■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1458 『アトミック・ブロンド』
No1458 『アトミック・ブロンド』

2017年制作 米
監督:デヴィッド・リーチ

≪キャッチコピー≫
『最強の女スパイ、現る。』

≪ストーリー≫
イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろかすロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)に、新たな指令が下される。それは、何者かに奪われた最高機密クラスのリストを取り戻すというもの。ベルリンを訪れたロレーンを待ち受けていたのは、世界各国のスパイだった。すさまじい争奪戦の中、ロレーンは超人的な戦闘能力を発揮しながら立ちはだかる敵を倒し……。

≪感想≫
シャーリーズ・セロン主演のスパイアクション作品。
シャーリーズ・セロンと言えば「モンスター」で連続殺人犯を演じて
アカデミー主演女優賞を獲ったり「ヤング≒アダルト」では、
イッタいイタい女性を演じたり。
どちらも素晴らしい作品。

そしてアクションスターとしても素晴らしくって。
最近では大好き「ワイルドスピード」シリーズ最新作に、敵役として登場。
これがまた素晴らしくって。

そしてそして、僕的彼女の代表作はもちろん!!
マッドマックス 怒りのデス・ロード」の女戦士、フュリオサでしょう!!!!
めちゃくちゃカッコよくって一気に大好きになりました。

そんな、シャーリーズ・セロン姉さんの最新作の役どころは、女スパイ。
これがまためちゃくちゃ強くってカッコ良いんです!!!!

本作はアクションがとても素晴らしくって。
シャーリーズ・セロン演じるロレーンがバッタバタと敵をなぎ倒していく。
これが無敵感のある強さではなくて、自らも傷だらけになりながら
やっつける。
生々しいバイオレンス描写でカッコいいんだけど痛い。
痛いんだけどカッコいい。
格闘アクションはもちろんのことカーアクションやガンアクション。
どれをとってもしびれる演出で素晴らしかったです。

演出でいえば世界観も独特で。
全体的な色も落ち着いた感じにしていて、少し重めの大人向けの
映像として仕上がっていました。
テイストとしては以前観たスパイ映画「裏切りのサーカス」や近年の
007」シリーズあたりを思い出しました。
ちょっとビターな感じとか。
お話し自体は難解な感じとか(苦笑)

音楽の使い方もカッコ良かった。
遠くの方で音楽が流れているなと思ったら急にバンって大きい音を流したり。
カーアクションシーンの音楽の使い方はカッコ良かったな。
音楽に関しては全体的にカッコよかったです。
サントラ欲しいっす。

お話しについて。
先に少し書きましたがお話し自体は少し複雑で分かりにくかったです。
なんとなく二転三転で着地はピタッといったのですが、
中盤、登場人物たちの関係が少し分からなくなったり。
過去と現在の話を行ったり来たりするので、少し分からなくなったり。
まぁ、これは僕の理解力の足りなさのせいなのですが(苦笑)
とにかく、しっくりきていないというのが本音です。

とはいえ・・・。

全体的には観て良かったと思える素晴らしい作品であることには
間違いなくって。
アクションはカッコ良かったし。
音楽も使い方もカッコ良かったし。
テイストも渋くってカッコ良かった。
そして何より、シャーリーズ・セロンが素晴らしかった!!

これまたシャーリーズ・セロン姉さんの虜になってしまう一作でした。

≪点数≫
  8点
                                           (18.03.20鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト


映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad