fc2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.2181 『君たちはどう生きるか』
No2181 『君たちはどう生きるか』
2023年制作 邦
監督:宮崎 駿

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
なし

≪感想≫
宮崎駿監督最新作。

私と駿作品。
何作かは観たことがある程度。
例えば「崖の上のポニョ」や「千と千尋の神隠し」も観たんですが、
正直、よく分かんない部分も多かったり。
「もののけ姫」が一番好きな作品かな。
けっこうな、駿弱者、もっと言うとジブリ弱者な私。

そんな私ですがいざ劇場にて鑑賞してまいりました。

お話について。
・・・正直、よく分かりませんでした。
何となく繋がってはいるんですが、あまり何を言いたいのかどこに向かっているのかが
分かんなくって。
途中途中、キーワードが出てきて恐らくこういう事なんだろうというメッセージは
見え隠れするものの、理解することができていない印象。
なんだかなぁ・・・。

アニメーションは古き良き時代のアニメって感じ。
昨今「THE FIRST SLAM DUNK」やら「スパイダーマン:スパイダーバース」やら革新的な
アニメーションが出てきていて。
本作はその波に乗らずに独自の、それこそ宮崎駿印のアニメーションを
進化させてきた感じ。
クライマックスのアニメーションはとても見応えがありました。

本作を語るにあたり、どうしてもスルー出来ない要素が。
それは宣伝方法について。
本作は予告やあらすじなど公表しなくって宣伝を全くしない手法。
これが吉と出たのか凶と出たのか分かりませんが、僕的には
もったいなかったという印象。
例えば同様の方法でメガヒットしている「THE FIRST SLAM DUNK」がありますが、
あれは漫画が原作で作者の井上雄彦先生が監督をするという、ある意味どでかい予告が
成り立っているから良かったのであって。
今作に関しては宮崎駿という巨匠の新作、ジブリの新作という1点だけで突っ切るには
やっぱり物足りなかったのかなと。

そんなこんなで。
お話はよく分からなくって、アニメーションだけ楽しんだ印象。
もう少し勉強せねば・・・。

鑑賞後、わからない部分が多すぎて様々な方の考察を拝読。
そこで合点の良く考察が。
「これは宮崎駿監督の自伝的作品だ」
母への想いやこれからの者たちへのメッセージ、そして現代社会への提言。
なるほどねぇ・・・。
少しだけ理解できた・・・かな???

あと、宮崎駿監督の集大成的な感想もちらほら。
僕はそこまで観ていないしハマっていないので、ファンの方から
色々と聞いてみたいな。

とりあえず劇中にも出てきた本作のタイトルである児童書
「君たちはどう生きるか」を読まなくちゃ。

そうそう。
本作は声優さんが豪華でしたね。
キムタクと菅田将暉は分かりましたが、それ以外は全然分かりませんでした。
歌手のあいみょんも担当されていたんですね。
全く気づきませんでしたよ。
多才ですなぁ・・・。

≪点数≫
  5点
                                           (23.07.29鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト



映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)