FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.771 『ザ・レイド』
No771 『ザ・レイド』

2011年制作 インドネシア
監督:ギャレス・エヴァンス

≪キャッチコピー≫
『強すぎ!殺りすぎ!敵多すぎ!』

≪ストーリー≫
ジャカルタの麻薬王が支配する30階建ての高層ビル。
ギャングに殺し屋、ドラッグの売人たちのアジトとなっているそのビルに、
20人の精鋭からなるSWATチームが強制捜査に入る。
しかし作戦の情報が漏えいしており、激しい銃撃戦が勃発。
そんな中隊員たちは、己の肉体やさまざまな武器を駆使しながら、
次から次へと襲撃してくるギャングたちと死闘を繰り広げ、
麻薬王を捕獲すべく進んでいく。

≪感想≫
超絶肉弾アクション作品の誕生!!

僕の中で肉弾アクション作品といえば、ジャッキー・チェンや
リー・リンチェイ主役の香港映画。
そして近年、台頭してきたのが「チョコレート・ファイター」のジージャーや
マッハ!!!!!!!!」のトニー・ジャー主役のタイ映画。

その二国の作品を脅かす新しい風が吹きました。
その新しい風とは・・・インドネシア!!

いやぁー、メチャクチャ凄いアクションを見せてもらいました!!

今作で繰り出される格闘技はカンフーでもなくムエタイでもなく、その名もシラット。
蹴り技、肘打ち主体ですっげーイケていました。

今作の特徴として一つ挙げられるのが「痛み」。
このイケているアクションシーンがとにかく痛みを伴うものだったんです。
ガッツンガッツンやられているのを見ていると痛くて痛くて。
それぐらいバイオレンス描写がしっかり描かれていました。

これぞアクションといった所でしょう。

クライマックスの2対1の戦闘シーンは今作屈指のアクションシーン。
これはアガります。
敵のマッド・ドッグの強さが尋常じゃないんですよねー。
こんなに敵が強すぎる作品も珍しいかもしれませんね。
ほんとにヤバかったです。

アクションで言うと、マーシャルアーツもそうですが今作、
ナイフアクションもカッコ良かったんです。
以前観た傑作「アジョシ」のナイフアクションもカッコ良かったですが、
今作もそれに匹敵するほどの素晴らしさでした。

そんなこんなでアクション好きなあなたにおススメ!!

ん?あれあれ??
こんなにも絶賛しているのになぜ8点かって?
それは、youtubeで死ぬほど予告編を観てしまっていたために、
アクションシーンの鮮度みたいなものが落ちてしまっていたんです・・・。
とほほ・・・。

≪点数≫
  8点
                                           (13.04.28鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト



映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)