FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1011 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
No1011 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

2014年制作 米
監督:アンソニー・ルッソ, ジョー・ルッソ

≪キャッチコピー≫
『「アベンジャーズ以外、全員敵。」』

≪ストーリー≫
アベンジャーズのメンバーとして戦ってから2年、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)はS.H.I.E.L.D.(シールド)の一員として活動していた。ある日、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)を世界屈指の暗殺者ウィンター・ソルジャーが襲撃。さらにウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカの親友で第2次世界大戦で亡くなったバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)で……。

≪感想≫
大好きアベンジャーズシリーズ最新作。
今回はキャプテン・アメリカ第二弾!!

この手の作品は映画館で観たいと思っていたのですが、都合が合わず断念。
DVDレンタルが開始されたのでいざ鑑賞。

さて本作。
「やっぱり最高アベンジャーズ!!!!」
観たいものをしっかりと観せてもらいましたよ!!

まず何と言っても各キャラクターが立っていてカッコいい!!

キャプテン・アメリカ。
「アベンジャーズ」の中でも一番地味目なキャプテン・アメリカ。
地味なんだけど誠実で正義のヒーロー。
己の肉体を駆使して八面六臂の大活躍。
彼が使う肉弾戦アクションは朴訥ながらも、そのキャラクターが前面に出ていて
シビれあがりまくり!!
この馬鹿がつくほど真面目な感じがとっても好感を持てるんですよねー。
アイアンマン(トニー・スターク)の3枚目っぷりも好きですが。)

ブラック・ウィドウ。
彼女の格闘術がとにかくカッコいい!!
マーシャルアーツを使った関節技やアクロバティックなアクションにシビれあがりまくり!!
彼女の理知的で、かつ優しさがにじみ出ている感じがまた良いんですよねぇ・・・。

ファルコン。
本作で初めて味方になった翼を扱う元軍人。
彼も生身の人間とは思えないほどの活躍っぷり。
クライマックスの飛行アクションシーンにシビれあがりまくり!!

ニック・ヒューリー。
「アベンジャーズ」のボス的存在の彼。
彼も彼でその状況打破能力はハンパない。
序盤、敵に襲われて危機から脱出するカーアクションシーンにシビれあがりまくり!!

他にも味方で言えば、シールドの女エージェントや、キャプテン・アメリカのお隣さんの女性職員。
それぞれにきっちりと見せ場があって、またそれがとてもカッコ良くって。
本当に最高のキャラクター達でしたよ。

キャラクターで言うと、何と言っても本作の敵役であるウィンター・ソルジャー(バッキー)!!
前作のレビューでバッキーがいなくなっちゃったのを残念に思っていた私。
なんとなんと!!
本作で敵役として復活!!
しかもメチャクチャカッコ良いじゃないですか!!
格闘アクションもさることながら、ナイフや銃器を駆使したアクションもイケていて。
本当にカッコ良かったです。

ストーリーも秀逸でした。
アメリカのために戦うキャプテン・アメリカ。
そんな彼がアメリカのやる事に疑問を感じ、人間としての尊厳、根っこにある平和への想い
を武器に立ち上がる。
まさに現代アメリカの現状をしっかりと描いていて。
9.11後、どんどん戦争を始めていくアメリカ。
果たしてそれが本当に正義の為なのか。
そんな矛盾を本作は上手に描いていたかと感じました。

とにもかくにも大大大満足の一作。
一つ少しだけ残念だったのが、ウリであるアクションシーン。
ちょっと、ほんとにちょっとだけガチャガチャしていたかな。
スピーディーでカメラワークも激しかったので、たまに勢いだけ感がでていたかな。
ボーン・アイデンティティ」シリーズのアクションと少し似ていたかも。
ただ、そんなこと言ってもアクションは見応えたっぷりで、最高なのは言わずもがな。
ちょーカッコ良いのは間違いない!!

マーヴェル映画特有のエンドロール後のおまけも◎。
次回はいよいよアベンジャーズの続編。
今から待ち遠しいです!!


≪点数≫
  9点
                                           (14.09.27鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト



映画 | 08:00:00 | トラックバック(1) | コメント(2)