fc2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.2217 『パーフェクト・ドライバー/成功確率100%の女』
No2217 『パーフェクト・ドライバー/成功確率100%の女』
2022年制作 韓
監督:パク・デミン

≪キャッチコピー≫
『私は絶対
   失敗しない
 今度のブツは泣き虫の男の子――。』

≪ストーリー≫
訳ありの荷物を届ける特殊運送会社で、ウナは天才的なドライビングテクニックを駆使して運び屋をしている。ある日、ウナは海外逃亡を図る賭博ブローカーと息子のソウォンを港へ運ぶ依頼を受ける。しかし思わぬアクシデントで悪徳警官と殺し屋に追われる事態に。

≪感想≫
韓国映画。

凄腕ドライバーが悪の組織から少年を助けるっつーお話。
何気に良くありそうな設定ですが、主人公が女性という事と韓国発という事で
鑑賞してみましたよ。

さてさて。

こんなこと書くとめちゃくちゃ怒られそうなんですが、本作で登場する子どもが
ちょっと憎たらしかった・・・(苦笑)。
可愛さを前面に押し出している演出がちょっとなぁ・・・。
すっごい生意気で全然同情できなかったんですよね。
もう少し素直でいてほしいな。
そもそもこの子の父親って悪いことしてたんですよね。
そこにもあまり肩入れできなくって。
もっと共感させてくれる描き方をしてほしかったです。

もちろん良いところもあったんです。
と言うか基本的には好きなキャラクターだらけだったし、何より
アクションが素晴らしかったんですよね。
キャラクターで言うと主人公のウナのクールな感じとか大好きだったし。
ウナの会社の上司とか外国人の同僚とか愛すべきキャラクター。
なので、やっぱりあの上司が単純に巻き込まれで殺されるのは観ていて
イラっとしちゃったり。

アクションについて。
クライマックスのウナのバーサーカーモードは素晴らしかった。
あんなにアサシンスキルがあるなら序盤ももっと活躍できたのでは(苦笑)
序盤中盤はカーアクションが多め。
細い路地をドリフトを駆使して敵から逃げ回る。
ここら辺は観ていてとても気持ちが良かったです。

そんなこんなで。
良いところもたくさんあったのに、先に書いた男の子のノイズのせいで
ひっかかりも多かったかな。
まぁまぁまぁ。

≪点数≫
  4点
                                           (23.11.26鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト



映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)