FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1040 『ヤング≒アダルト』
No1040 『ヤング≒アダルト』

2011年制作 米
監督:ジェイソン・ライトマン

≪キャッチコピー≫
『あなたは、ワタシを、笑えない。』

≪ストーリー≫
37歳でバツイチ、恋人もいない、執筆中のヤングアダルトシリーズは終了間近で新作の予定も決まっていない自称作家のゴーストライター、メイビス (シャーリーズ・セロン)は、うかない日々を過ごしていた。そんな中、高校時代の恋人バディ(パトリック・ウィルソン)の妻から子どもが生まれたという内容のメールが届く。バディとヨリを戻し青春時代の輝きを取り戻そうと考えた彼女は、故郷の町へ舞い戻るが……。

≪感想≫
いたたたた・・・。
痛ーーーーい!!
めちゃくちゃハートがチクリ、いや激痛のはしる作品でした。

主人公のメイビスは閉鎖的な田舎町から飛び出し、都会で働いていた。
しかし、現状に嫌気がさしていたその時、昔の彼から連絡が・・・。
メイビスは昔の輝きを取り戻すため、故郷に帰ってみる事にするが・・・。

主人公のメイビス。
まずこのキャラクターが抜群に嫌なヤツで・・・・。
高飛車で、プライドが高くって、過去の栄光をそのまま引きずるヤナ女。
昔の同級生や町の人も彼女を見てはしかめっ面。
放つ言葉は毒・毒・毒。
酒をかっ喰らっては毒・毒・毒。
観ているこっちも
「なんだよ、この女!!ほんっとにイタくて嫌なヤツ!!」
なんて。
彼女がうつ伏せで寝ているシーンは今年屈指のぐうたらシーンではないでしょうか(苦笑)

ただねぇ・・・。
観ているこっちも無条件でこのメイビスの事をけなすことができないんですよね・・・。
もちろんメイビスの行動に良い事なんて全く無かったりするんです。
昔の男を運命の人だと思って、その家庭を壊しに行っているんですから。
しかもそれを一切悪いとも思っていなく、さもそれが当然かのごとくね。
ただ、彼女は彼女なりに今の生活にどこか焦りを感じていて、このまま人生が落ちていくのを
何とか食い止めようとしていたんじゃないのかなと。
その方法は間違っていますが、その気持ちは誰にでも起こり得るし、彼女の行動や言動は
いききっているだけで、その感情は誰の心にもあるもんじゃないのかなと。
もちろん、僕にも。
そんな事を思いながら鑑賞しているとあのシーン。
クライマックスで行われる元カレん家でのパーティーでの毒舌シーン。
あんなに空気が悪くなっていくのは、本当に観ていて辛い!!!!
心が痛ーーーーーい!!
「もう、止めてあげてくれ!!」
って心底思いましたよ。
とにかくこのメイビスに対しての不思議な感情。
共感なのか同情なのか。
イタタタタ・・・。

本作の終わり方もまた変わった終わり方でした。
僕の想像ではメイビスが田舎に帰って、傷つきまた立ち上がり成長して帰っていく
みたいな心温まる感じなのかなと思ったら大間違い。
結局、メイビスは更生しなかったんですよね。
見ようによっちゃあ、メイビスも革新的な物の考えでこの退屈な町を出て行った開拓者。
田舎町ならではのダメな部分も描き、多面的に物事を描く。
なるほどねぇ・・・。

メイビスは根本はきっと変わっていない。
恐らく、今後、会う事があっても嫌なヤツのまんまだ。
ただ昔よりはきっと成長している。
過去を清算し、今の自分を受け入れる事で良い意味で自己肯定力が非常に強くなった。
それはそれで悪くないのかななんて思ったり。
ただ、絶対に友達にはなりたくないけど(苦笑)

全体的に良くできた作品。
鑑賞直後は、正直胸くそ悪い映画だなと思ったのですが、色々思い返すと、
「なるほど・・・。」
と合点の良く、そして意外に後味も良い良作でした。


≪点数≫
  8点
                                           (14.12.21鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト


映画 | 08:00:00 | トラックバック(1) | コメント(4)
コメント
私も観ましたよ~。
自分のサイトでは45点をつけています。
良い点数はつけなかったけど、内容全てを否定はできない
作品でしたよね。

内容や描き方が皮肉でコメディタッチな部分も多いんだけど、
その奥に深い寂しさを感じる映画でした。

最終的にメイビスが元カレを手に入れることができるのかを
描きたかったんじゃなくて、人間の悲しさとか、深さとか、成長する
難しさとかを描きたかったんじゃないかな。

人間がそんなに簡単に変わるはずないし(笑)
2015-01-26 月 20:56:52 | URL | uki [編集]
Re: ukiさん
いつもコメントありがとうございますv-290

> 自分のサイトでは45点をつけています。

おっと、意外と辛口(笑)
ほんとに主人公のメイビスはイタくて嫌な女でしたねー。
ただ、誰の心にもあるイタい部分をきっちりと描いていたなと。

そして終わり方も思っていたのと全然違っていたところも
僕的には好感は持てました。

> 人間がそんなに簡単に変わるはずないし(笑)

ふふふ・・・。
否定したいけど、否定しがたい自分もいるなぁ(苦笑)
2015-01-28 水 19:19:58 | URL | ゆず豆 [編集]
こんばんわ
うふふ♪
感想文の書き始めの文章、ゆず豆さん、ワタシと同じだ(笑)
「た」の数が1個多いだけ(*´з`)
でもほんと、イタタタとしか思えない内容でしたもんね。

綺麗な人にいじわるな人はいない・・・・自論でしか無いのですが、
実際シャーリーズほどの美人なら性格ぜったいエェはずやのに・・・・。
(例外もいるかしら)

昔見たので、すっかり内容忘れちゃってました。
ゆず豆さんのレビューで半分くらい思い出すことができました♪


2015-01-29 木 18:13:06 | URL | mia☆mia [編集]
Re: mia☆miaさん
いつもコメントありがとうございますv-290

> 綺麗な人にいじわるな人はいない・・・・自論でしか無いのですが、
> 実際シャーリーズほどの美人なら性格ぜったいエェはずやのに・・・・。
> (例外もいるかしら)

なるほどー・・・。
mia☆miaさんの持論は「綺麗な人にいじわるナシ」ですかー。
僕的には「綺麗な花には棘がある」なんて言葉があるので、
ちょっとやっかみながら、ダメなところもあってほしい!!
なんて思ったり(苦笑)
けど確かに、綺麗な人で心も澄んでいる人っているんですよねぇ・・・。
ふふふ。
ちと脱線してしまいました。

本作のシャーリーズは絵にかいたような嫌な女でしたね(笑)
イタさ爆発、観ているこちらのハートも痛さ爆発でした!!
2015-02-01 日 18:32:11 | URL | ゆず豆 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ヤング≒アダルト
ヤング≒アダルト [DVD](2012/07/13)シャーリーズ・セロン、パットン・オズワルト 他商品詳細を見る 【YOUNG ADULT 】 制作国:アメリカ 制作年:2011年 メイビス・ゲイリー(オスカー女優シャーリーズ・セロン)は ティーン向け小説のゴーストライター。高校時代、学校中の 憧れの的だった彼女は、かつての輝きを取り戻すため、今で は妻子のいる元カレとヨリを...
2015-01-29 Thu 18:08:57 | miaのmovie★DIARY

FC2Ad