FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1003 『パトリオット・ゲーム』
No1003 『パトリオット・ゲーム』

1992年制作 米
監督:フィリップ・ノイス

≪キャッチコピー≫
『愛する妻と娘のために 名誉も国も捨てる…』

≪ストーリー≫
偶然現場に居合せた事からテロ事件を阻止したライアンだったが、弟を殺されたテロリストは私怨のためにライアン一家を狙い始める……。

≪感想≫
「ジャック・ライアン」シリーズ第2作目。
時系列的には前作の少し前のお話らしいです。
ジャック・ライアン役もアレック・ボールドウィン⇒ハリソン・フォードへ。

さて2作目。
「おぉーーー、面白ーーーい。」
前作を観た時、自分が思っていたようなジャンルではなくって、少し拍子抜けしたんです。
もちろん、とても良い作品だったんですが、観たかったものと違うみたいな・・・。
本作はその世界観を踏まえて観たので、とても楽しめました。

理由はいくつか。
まず、本作では完全にジャック・ライアンにスポットを当てていたという事。
ジャック・ライアンに降りかかる受難。
冒頭、たまたまテロリストを成敗したら、それを恨まれ家族ごと狙われることに。
そして実際に妻と娘がテロリストに襲われてしまう。
ここからジャック・ライアン力爆発!!
徐々に徐々に犯人グループを追い詰めていくところは、緊張感もあり見応え抜群でしたよ。
本作は分析官らしく、知的に敵を追い詰めていました。
とにかく本作は、このジャック・ライアンの魅力が満載でした。

次にストーリー、演出について。
本作も前作に負けず劣らずの予定調和的なお話でしたが、ジャック・ライアン家族が狙われ続けるという
絶え間ない緊張感を、巧みに演出し見応えのある作品に。
中盤、テロリスト集団の居場所を突き詰めて、空爆で仕留めるシーン。
レーダー、衛星映像で見るそのシーンはとても無機質で人が殺されているとは感じる事ができない。
戦争なんてこんなもんなんだとゾッとしたり。
人が亡くなっているという感覚が麻痺してしまいそうな、それこそゲームを見ているような感覚。
怖いなぁ・・・。
そこから一転、クライマックスのジャックとの攻防戦。
暗闇の中での追いかけっこはとても良かったです。
前作の時にもっとアクションをド派手になんて書きましたが、本作のアクションもそこまで派手ではなくって。
ただ、それがとても良かったんですよね。
ジャックのできる限りの能力で必死にトラブルを解決する感じが、良い緊張感に繋がって。
「いくらなんでも、もうこりゃダメだ。」
なんて思っていても、何とか切り抜ける。
そこが気持ち良かったりね。
とても上手な演出だったと思います。

敵役も良かったですねー。
弟を殺されたミラーのジャックへの執念は鬼気迫るものがあり、ついには仲間まで殺してしまいます。
そこは少し「ん!?」と思いましたが、流れ的には◎。
演じているのはショーン・ビーンと言うお方。
どこかで観た事あるなぁ・・・。

などなど、とても見応えのある作品でしたよ。
少し気になった点を。
ちょっと矛盾してしまうかもしれませんが、前作にも言えるんですが、原作本をかなりカットしている
部分もあるんじゃあないでしょうか。
たまにですけど、ブツッとお話が進んだり、ちょっと説明が足りないなという部分もあったりしたもので。
そこは少し残念でした。

さぁ、次回作次回作。


≪点数≫
  7点
                                           (14.09.07鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
>前作にも言えるんですが、原作本をかなりカットしている
>部分もあるんじゃあないでしょうか。
>たまにですけど、ブツッとお話が進んだり、ちょっと説明が足りないな
>という部分もあったりしたもので。
>そこは少し残念でした。

それは私も感じましたね。
時々「ん?」って思うんですよね~。

でも、スピード感とか、勝手な推測とかで、なんとなく曖昧でも
鑑賞することはできますよね(笑)

適役のショーン・ビーンは、「ロード・オブ・ザ・リング」の
ボロミア役しています。
昔はテロリストばかりでしたが・・・。

私的には、奥さん役のアン・アーチャーが好きです。
彼女ほどケガとか包帯の似合う女優さんはいないんじゃないかと
思うくらい、このシリーズではよくケガしている気がします。
最近はあまり見かけませんが「危険な情事」では
夫の愛人から命を狙われる奥さん役で、やっぱりケガしていましたね。

話がちょっとずれちゃいましたが、、、
「ジャック・ライアンシリーズ」楽しんでもらえているようで嬉しいです。
私も近々未鑑賞の「トータル・フィアーズ」観てみます!
2014-10-27 月 22:13:53 | URL | ukiです [編集]
Re: ukiさん
いつもコメントありがとうございますv-290

> 適役のショーン・ビーンは、「ロード・オブ・ザ・リング」の
> ボロミア役しています。
> 昔はテロリストばかりでしたが・・・。

実は「ロード・~」シリーズは未見なんです。
「ホビット」シリーズもやっているので、観たいとは思っているのですが。
全部そろってから観ようかとも思ったり・・・。
原作本は少し読んだことあるんですけどね。

「ジャック・ライアン」シリーズ楽しんでますよーー!!
ご紹介ありがとうございます。
本作、原作では大統領にまでなるらしいですよ!!
すげぇーーーー!!
マンガ「島耕作」のアメリカ版みたいな(笑)
2014-10-29 水 21:16:19 | URL | ゆず豆 [編集]
へぇ~、大統領!
すごい出世(笑)
クリス・パインの「ジャック・ライアンシリーズ」がそこまで行けばいいけど。
続くかなぁ・・・。

そういえば先日、「トータル・フィアーズ」」を借りに行ったのですが
レンタル中で、、、こんなマイナーな映画、借りる人いるんだなって
思ったんですが、「もしかして、ゆず豆さんだったりしてー」って一人で
ニヤニヤしちゃいました。
2014-10-30 木 17:37:12 | URL | ukiです [編集]
Re: ukiさん
いつもコメントありがとうございますv-290

へぇー、へぇー、へぇー。
「トータル・フィアーズ」借りられていたんですね。
残念ながら僕もまだ観ていないんですよ(苦笑)
そのひとつ前までは観たんですが。
しかし、確かにこんなにマイナーな作品が今時、借りられているなんて・・・。
シンクロニシティってやつですかね。
不思議ですね(笑)
2014-10-30 木 21:16:14 | URL | ゆず豆 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する