FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1671 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』
No1671『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

2019年制作 米
監督:デヴィッド・リーチ


≪キャッチコピー≫
『Join the Family』

≪ストーリー≫
元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と元FBI特別捜査官ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)は、政府から協力要請を受ける。内容はデッカードの妹で、肉体を改造したテロ組織のリーダー・ブリクストン(イドリス・エルバ)に襲われて行方不明になっているMI6エージェントのハッティ(ヴァネッサ・カービー)を保護するというものだった。ハッティが取り戻した人類の半分を死滅させるウイルス兵器の回収を最優先するため、二人は渋々組むことにする。

≪感想≫
大好きワイルド・スピードシリーズ最新作。
とは言え、本作はスピンオフ作品。

ロック様演じるルーク・ホブスとどウェイン・ジョンソン演じるデッカード・ショウが
コンビを組んで暴れまわる作品。

僕的には2大ハゲ頭アクションスターのバディものというだけで、
テンションガン上がり!!!!

実は私、本作が楽しみすぎて予告編を何度も観てしまっていて。
しかも他の映画を観る前の予告でも結構流れていたんですよね。
正直、食傷気味になってこれって観たのと変わんないんじゃないかなぁって
だんだん不安になってしまった自分がいてね。
だって、予告がなんか最初っから最後までのダイジェストっぽい作りになっていたし、
アクションもメガ盛り予告だったんだもん・・・。
ドキドキ・・・。

そんなこんなで、これ以上鮮度が落ちる前に劇場にて観賞して来ましたよ!!

・・・うん!!
問題ないない。
観たかったスーパーコンボを観せてもらいました!!!!

本作の売りは何と言っても2大ハゲ親父の強烈な魅力とド派手なアクション。
そこはこれでもかというほど詰まっていて、大満足。

主役の二人がまずカッコいい。
先にちょっと不満を書きますが、ホブスとショウのやり取り。
ず〜〜〜っと罵り合いでイチャイチャキャッキャ。
少しだけ不満を書くと最初は楽しく微笑ましく観ていたんですが、
最後の最後まで一定のテンションで罵り合いするもんだから、
ちょっとクライマックス付近では辟易してね。
もちろん、これはこれですっごい楽しかったんですが、もうちょっと
抑揚をつけて付かず離れずな感じの間を観たかったかなぁ。
まぁまぁまぁ。
あとはもう、みんなが観たい二人がこれでもかっていうほど映し出されていました。
何でしょう、絶対に負けるわけもなく、ピンチになっても全然心配じゃない。
どうせ勝つんだからその勝ち方を堪能しようじゃあないかってなもんで。
二人のキャラクターの対比も素晴らしかったしね。
ホブスはワイルド。
ショウはスマート。
時折、笑いを入れながらバッチバチのアクションを繰り広げる。
良いですねぇ・・・。

本作はヴィラン(ブリクストン)も良かったですよね。
まさかのサイボーグ。(笑)
こいつがまた強くって強くって。
無敵感も半端なくってホブスとショウの相手はこれぐらいじゃなきゃ。
ちょっと何でもあり感は否めませんですが、これはこれでアリじゃんってね。
こいつの一挙手一投足がいちいちかっこ良くって。
特に愛用しているメカバイクがさいっこう!!
乗りたぁ〜〜い。
なんだよあの無敵感。
最高でしたよ。

デッカード・ショウの妹であるハッティ・ショウもめちゃくちゃ動けて
アクションもバンバン!!
すっげぇイケていました。

全体的に、「ワイルド・スピード」感はそんなにないように感じたり。
アクションについてもカーアクション、バイクアクションはもちろんあったんですが、
バトルアクションもメチャクチャ多くって。
先に書いた、予告編がダイジェストなんじゃないか説は一蹴!!
あれやこれやとメガ盛りのアクションシーンは圧巻。

ストーリーについてははっきり言ってメチャクチャ(苦笑)。
ツッコミどころもたっくさん。
そこを指摘するような作品じゃないので問題ないのですが、
僕的に一番笑っちゃったのが、ハッティの体内からウイルスを抽出する
すっごいメカをホブスの兄ちゃんが普通に直せたのが、
いくらなんでも感があって思わず笑ってしまいましたよ。
あと、本作って先に書きましたが本筋のワイルド・スピードとは
テイストが違っていたんですがテーマについては一貫性があったかな。
それは「家族」のお話。
しかも本作は完全に血の繋がった「家族」の再生のお話に仕上げていましたね。
ラストのショウ一家の再会は少し微笑ましかったです。
けど、確かデッカードには弟もいたよなぁとふと思ったり。
まぁまぁまぁ。

魅力的なアクション。
魅力的なキャラクター。
大満足のスピンオフ作品に仕上がっておりました。

若干気になったのが、本作も続編があるっぽい作りになっていて。
本作はあくまでもスピンオフなんだから、本編の方をどんどん
盛り上げて欲しいなぁ・・・。
なんだか、あまり良くない噂を耳にしたんだよなぁ・・・。
このままロック様が本筋から外れていく的な・・・。
ヴィン・ディーゼルとケンカした的な・・・。
嫌だよぅ!!
ファミリーがテーマなのにそりゃあないぜ!!!!

またみんなが仲良くワイルド・スピードしてくれるのを待ってますぞ!!!!

≪点数≫
  8点
                                           (19.08.07鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト



映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)