■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1416 『メリダとおそろしの森』
No1416 『メリダとおそろしの森』

2012年制作 米
監督:マーク・アンドリュース
   ブレンダ・チャップマン

≪キャッチコピー≫
『私が、守り抜く。』

≪ストーリー≫
王女メリダは王家のしきたりや伝統に反発を覚え、娘に女性らしい優雅さを身に付けるよう願う母と度々ぶつかっていた。そんなある日、彼女は鬼火に誘われるようにして森の奥深くへと入り込み、魔女の家にたどり着く。そこで彼女は自分の運命を変えてもらいたいと訴え、その願いがかなうと同時に、それまで安泰だった王国が災禍に見舞われてしまい……。

≪感想≫
みんな大好きピクサーアニメ。

トイ・ストーリー」シリーズやら「WALL-E」等々たくさんの素晴らしい作品を排出しております。

昔は完全に独立した会社でしたが、今はディズニーの子会社になっていて。
さらに潤沢な資金力を得て素晴らしい作品を提供し続けている
映像制作会社というイメージ。

さてさて本作について。

うーーーん、まぁまぁまぁ・・・。

良かった所。
主人公のメリダのルックがすごい良かった。
アニメーションの技術が凄いのはもちろんのこと、メリダの表情や
動き、とにかく見た目がすっごい良かったんです。
めちゃくちゃ可愛らしいという訳ではなく、少しぶっさいくなんだけど
カメラ映えがすると言うか。
髪型もボッサボサヘアーだしね(笑)
ヒロインなんだけどヒーローっぽい性格も良かったのかな。

クマのルックも良かった。
これまた、アニメーションの技術の進歩なんでしょうが、クマの見た目が
すっごい良くってリアリティ抜群。
本作では、メリダのお母さんがクマに変身してしまって、人間としての性格から
クマとしての本能に乗っ取られてしまいそうになるんです。
人間の理性を保っている状態と、クマ本来の獰猛な部分に飲み込まれている状態。
こちらの振り分けがしっかりと見た目でできていて。
そこら辺も素晴らしいなぁって。

あと、メリダの弟の3つ子ちゃんたちも良かった。
マスコット的存在でめちゃくちゃ可愛らしい。
彼らのクマの姿なんてもう最高。
登場した瞬間に、にまぁって笑っちゃいました。

さて、ここからは悪かった所。
お話がイマイチでした。
本作は、主にメリダとお母さんの確執を取り除くと言うお話。
自由に生きたいメリダとメリダの事を思って縛り付ける母親。
序盤、中盤まではまったくそりが合わなかった母娘。
ただ、終盤にお互いが分かりあうシーンがあるんですが、
そこまでの過程がイマイチピンとこない。
お母さんがなんでメリダに優しくなるのかが・・・。
距離の縮め方が急すぎて、あまりピンとこなかったんですよね。
いくらなんでも感が・・・。
あと、メリダとお母さん以外が完全に脇に回っていたのももったいなかったかな。
3つ子の弟君達は活躍してくれたけど、お父さんとか、魔法使いとか、
他の国の王子候補とかもっと立たせてあげても楽しかったろうになぁって。
そこは、ちょっと残念でした。

とにかく、お話がノリきれなかったという感じです。

総括。
ルックは相変わらずの素晴らしさのピクサー作品。
お話はこれまでのピクサーとは一味も二味も劣っているという印象。
まぁ、それなりに楽しめたからいっか。

≪点数≫
  6点
                                           (17.12.08鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト
映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1415 『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』
No1415 『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』

2008年制作 邦
監督:押井 守

≪キャッチコピー≫
『 ― 』

≪ストーリー≫
永遠に生きることを宿命づけられた“キルドレ”と呼ばれる子どもたちが暮らす、もう一つの現代で、彼らは“ショーとしての戦争”で戦闘機に乗って戦っていた。戦うことで生を実感する日々を送る中、元エースパイロットの女性指揮官・草薙水素(菊地凛子)と基地に赴任してきたエースパイロット・函南優一(加瀬亮)が出会う。

