FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1002 『レッド・オクトーバーを追え!』
No1002 『レッド・オクトーバーを追え!』

1990年制作 米
監督:ジョン・マクティアナン

≪キャッチコピー≫
『トム・クランシー原作 巨額の製作費で描く世界的超ベストセラー映画化--』

≪ストーリー≫
1984年11月、ソ連の原子力潜水艦「レッド・オクトーバー」が大西洋に向けて出航、ソナー探査も掻い潜る最新型動力を備えた原潜の不穏な動きに動揺するばかりの米国だったが、ソ連海軍きっての伝説の人物ラミウス艦長をはじめとする士官メンバーたちの目的は米国への亡命だった。やがて、レッド・オクトーバーの撃沈にソ連が奔走している事を知った米国では、ラミウスの錯乱状態での攻撃と云う最悪のケースに備えての防衛策が講じられようとするが、実はラミウスが出航前にリークしていた情報も、米国側に亡命の意思を悟らせる為の意図的なものだった事に気付いたCIAアナリストのジャック・ライアンは、その真相を確かめるべく一触即発の緊張感も高まる大西洋に向うのだが・・・。

≪感想≫
シリーズ物を観てみようという事で、ブログ仲間のukiさんから教えてもらった、
「ジャック・ライアン」シリーズ第1作目。

原作者はトム・クランシー。
本作をきっかけにこのシリーズは10作以上発刊されているみたい。
映画化は本作を含めて全5作。

さて1作目。
「あれ・・・思ってたのとちがーーーう。」
シリーズ物で、人物が看板になっているから、もっとヒーローがドンパチやらかすものと
思っていましたよ。
それこそ、
ダイ・ハード」シリーズ的な。
ボーン・~」シリーズ的な。

そんなドンパチではなく、政治を絡めた大人な作品でした。
ukiさんからのポイントとして「社会派」と言う部分を忘れていましたよ(苦笑)

それを踏まえて観ればこんなにも緊張感溢れる作品は無い。
ロシアのS級潜水艦が亡命を試み、アメリカ、ロシア領艦隊から追い込まれる。
凄腕艦長の活躍。
CIAの暗躍。
部下の裏切り。
気持ちのいい着地。
基本的に予定調和な作品。
ukiさんがおっしゃっていた「アメリカ万歳」的な。
(ロシア人のお話なのに、全て英語で会話が成り立っているとことかちょっと苦笑。)

このオールドスタイルのスタンダード感がまた良かったりもするんですよね。
監督はなんと「ダイ・ハード」のジョン・マクティアナン。
なるほど、脚本は丁寧でした。

本作ジャック・ライアンシリーズと銘打っておりますが、主役はショーン・コネリー演じる
ラミウス艦長。
軍人であることに嫌気がさし自由を求め亡命する。
彼の潜艦乗りとしての冷静さ、知的さにはしびれあがりましたよ。
時折り発するロシア語もカッコ良かった。
まさにいぶし銀俳優さん。
それに比べジャック・ライアンはそこまで活躍しませんでしたね。
まぁ、分析官と言う肩書にしては八面六臂、命がけのミッションでしたが(苦笑)
もう少し、ド派手なアクションを期待していたので少しだけ残念だったかな。

とは言え、何だかんだで楽しめた本作。
潜水艦の戦い方とか、なかなか見る事ができなかったので新鮮でしたよ。
次回作はどういう展開を見せるのか。
楽しみです!!

潜水艦を取り扱った作品と言えば。
かわぐちかいじの漫画「沈黙の艦隊」を思い出す。
あれもメチャクチャ大傑作です!!


≪点数≫
  6点
                                           (14.09.06鑑賞)


こちら漫画「沈黙の艦隊」。
大傑作です!!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!
スポンサーサイト





映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
ゆず豆さん、さっそく観てくれたんですね。
そう、このシリーズは社会派ですよ(笑)
でも、時々みせる緊迫した戦闘シーンや、密室(潜水艦)のなかでの
人間関係とか、そういう静かな戦いがメインだと思います。

それに、いま振り返ると結構有名な俳優さんが勢ぞろい。
サム・ニールとか、スコット・グレン等々。

この「ジャック・ライアンシリーズ」の中では、一番渋い作品だと思います。
ハリソン・フォードのシリーズはもう少しドンパチが多めかも。

あまり続けて観ず、時々思い出した時に観てもいいかもです(笑)

あと、先日このシリーズの紹介した時に、ジャック・ライアンが
アレック・ボールドウィン→ハリソン・フォード→クリス・パインと
続くと言いましたが、一人抜けてました。(それは私も観鑑賞。)

ハリソンフォードの次はベン・アフレック
(映画タイトル:トータル・フィアーズ)その後が、クリス・パインです。

余談ですが、クリス・パイン主演の「エージェント:ライアン」に、
ケビン・コスナーが出演しています。
彼は「レッド・オクトーバーを追え」のライアン役のオファーを断った
経緯があるそうです。

ちょうど「ダンス・ウィズ・ウルブズ」の撮影とかぶっていたとか
なんとか。
ジャック・ライアンを演じていれば、それまでに稼いできたお金よりも
ずっと高額な報酬を得られるのにもかかわらず、自分の家を担保にして
「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に挑んだそうですよ。
2014-10-25 土 12:32:17 | URL | ukiです [編集]
Re: ukiさん
いつもコメントありがとうございますv-290

ukiさん、ご紹介ありがとうございました!!
楽しく鑑賞させていただいていますよー。
今は3作目まで鑑賞しました。
レビューは後日になりますが、僕的にはどんどん良くなっている
気がします。

本作は、ukiさんのおっしゃる通り、一番渋い作品でしたね。
特に、ショーン・コネリーが抜群!!
めちゃくちゃカッコ良かったです。

ケビン・コスナーの余談、興味深いですね。
「ダンス・ウィズ・ウルブズ」ですか。
未見ですが、凄い良い作品だという事はよく聞きます。
そちらも興味あるなぁ・・・。

2014-10-26 日 20:27:49 | URL | ゆず豆 [編集]
>ケビン・コスナーの余談、興味深いですね。
>「ダンス・ウィズ・ウルブズ」ですか。
>未見ですが、凄い良い作品だという事はよく聞きます。
>そちらも興味あるなぁ・・・。

私は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」、映画館で観ましたよ。
スケールは大きかったけど、結局は主人公の孤独な戦いというか、
いろんな葛藤があったりして、私は好きでした。

ただ、人種差別が題材の1つだったりするので、
そこらへんはちょっと観ていて辛かったかなー。

でも、インディアン(今はネイティブアメリカンって言うの?)の
顔立ちとか、髪の毛の感じとか、衣装とか、、元々好きなので
観ていて「かっこいい~」って思いましたよ。
2014-10-27 月 22:19:22 | URL | ukiです [編集]
Re: ukiさん
こちらもコメントありがとうございますv-290

「ダンス・~」はインディアン系なんですね。
昔、インディアン系で「ラスト・オブ・モヒカン」なんて
良作がありましたが・・・。

孤独な戦いや、色んな葛藤。
ちょっと重めの作品の予感。
やっぱり興味があります。
ちょっと探してみまーす。
2014-10-29 水 21:20:03 | URL | ゆず豆 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する