fc2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1945 『真犯人』
No1945 『真犯人』
2019年制作 韓
監督:コ・ジョンウク

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
ある晩、ヨンフン(ソン・セビョク)の妻のユジュンが殺害され、不倫関係にあったという彼の親友ジュンソン(オ・ミンソク)が逮捕される。ヨンフンはそれ以来抜け殻のような生活を送っていたが、事件から半年が過ぎたころ、ジュンソンの妻が夫の無実を晴らしたいと彼を訪ねて来る。彼女の訪問をわずらわしく感じながらも、心を動かされたヨンフンは、自分で事件の真相を明らかにしようとする。

≪感想≫
韓国映画。

奥さんを殺された親友に殺された男が、真犯人を探すっつーお話。
二転三転四転。

むむむ・・・。
結構不快な作品でした。
何でしょう、どのキャラにも肩入れできなくって。
お話の作りもあいまってなのかな。
本作は今と過去を交互に映し出していて。
タイトルの通り真犯人は誰だ的な展開なので、少しずつ少しずつ
明らかになっていく真実。
最後があるから、無理やり引き延ばしたり展開させたりしているような流れは
ちょっと強引にも感じたんですよね。
先に書いたようにどのキャラの行動にも共感できない感じ。

奥さんを殺されたヨンフンの行動も謎だし。
なんで真実を話さないんでしょうか・・・。
無実の罪で捕まっているジュンソンもなんで、洗いざらい
話さないんでしょうか・・・。
単なる調子ノリのような気がして・・・。
ジュンソンの奥さんダヨンもそう。
ヨンフンに拉致される男もそう。
みんながみんな、不可解な行動をしているようにしか思えなくって。
とほほ・・・。

最後のオチも嫌いかも。
もう一つ先の光を観たかった。
誰も救われない感じがねぇ・・・。

そんな感じで。
ただただ後味の悪い作品でしたとさ。
残念無念・・・。

≪点数≫
  3点
                                           (21.08.29鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する