FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1898 『家族を想うとき』
No1898 『家族を想うとき』
2019年制作 英/仏/ベルギー
監督:ケン・ローチ

≪キャッチコピー≫
『毎日、抱きしめて。』

≪ストーリー≫
マイホームを持ちたいと考えている父のリッキーは、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立する。母のアビーは、介護士として働いていた。夫婦は家族の幸せのために働く一方で子供たちと一緒に居る時間は少なくなり、高校生のセブと小学生のライザ・ジェーンはさみしさを募らせていた。ある日、リッキーが事件に巻き込まれる。

≪感想≫
とんでもなく刺さる作品に出会ってしまいました。
重い・・・。
痛い・・・。

イギリスのとある家族のお話。
リッキー(父)は家族と借金返済のために日雇い労働(配送業)で働いていて。
アビー(母)も家政婦(ヘルパー?)として馬車馬のように働いていて。
息子(お兄ちゃん)は最近反抗期っぽいし。
娘(妹)も少しづつ多感になっているようで。

負の連鎖が止まらない。
家族の生活のために親父は死に物狂いで働いて。
そのおかげで、家族との時間も減り、息子はグレる始末。
皆のストレスはたまる一方で観ていてとてもやるせなくなる。

基本、この家族は想いあっている。
根っこの部分の絆は深く、根っこの部分の人間性はとても
常識的な人たち。
それこそ、どこにでもありそうなありきたりであたりまえの一家族。
微笑ましい会話や楽しそうなやり取り。
そんな家族を壊しているのは「社会」だったりして。

例えばリッキーが働く配送業にしてもそう。
めちゃくちゃ正論っぽい理不尽な対応にとんでもなくやるせなくなる。
ただ、リッキーの雇い主であるあいつもめちゃくちゃ悪い奴には見えなくって。
なんでしょう、そもそものこの配送業の持つシステムがダメなんじゃないかって。
そして、そのシステムの恩恵を受けているのは誰でもない僕らであって・・・。
いたたたた・・・。

あまりにも救いがなさすぎてね。
この家族はそれでも生きていかなければならない。
彼らの未来はどうなっていくのか。
劇的に変わることもない気がして。
どんより重くなっていく。
沈んでいく気持ち。
はぁ・・・。

そんな感じで。
とても重くて痛い作品。
とても身近で明日は我が身とも思わせてくれる作品。
すぐ傍で起こっていると感じさせてくれる監督の手腕には脱帽。
傑作なのは間違いないんです。
ただ、やっぱり思い出すと胸が苦しくなる。
こりゃいかん・・・。
救いをくれい!!!!

何だろう・・・。
この手の映画を観るのが結構辛くなってきている・・・。
現代社会を巧みに描き出していて、身近に感じているし、
色々、考えさせられることもたくさんある。
映画としてもとても優れているし、観るべき映画なのは
わかっているのですが・・・。

ふぃ~~。

≪点数≫
  1点
                                           (21.02.23鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト



映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1897 『ブルータル・ジャスティス』
No1897 『ブルータル・ジャスティス』
2018年制作 カナダ/英/米
監督:S・クレイグ・ザラー

≪キャッチコピー≫
『正義を棄てた日
    男たちの運命が
       交錯する――』

≪ストーリー≫
強引な逮捕をしたことから6週間の無給停職処分を下された、ベテラン刑事のブレット(メル・ギブソン)とその相棒トニー(ヴィンス・ヴォーン)。家族のためにも金を得なければならないブレットは、トニーを誘って不穏な動きを見せる犯罪者をマークし、闇取引の金を奪う計画を立てる。監視していたボーゲルマンという犯罪者とその仲間が動き出し、その後を追うブレットとトニーだが、想像だにしない事態に直面してしまう。

≪感想≫
メル・ギブソン主演作。
そういやメル・ギブソンって久しぶりに見たかも。
なんか、メル・ギブソンって何かしら問題を起こして炎上しているイメージが
あるんですよねぇ・・・。

まぁまぁまぁ。

本作について。

すっごい独特でバイオレンス大爆発な作品。
とても大好きな作風でした!!

何でしょう。
妙に無駄なシーンが多いというか。
もっとテンポよく,サクサク進めることもできるのに、謎のシーンや
間延びしたシーンが多くって。
駄話が多かったり。
ただ、それが別に苦痛でもなんでもなくって観ていられる感じ。
途中で銀行強盗される女性の日常を描いたシーンが始まるのですが、
その後、彼女がどう関わってくるのかドキドキして見ていると、
まさかのフェードアウトの仕方!!
これには驚かされましたよ。

あと、本作って絶妙にエグくってバイオレンスなシーンが満載。
拳銃ぶっ放して手の指が破裂したり。
ショットガンぶっ放して頭が吹っ飛ばされたり。
最高かよ。

しかも本作ってそこまで音楽がなかったような。
突然訪れるバイオレンスと、そこらかしこにある不穏な空気は
緊張感たっぷりでね。
のめり込むように鑑賞することができました。

二転三転する物語。
ただその先にはきっと嫌なことしか待ち受けていない雰囲気がビンビンで。
「静」と「動」を巧みに使い分けた演出とお話はとても僕好みでした。

そんな感じで。
大人の映画というか、ちょっとマニアックな作風に仕上がっていた印象。
僕的にはとてもハマってしまった本作。
監督はS・クレイグ・ザラーというお方。
こりゃ覚えなきゃ。

調べてみると他には「トマホーク ガンマンVS食人族」なるタイトルが・・・。
なにこの魅力的なタイトル!?
要チェックや・・・。

≪点数≫
  9点
                                           (21.02.20鑑賞)


なにこのタイトル!?
魅力的!!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)