≪感想≫
アニメ作品。

永遠に年を取らない少年少女が通常の人間の代わりに戦争を行うと言うお話。

・・・んんーーーなんでしょう、なかなか退屈な映画でした・・・。

キャラクターが平板。
これはあえてなんでしょうが、主人公の函南優一。
声も語り口も穏やかと言うよりかは無感情な感じ。
最初は、この声優さんはいったい誰なんだ!!なんて怒りを覚えたのですが、
調べてみると、俳優の加瀬亮さんでした。
それなら、やっぱりあえての演出なんでしょうね・・・。
とにかくこの主人公のせいで、感情移入もできないし応援もできないし
ぼんやり眺めることしかできないってなもんで。

あと、ストーリーも良くわかんなかったんです。
僕は、あまり前情報を入れていなかったので基本的な設定とかもわからずに、
なんで、こんな状況なのか、そもそもどういう世界観なのかもピンとこなかったんです。
物語の中でもはっきりとおしえてもくれないし、本当に少しずつしか明らかになっていかないので
間延びしちゃって。
穏やかな語り口と言うのも相まってね。

とにかく、ピンとこなくって退屈だったというのが本音です。

良い所を上げるとすれば、画は綺麗だったかな。
特に戦闘機のフォルムとか、戦闘シーンはカッコ良く描かれていましたよ。
あと、キャラクターデザインなんですが、どこかで見た事あるなぁと思ったら、
少年ジャンプの人気漫画「NARUTO」のデザインにそっくりでした。
なんか関係あるのでしょうか・・・。
とにかく似ていたんですよねぇ・・・。
キャラで言えば優一の相棒パイロットの土岐野は良い味出していました。
こいつはどちらかと言うと感情も出していたし、三枚目感たっぷりで良い味出していましたよ。

むむむ・・・良い所はこのぐらいかな。

というか全体的に語りたい事がないんですよね。
例えば、キルドレという存在についても設定だけ見ればとても特異な存在なのに、
そこも曖昧に描かれているためにピンとこない。
年を取らない、死なないという設定のはずなのに、撃墜されると簡単に死んでしまう。
かと言って、死ぬと言う現象に対してもリアリティの無い感じで進んでいくのでピンとこない。
とにかくないないづくしの本作。

監督は押井守と言うお方。
「攻殻機動隊」とか「イノセンス」を撮ったお方のようで。
どちらも未見ですが、「攻殻機動隊」は実写版になる程、海外にも影響を与えている
作品のようですね。
ちょっと興味あります。

さてさて。
とにかく「退屈」だった本作。
もっとエンタメチックにドッカンバッカンやってくれたらありがたかったですねぇ・・・。

≪点数≫
  4点
                                           (17.12.05鑑賞)


こちら実写版の「攻殻機動隊」。
ハリウッドがリメイクするぐらい有名なんですねぇ。
興味あります。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1414 『ジュラシック・パーク』
No1414 『ジュラシック・パーク』

1993年制作 米
監督:スティーヴン・スピルバーグ

≪キャッチコピー≫
『 ― 』

≪ストーリー≫
大富豪ジョン・ハモンドの招待で、古生物学者グラントとサトラー、そして数学者マルコムが南米コスタリカの沖合いに浮かぶ島を訪れた。そこは太古の琥珀に閉じ込められたDNAから遺伝子工学によって蘇った恐竜たちが生息する究極のアミューズメント・パークだったのだ。だがオープンを控えたその“ジュラシック・パーク”に次々とトラブルが襲いかかる。嵐の迫る中、ついに檻から解き放たれた恐竜たちは一斉に人間に牙を剥き始めた。

≪感想≫
誰もが知っているであろう本作。
上映されたのが1993年。
僕も映画館で鑑賞して、リアルな恐竜の映像に驚いた記憶があります。
しかも、あまりにも面白くって2回観た記憶が・・・。
その後もテレビでしょっちゅう放送されていました。
こちらも何度も鑑賞。
子供の頃に良く観た作品の一つです。
最近、また新作が発表されたと言うことで、改めて鑑賞し直してみました。

うむむ・・・今観るとやっぱり映像のクオリティは落ちるなぁ・・・。

ただね・・・。

何でしょう、何度も観ているからかやっぱり観ていた時の凄さや驚きが蘇るというか。
色褪せない感じもするんですよねぇ・・・。
例えば、ティラノサウルスの怖さとか無双っぷりとか。
例えば、草食恐竜の柔らかい感じとか。
ヴェラキラプトルの怖さは少し忘れていましたが、怖かったです。
あの、どんどん頭が良くなっていって追い詰められていく感じが何ともね。
ドアノブをキィッと開けるところとかゾッとしましたもん。
恐竜の怖さやそれに追われる緊張感はあの時のままで◎。

ただね・・・。

改めて観ると意外とツッコミどころもあって。
例えば、物語の着地の仕方はあれで良かったのか?とか。
だって、結局、恐竜たちはまだ残されたまんまなんですよね。
なんか、そのまま死滅する的な話はありましたが、ちょっと無責任すぎやしないかいって。
例えば、子供の一人(少年)が感電してしまって心臓が止まってしまうシーンが
あったのですが、あの演出、流れはちょっと残酷すぎやしないかいって。
だって、あれは恐竜はあまり関係なくって、博士のスイッチで殺してしまっているもんですもんね。
緊張感は半端なくってハラハラドキドキでしたがちょっともやもやしました。
あと、そもそもジュラシックパークのセキュリティが甘いような気も。
あんだけ、肉食恐竜がいるのにも関わらず、何かが起こった時のマネジメントが
しっかりできていないような。
もっと、武器とか麻酔銃とか何より警備員をもっと置いてもいいのになぁってね。
まぁ、何度も観ているからこそのツッコミどころなのかもしれませんが・・・。

登場人物について。
僕、今回、初めて気づいたんですが、本作、サミュエル・L・ジャクソンが出ていたんですね。
どっかで見たことあるなぁと思ったらまさかの大御所でしたね。
あの、やられ方はとってもかわいそうでしたが・・・(苦笑)
あと、研究所のおデブの裏切り者のあいつ!!
あの憎ったらしい感じとか最悪でしたが最高でしたね。
そういえば、あいつが持ち出そうとしたブツは結局どうなるのかな・・・。
続編への伏線なのかな・・・。
とにかく、あいつの無計画っぷりも腹が立ったし、それに振り回されることになる
ストーリー展開も最高で最悪でしたよ(笑)

兎にも角にも。
初めて鑑賞したあの時の時代や思い出を蘇らせてもらった気分。
とても満足できました!!!!

さぁ、最新作まであと2作品。

楽しみですなぁ・・・。

≪点数≫
  7点
                                           (17.12.03鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1413 『スプリット』
No1413 『スプリット』

2017年制作 米
監督:M・ナイト・シャマラン

≪キャッチコピー≫
『誘拐された女子高生3人VS誘拐した男23人格
             恐怖は<分裂(スプリット)>する』

≪ストーリー≫
高校生のケイシー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、クラスメートのクレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)の誕生パーティーに招待される。帰りは、彼女とクレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)をクレアが車で送ってくれるが、途中で見ず知らずの男性(ジェームズ・マカヴォイ)が車に乗り込んでくる。彼に拉致された三人は、密室で目を覚まし……。

≪感想≫
M・ナイト・シャマラン監督最新作。

シャマラン監督と言えばやはり「シックス・センス」。
僕もその昔、映画館で鑑賞して衝撃を受けた記憶があります。
その後も色々と作品を撮ってきたシャマラン監督。
僕も「アフター・アース」「デビル」「ヴィジット」辺りを鑑賞してきました。

まぁ、楽しく鑑賞させていただきましたよ。

そんな、シャマラン監督の最新作ですが・・・。

・・・わぁ〜〜〜ん、やっちまったよぅ(号泣)


思いっきりネタバレになりますが、本作はシャマラン監督の過去作との
繋がりがあったようで・・・。
観終わった後、よくわかんなかったので色々なサイトを見て勉強したら、
シャマランの過去作「シックス・センス」「サイン」「アンブレイカブル」は
観ておいた方がいいと言う文字が散乱しておりまして・・・。
実は私、「シックス・センス」しか観たことがないんですよねぇ(泣)
特に「アンブレイカブル」が重要なポイントだったようで・・・。

恐らく最後の最後で出てくるアイツのあのシーンに関係するのでしょうが、
そこが僕がピンとこなかったんですよね。

はぁぁぁぁぁ、本当にやっちまったよ・・・。

とりあえず、「アンブレイカブル」は観ないといけないなぁなんて思いつつ。

さてさて。

そんな「やらかし」をしてしまった私ですが。

見知らぬ男に拉致監禁された女子3人。
その男はなんと多重人格者だったというお話。

多重人格で思い出すのが大好きな漫画「グラップラー刃牙」のガイア。
あの作品で多重人格者という存在を知って、そこから実在した人物、ビリー・ミリガンの
存在を知ることに。
そして「24人のビリー・ミリガン」という本を読むにいたりました。
本当に不思議な存在というか、興味深い存在ですなぁ・・・。

本作の多重人格者である男も23人の人格を持っているという設定。
それを一人の俳優が演じ分けるというのだから、それだけでも見ごたえたっぷり。
実際に登場した人格は数名なのですがそれでも凄かったです。

演じたのは「XーMEN」シリーズで若き日のプロフェッサーXも演じていた
ジェームズ・マカヴォイ。
圧巻の演技でしたね。
おばさんやらオネエやら知的な紳士やら子供やら。
本当にしっかりと色分けされたキャラを確立させて見ごたえたっぷり。
それだけでも観れて良かったなぁって。
最後に出てくる人格なんてめちゃくちゃエグかったですもん!!
本当に素晴らしかったですよ。

ストーリーについて。
拉致された女の子3人が四苦八苦しながら脱出劇を繰り広げるのかなと思ったら
そこまでハラハラすることもなかったかな。
脱出劇といえば以前観た傑作「10クローバー・フィールド・レーン」のような
作品を期待していたのですが、そうでもなかったです。
それよりも、もっと人間の内面というかドロッとしたドラマのような作品に
仕上がっておりました。
僕的にそのお話も正直ピンとこなかったり。

まぁまぁまぁ・・・。

とにもかくにも。
本当に勿体無いことをしてしまった私。

絶対に「アンブレイカブル」を観なきゃなぁ・・・。

反省・・・。

≪点数≫
  5点
                                           (17.12.02鑑賞)



こちら「アンブレイカブル」。
絶対に観なきゃ。


こちら「24人のビリー・ミリガン」。
読むのに苦労しましたが、面白かったです。


こちら人気漫画「グラップラー刃牙」。
多重人格のガイアは大好きなキャラクターの1人。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1412 『ジャスティス・リーグ』
No1412 『ジャスティス・リーグ』

2017年制作 米
監督:ザック・スナイダー

≪キャッチコピー≫
『オンリーワンが集まれば、
           世界も救える。』

≪ストーリー≫
ブルース・ウェイン(ベン・アフレック)は、スーパーマンの捨て身の行動に影響を受け、再び人類を信じるようになる。彼は新たな相棒ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)の手を借り、強敵との戦いに備えて準備を進める。バットマンとワンダーウーマンとしてお互い協力を約束した彼らは、共に戦ってくれるヒーローたちを集めるが……。

≪感想≫
DCコミックシリーズ最新作。
アベンジャーズ」のマーベルコミックと対をなすDCコミック。
そのDCが満を持してアベンジャーズのような
お祭り映画を製作。

めちゃくちゃ楽しみにしておりました。
12月1日は「映画の日」ということで、満を持して映画館にて
鑑賞してきましたよ。

さてさて・・・。

祭りじゃ!

祭りじゃ!!

ヒーロー祭りじゃー!!!!

テンションガン上がり!!!!

・・・とまではいきませんでした(苦笑)

本作に登場するヒーローの面々。
まずはバットマン。
これまでのバットマンシリーズのフォルムと違って見た目も声も
ゴッチゴチの筋肉マン。
だって本シリーズの敵キャラは、人間じゃなくって異星人だったりするから、
こうまでしないとやっていけません。
本作でもガンガンに敵をやっつけていましたよ。
バットモービルはやっぱカッコ良いよねぇ・・・。

スーパーマン。
大きなネタバレになっちゃうのですが、前作で死んでしまった
スーパーマンは本作で蘇ります。
そして相変わらずの無双っぷり。
スーパーマンだけいれば、全部やっつけちゃうんじゃないかと思えるくらい、
無敵感がハンパ無かったです。

そして本作から登場の面々。
一応、前段となる「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で
ちょこっと出てきて前フリはしていたのですが、本作から本格的に参戦。

まずはアクアマン。
海の神様である彼は、見た目もカッコよくって◎。
欲を言うと、海の神様なのでもっと海を使ったバトルを見たかったな。
性格は、皮肉屋なんだけど熱い男っぷりは好感持てましたよ。
強さ的にはワンダーウーマンとタメを張るほどだと思うんですが、
本作はそれほどでしたね。
ちょっと物足りなかったかな。

サイボーグ。
彼が一番地味目だったような。
ただし、キャラ的に、まだまだ成長を続けてくれそうなので
今後に期待大と言ったところでしょうか。
無敵になる可能性も秘めていますもんね。

フラッシュ。
アベンジャーズでいうスパイダーマン的存在。
ちょっと、コメディリリーフと言うか、みんなの後輩的存在。
彼の能力である超速移動。
ちょっと、「X-MEN」や「アベンジャーズ」のクイック・シルバーを
彷彿とさせますね。
彼も最初はバトルすらできなかったのに、クライマックスでは敵を
バッタバタとなぎ倒していくのを観て
「おいおい、いきなり強くなりすぎだろう(笑)」
なんてツッコんでしまいましたがそれもご愛敬。
とっても楽しい奴でしたよ。

そしてそして・・・。

何といっても、本シリーズの僕的MVP。
みんな大好きワンダーウーマン!!
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で
素晴らしいインパクトを残し、「ワンダーウーマン」で一気に
彼女の魅力が爆発。
とんでもなく強くて美しくてカッコいい。
キュートな一面もあって観ていて飽きない。
もっと彼女を活躍させてくれーなんて思いながら観ていましたよ(笑)

とまぁ、ジャスティスリーグの面々。
初めて勢揃いして、単独主演の作品も少ない割にはうまくキャラ立ちが
できていて楽しくまとまっていたんじゃないかなぁと。

ただねぇ・・・。

やっぱり描きこみが物足りない部分もあったり。
新キャラの面々の掘り下げがもっとできていたらもっと楽しめたかなって。
アクアマンの海の仲間とかももう少し描いてほしかったな。
ちょっと良さげだったんだよなぁ・・・。

もったいないない。

あと、アクションについて。
もっと、バトルシーンを見たかったなぁって。
特に仲間同士の連携プレイとかもっとあっても良かったのになって。
ところどころカッコいいシーンもあったんです。
例えば最初のワンダーウーマンのテロを阻止するシーンとか。
例えばフラッシュが超速で移動するシーンとか。
ただ、やっぱり物足りなかったかな。

全体的にアクションも大味に感じました。
ストーリーについても大味でしたが、そこは別に期待していないので
問題ないない。

全体的には楽しめた本作。
僕の中でマーベル映画は陽でDC映画は陰というイメージでしたが
本作はどちらかと言うと陽よりに仕上がっていたかのように感じます。
これまでの暗めな作風から割と明るめな感じにね。
笑えるシーンもたくさんあったし。
これはこれで良かったのかなとも思ったり。

さて、今後はどういう流れになっていくのでしょうか。
マーベルシリーズのように新キャラじゃんじゃん。
新作じゃんじゃんといってくれるのでしょうか。

僕的にはまだまだマーベルシリーズの楽しさには追い付いて
いないと思うので、もっともっと作品を出して楽しませて欲しいっす!!!!

思いっきり余談。
そういえば、サイボーグの父親って演じたのは「ターミネーター2」で
サイボーグを研究していた人ですよね。
ここでもサイボーグを作るって・・・(笑)

≪点数≫
  7点
                                           (17.12.01鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad