fc2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.2009 『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』
No2009 『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』
2021年制作 米
監督:ウェス・アンダーソン

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
20世紀フランスのとある街には、雑誌「フレンチ・ディスパッチ」の編集部があり、個性的な人々が集まっていた。国際問題はもとより、アートやファッション、美食などのユニークな記事で雑誌は人気があった。だが、ある日仕事中に編集長が急死し、彼の遺言により、フレンチ・ディスパッチ誌の廃刊が決定したため、編集者や記者たちは最終号を発行する。

≪感想≫
大好きウェス・アンダーソン監督最新作。

相変わらずのウェス・アンダーソン印大爆発。

期待を裏切らない作品に仕上がっていました。

どこのコマ、どこのカットを切り取っても絵になるし、素敵な画作り。
とにかくオシャレで最高なんですよね。
本作の世界観と一緒でしゃれた雑誌としても最高。
ただ映像としても最高で、観ているだけでワクワクするというか
ふわふわするというか、キリっとしまるというか。
やっぱりこれは映画としても優れている。

お話に関してはまぁまぁまぁ。
基本的に視覚的情報がとても多いので、お話まで追いついていない状況。
基本、ウェス・アンダーソン監督作品はお話は何となくなイメージがあったりします(苦笑)
本作のストーリーは田舎町の雑誌「フレンチ・ディスパッチ」の
最終号を描いたお話。
様々な記者が担当した記事を映像として描いた内容。

本作の見どころはやっぱり演出。
僕的には中盤のアニメーションが素敵で楽しかったなぁ。
ウェス・アンダーソン監督は前作では「犬ヶ島」、その前は「ファンタスティック Mr.FOX」でストップモーションアニメに
チャレンジしていましたが、次回作あたりで本格的アニメ作品も作って
ほしいなぁなんて思ったり。
あとはとにかく画作りがめちゃくちゃ凝っていて。
先に書きましたが、本当にどこを取ってもウェス・アンダーソン!!
一つの画に描かれる屋敷の全体像とか、おもちゃを観ているよう。
素晴らしい・・・。

キャストの豪華さもウェス・アンダーソン監督作品ならでは。
僕的にはやっぱりレア・セドゥが素敵でしたねぇ。
大好きベニチオ・デル・トロも出ていました。
常連組でいえばオーウェン・ウィルソンやビル・マーレイ、
ティルダ・スウィントン、エドワード・ノートンあたり。
他にも、あんな人やこんな人。
ティモシー・シャラメとシアーシャ・ローナンの美少年、美少女っぷりも
素晴らしかった。
色んな役者をもったいない使い方で映画を彩る。
きっと見逃している方もいるんだろうなぁ。
良いですねぇ・・・。

とにもかくにも。
監督のファンなら間違いない最高の作品。
もれなく私も楽しませていただきました。
今後も作品が発表されたら必ず観に行くであろう監督さんの一人。
次回作はアニメーション作品希望!!
楽しみに待っております!!

≪点数≫
  7点
                                           (22.02.27鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する