fc2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.2091 『ザ・ロストシティ』
No2091 『ザ・ロストシティ』
2022年制作 米
監督:アダム・ニー/アーロン・ニー

≪キャッチコピー≫
『ド派手に探し出せ!』

≪ストーリー≫
新作の宣伝ツアーに駆り出された恋愛小説家のロレッタ(サンドラ・ブロック)は、作品の主人公を演じるセクシーな表紙モデル・アラン(チャニング・テイタム)の軽薄な様子にいら立つ。そんなとき謎の実業家フェアファックス(ダニエル・ラドクリフ)が現れ、彼女は突然南の島へ連れ去られてしまう。彼は小説を読み、ロレッタが伝説の古代都市の場所を知っていると考え誘拐したのだった。一方、ロレッタの誘拐を知ったアランは彼女を助けに島へ急行し、再会した二人は脱出しようとするが、思わぬアクシデントが続発する。

≪感想≫
サンドラ・ブロック&チャニング・テイタム主演作。

インディー・ジョーンズ的な宝探し冒険譚。

さてさて。

・・・う~~~ん・・・。
そこまで盛り上がり切れなかったかな。

全体的に想定内というか、いききれなかったというか。
先日、似たような作品「アンチャーテッド」を観ましたが、
あちらの方が派手でドッカンバッカンやっていましたね。
本作はアクションは結構あったものの、そこまで派手じゃなくって。
テイストもギャグをふんだんに盛り込んだ作風だったので、めちゃくちゃやってほしかった。
コメディ部分もそこまで笑えなかったしね。
残念無念。

本作ではブラッド・ピットも登場していました。
めちゃくちゃカッコよくって、彼のアクションは良い感じでした。
途中退場の仕方も、これはこれで良し!!
もちろん、もったいないっちゃあもったいないんだけど潔くって良し!!

なんだろう。
このお話だったら全体的にカッコよく仕上げてほしかった。
もしくはギャグテイストをめちゃくちゃいききってほしかった。

ふぅ・・・。

そんな感じで。
やっぱり全体的に「普通」な印象。
キャストや恐らく予算的にも豪華なはずなのに、そこを活かしきれていなかったかな。
残念無念。

鑑賞後、色々な記事を読んでお勉強。
どうやら本作は1984年の“ロバート・ゼメキス”監督による『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』という
作品のパロディらしい・・・。

あらやだ。
観たことないや。

それを観たらきっと印象が変わるんでしょうね。
残念無念。

≪点数≫
  4点
                                           (22.12.04鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する