FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1017 『アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ』
No1017 『アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ』

2009年制作 仏
監督:フィリップ・ファラルドー

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
2013年、パリ郊外のバンリュー13地区。相変わらず犯罪多発地区とされ続けている同区で、警官が射殺される事件が発生。政府ではバンリュー13の一掃計画が持ち上がるが、陰謀のにおいをかぎ取ったレイト(ダヴィッド・ベル)は、麻薬所持の濡れ衣を着せられ、投獄されたダミアン(シリル・ラファエリ)を脱獄させようとする。

≪感想≫
フランス発ヨーロッパコープ作パルクール(移動術)アクションシリーズ第二弾。
前作はその体術と言うかアクションに唸るばかり。
メチャクチャカッコ良かったです。

さて続編となる本作は・・・。
「やっぱり、すげーーーー!!イケてる!!」

まずはストーリー。
前作に引き続き粗挽き感満載。
ツッコミ所が多々あって、呆れ笑いが止まりません。
例えば政府のずさんさ、と言うか政策のずさんさ。
フランス政府は悪の吹き溜まりと化した13地区を壁で囲って隔離している。
そもそもこの政策自体がとてもナンセンス。
これぞマンガ、フィクションの世界です。
例えば、警察警備の甘々感爆発。
いとも簡単に己の肉体だけで脱獄ができる。
ピンチを切り抜けられる。
こりゃもう、なんだかなぁと・・・。

ただね・・・。
この粗挽きなストーリー、設定のおかげで楽しめているのもまた事実。
先に書いた己の肉体だけで様々なピンチを切り抜ける。
これぞパルクールアクション!!
観ていてこんなにも気持ちのいいものはない。
ピョンピョン飛び跳ねて、四方八方飛び回る。
オマケに格闘アクションもカッコイイときたもんだ。
とりあえずパルクールアクションのYou Tube映像を見つけたので貼っときます。

最高にカッコいい!!

本作、ふと思ったんですが「ワイルド・スピード」シリーズに似ているなぁ。
悪たちが手を組んでさらなる悪をぶったおす的な感じとか。
軽いノリとかカーアクションとか。
エンディング後のおまけも少しそんな感じがしたし。
どちらかが影響を受けているんじゃないぁなぁ・・・。
ただ、本作については、それぞれのキャラ立ちが上手くいっていませんでしたね。
クライマックスで仲間になる各ギャングのボスたち。
見た目、異名的にはとてもいい味出していたのに、そこまで活躍しなかったんですよね。
それぞれにもっと活躍の場を与えてほしかったな。
もったいないない。

主役の二人は相変わらずカッコ良かったですよ。
レイト(ダヴィッド・ベル)はパルクールアクション担当。
ダミアン(シリル・ラファエリ)は格闘アクション担当。
二人のPVとして観ても良いですね。
とてもカッコよく映っておりました。

とにもかくにも。
これぞ王道ヨーロッパコープ作品。
スカッとしたいときには持って来いの1作です!!


≪点数≫
  7点
                                           (14.10.12鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する