fc2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.2015 『狩りの時間』
No2015 『狩りの時間』
2020年制作 韓
監督:ユン・ソンヒョン

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
希望のない都市、刑務所から出所したジュンソク(イ・ジェフン)は家族のような友人チャンホ(アン・ジェホン)とキフン(チェ・ウシク)、サンス(パク・ジョンミン)と共に新たな人生のための危険な作戦を計画する。
しかし未来へのあふれる期待も束の間、正体不明の追撃者が現れ、命を懸けて彼らを追いかけ始める…。

≪感想≫
Netfrixオリジナル映画。

韓国映画。
一攫千金を狙った若造どもが、お金をゲットしたものの、
謎の殺し屋に追われることになるってなお話。

さてさて。

むむむ・・・。
なんだろう、この納得いかない感じ。

もちろん良かったところもありました。
まず最後の着地は大好き。
あのミイラ取りがミイラになる的な展開。
主人公のジュンソクが復讐のために殺し屋ハンを追っかけるシーンで
終わっていく。
ちょっとワクワク感が出ていて良かったなぁ。

あと、本作のヴィランである殺し屋ハンが良かった。
あの無敵感とこいつに目をつけられたらもう終わり感が◎。

良かったところはこんなもん。

あとはむむむ。
なんでしょう、この主人公たちに肩入れすることができなかったんですよね。
もっと言うと、主人公のジュンソクのわがままで始まったこの負の連鎖。
マッチポンプ感が半端なくって。
どっちかというとお前が加害者だろ!!って思っちゃったんですよね。
それで、親友たちが犠牲になっていくのは納得いかなくってね。
まぁ、だからこそ最後の着地にはワクワクさせられたんですが・・・。

殺し屋ハンの目的もイマイチよくわかんなかったし。
何かのメタファーなのかな。

わっかんないや・・・。

そんなこんなで。
雰囲気は好きでしたが、キャラに魅力を感じれなかった本作。
もう少しアクションがカッコよくっても良かったな。
それこそハンを主役にして殺し屋シリーズで何か撮ってほしいなぁ。
本作に関しては少し物足りなかったです。
残念無念!!

≪点数≫
  4点
                                           (22.03.20鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する