FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1262 『はじまりのみち』
No1261 『はじまりのみち』

2013年制作 邦
監督:原 恵一

≪キャッチコピー≫
『人生に立ち止まった時、ひとは、愛を知る』

≪ストーリー≫
戦時中、監督作『陸軍』が戦意高揚映画でないと軍部からマークされてしまった木下恵介(加瀬亮)は、次回作の製作が中止となってしまう。そんな状況にうんざりした彼は松竹に辞表を出し、脳溢血で倒れた母たま(田中裕子)が治療を行っている浜松へと向かう。戦況はますます悪化し山間地へと疎開すると決めた恵介は、体の不自由な母をリヤカーに乗せ17時間に及ぶ山越えをする。

≪感想≫
故・木下惠介監督の自伝的映画。

本作の監督は原恵一さんと言うお方。
調べてみるとアニメ映画の監督さんらしいですね。
ちなみに僕は一つも観たことないかも・・・。

そして、本作のテーマである木下惠介監督の作品も実は一つも観たことないんです・・・。
残念。
「楢山節考」「二十四の瞳」など耳にしたことはあるのですが・・・。

さてさて、本作について。

・・・素晴らしい!!なんでしょうこのグッとくる感じ。
号泣とまではいきませんが、じわりと込み上げる涙をぬぐいながら最後まで鑑賞していました。

うまく言葉にできないなぁ。
なんで、こんなにグッとくるのか。
何でこんなに惹かれているのか。
とにかく素晴らしい作品でした。

お話としては凄く単純。
戦時中の日本。
病気の母を疎開させるために惠介と兄、そして便利屋の三人で母親をリアカーに乗せ、
せっせと山を越えるというお話。

うーーーん、なんでしょう。
とにかく美しいというかグッときたんです。

上手くいえないなぁ。
例えば、時代背景のせいなのか。
例えば、親を思う、子を思う人間力のせいなのか。
例えば、夢を諦めそうになった男の再生のお話のせいなのか。
例えば、時折流れる音楽の美しさのせいなのか。
例えば、演出のせいなのか。
例えば、出てくる役者さん達の達者な演技力のせいなのか。
とにかく素晴らしかったんですよね。

じわりと涙が込み上げたシーンをいくつか。

一つは、旅の途中、宿をやっとこさ見つけた後、惠介が土で汚れた顔を濡れ手ぬぐいで
綺麗にしてあげるシーン。
あの時の惠介の表情、母親の表情。
そしてそれを見つめる周りの人たちの表情。
そしてさりげない音楽。
上手く説明できませんが、このシーンがとてつもなくグッときたんですよね。
本当に素晴らしいシーンでした。

もう一つは、惠介が河原で便利屋と映画の話をしているシーン。
便利屋が自分の作品を素晴らしいと言ってくれている。
自分は間違っていなかったと確信させられる。
惠介の頬を伝う涙。
そこで流れる実際の木下惠介作品「陸軍」のラストシーンが流される。
これがまた良いんですよね!!
このシーンもとても良かったです。

他にもクライマックスの母からの惠介へのメッセージもとても素敵だったし。
最後の木下惠介作品が少しずつ流れているのも素晴らしかった。

役者さん達もとても良かったです。
惠介を演じた加瀬亮さんや兄役のユースケ・サンタマリアさん。
便利屋の濱田岳くんも最高に良かった。
そして何より母親を演じた田中裕子さんがとても素晴らしかった。
あの表情だけで観ている僕らを感動させるなんて、凄いなぁって・・・。

とにもかくにも。
巧く伝えられないのですがとにかく素晴らしかった本作。

故・木下惠介監督の作品を観たいと思いました。
そして、本作の監督である原恵一監督の他の作品も観たいなぁ・・・。

そして何より!!
本作はいずれまた観たいなぁ・・・。
おススメです!!!!!!

≪点数≫
  10点
                                           (16.09.18鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する