やレース弱者にもしっかりと分かるような設計に。
そのおかげで、ガッツリと物語に入ることができ、胸アツで感情揺さぶられまくり。
最高でしたよ。

お話的にも最高。
ヤンと父親とのシーンはもれなくグッと来た。
クライマックスの父親との若いシーンは泣けたなぁ・・・。
父親を演じたのはジャイモン・フンスーと言うお方。
どこかで見たことあんなぁと思ったら
シャザム!」の魔導士じゃん!!
良い芝居するよねぇ。

演者で言うと、デヴィッド・ハーバーとオーランド・ブルームのコンビも最高。
ここら辺は以前観た「AIR/エア」のマット・デイモンとベン・アフレックのお仕事映画を彷彿とさせる感じで最高。

基本的に完璧だったんですが、少しだけ不満点を挙げるとすれば。
最後のル・マンに出場する件。
ル・マンはチーム戦なので主人公のヤン以外でも2名のレーサーが出場。
彼らもGTアカデミーの出身者。
ここまでヤンだけにスポットライトを浴びせてきたのなら、ヤンだけで完結する
レースにしてほしかったな。
まぁ、ここら辺は実話なのでしょうがないか。
ただ、それなら他の二人にも少しだけドラマを与えてほしかった。
実際にこの二人も凄いのだから。
まぁまぁまぁ。

そんなこんなで。
これって本当に実話なんですよね。
純度何%なんだろう。
奇跡のような物語と激アツな演出、映像の数々。
脊髄反射的に心が震えました!!!!
おススメです!!!!

≪点数≫
  9点
                                           (23.09.15鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する