■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1196 『ジョン・ウィック』
No1196 『ジョン・ウィック』

2014年制作 米/カナダ/中
監督:チャド・スタエルスキ, デヴィッド・リーチ

≪キャッチコピー≫
『見惚れるほどの、復讐。』

≪ストーリー≫
伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせるも、殺しの仕事から手を引いたジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)。暴力から遠く慣れた毎日に安らぎを覚えていた彼だったが、それをロシアン・マフィアによって奪われる。怒りと憎しみに支配された彼は、封印していた殺しのスキルをよみがえらせ、ロシアン・マフィアへのリベンジを果たすことを決意し……。

≪感想≫
キアヌ・リーブス主演作。
キアヌ作品といえば「スピード」が印象深くって、他には「マトリックス」シリーズかな。
最近は全然見ていないイメージ。
そんな少しロートル感が漂い出した彼の最新作。

本作を観て率直な感想。
「カッコいいキアヌが帰ってきた!!」

良かった所。
ストーリーが面白かった。
殺し屋を引退したジョン・ウィックだったが、車を強盗された上に愛犬まで殺されて
復讐に立ち上がるというお話。
殺した奴はチンピラなんだけど、街を支配するロシアン・マフィアのボスの息子。
ボスは自らの息子が犯した失態に怒り狂うが、息子なだけにほっておけない。
だけど伝説の殺し屋ジョン・ウィックは許さない・・・。
・・・んんーーーどこかで観た事あるストーリーだと思ったら、リーアム・ニーソン主演の
ラン・オール・ナイト」だ。
あの作品も大掴みでは全く一緒ですね。
無敵の殺し屋とは知らずにイタズラしたらやばい物に触れたというおバカなパターン。
バッチバチに復讐を遂げていくのは観ていて爽快でした。

アクションが良かった。
先に書きましたが本作は伝説の殺し屋のお話。
キアヌ・リーブス演じるジョン・ウィックの無敵感を存分に堪能すればいいんです。
本作のアクションはガン+カンフー=ガンフー。
これがメチャクチャカッコ良かった!!
思ったより動けていない感じがしたのも事実ですが、それがまた逆に自らの
体を張った感が出ていて素晴らしかったです。
カンフーというよりかは総合格闘技っぽいと言った感じかな。
あと、銃の使い方も片手でバンバンというかは、両手でしっかりと固定して一撃必殺っぽい
動きで最高でしたよ。
クライマックスのカーアクションも良かったですね。
車をドリフトさせながらのガンアクションはガンフーならぬカーフー(苦笑)。
めちゃくちゃカッコ良かったです。
1つだけ不満を書かせてもらうと、伝説の殺し屋だけに、もう少し無敵感があっても
良かったかなとも思いましたが、そこはまぁまぁまぁ。
ちょっとだけデンゼル・ワシントン主演の「イコライザー」を思い出しました。

キャラクターが良かった。
殺し屋家業から離れたジョン・ウィック。
今回、自らの世界に返ってきた男。
これが、主演のキアヌ・リーブスと見事にマッチしていて。
僕的にはキアヌ・リーブスって一線から離れていた感があるんですよね。
ただ本作で、見事にアクション俳優として復活をしたんじゃないでしょうか。
ルックもかなりスタイリッシュでスマートでカッコ良かったですよ。
スーツ姿が良かったですねぇ・・・。
あと本作、脇を固める奴らも良い感じでした。
特にプロフェッショナルな面々。
ウィリアム・デフォー演じるジョンの親友スナイパーのマーカス。
悪人面でこいつはきっとジョン・ウィックの敵になるなと思っていたらまさかの情に厚い男!!
最高でしたね。
ジョンが宿泊する殺し屋たちが集うホテルのオーナーもクールでシブかったし、
フロントの男も同じくプロフェッショナルで良い感じ。
ホテルにいる闇医者も良かったですね。
とにかく、この裏稼業界隈のキャラクターはとてもいい味出していました。
敵達について。
ロシアン・マフィアのバカ息子のヨセフ・タラソフ。
こいつのクズっぷりはいい味出していましたね。
虎の威を借りる感じが最高でしたよ。
ボスのヴィゴ・タラソフはちょっとパンチが弱かったかな。
もう少しスマートだったら良かったかも。
もしくはもう少し貫録があればねぇと言ったところか。
でもまぁそれでも、最後は雨の中、ジョン・ウィックとバチバチの格闘をやっていたので良しとしますか。
もう一人の敵の女殺し屋ミズ・パーキンズ。
彼女ももう少しパンチがあっても良かったかな。
これはキャラクター、全体的に言える事なんですが、良くも悪くも少し泥臭さが残っていましたね。
もうちょっとだけスタイリッシュよりでも良かったかなと。
ホントにちょっとだけね。

とまぁ、全体的に満足できた本作。
観終わって思い出したのが、トム・クルーズ主演の「アウトロー」。
あの作品もジャック・リーチャーシリーズとして続編が作られるみたい。
本作もジョン・ウィックシリーズとしてどんどん作り続けてほしいなぁ。
先に挙げた「イコライザー」「ラン・オール・ナイト」「アウトロー」。
ここら辺が好きな方は是非ご鑑賞を!!!

≪点数≫
  9点
                                           (16.02.28鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト


映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad