■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1347 『ファインディング・ニモ』
No1347 『ファインディング・ニモ』

2003年制作 米
監督:アンドリュー・スタントン/リー・アンクリッチ

≪キャッチコピー≫
『ニモがさらわれた――。
 海中に生きる3兆7千億の魚の中からたった一匹の
  かけがえのない息子を探すために、父マリーンの冒険が始まる。』

≪ストーリー≫
オーストラリア、グレートバリアリーフ。広大な海の中でカクレクマノミの400個の卵が孵化しようとしていた。しかし、無事に生まれたのは母親の命と引き換えに助かったたった1つだけ。父マーリンは、この子を“ニモ”と名付け、同じ悲劇を繰り返さないと誓い過保護なまでに大事に育てていく。そして6歳になったニモに、初めて学校へ行く日がやって来る。しかし、突然の悲劇がニモを襲う。彼は、人間のダイバーにさらわれてしまったのだ。打ちひしがれるマーリンだったが、陽気なナンヨウハギ、ドリーの助けを借りてニモを取り戻す旅へと出るのだった。

≪感想≫
ピクサーアニメ。

制作は2003年か。
当時、結構巷で話題になっていて、子供達に大人気だったという記憶が。
そんで人間がニモを捕まえてっていうお話なのに、映画館の水槽にはクマノミがいるという
映画で描かれている人間と同じ行為をしているというお恥ずかしい事に
なっていたと聞いた事があって、なんだかなぁって思った記憶があります。

さてさて。

さすがのピクサー印。

安定の楽しさで十分に堪能させていただきました。

お話が楽しい。
奥さんとたくさんの子供達を魚に食べられてしまい残されたニモを過保護に育てるマーリン。
その過保護に育てられて、いわゆる箱入り息子のニモ。
この2匹の成長譚が楽しく描かれていて。
なんとなく、普通はどちらか一方の成長を描くお話が多いのですが、
本作はしっかりと2匹の成長を描いていて。
親目線でも見れるし子供目線でも見れるし。

ここら辺はさすがだなぁと。

サブキャラも良かったですね。
マーリンに付き添いニモを探しに行くことになるドリー。
かなりとぼけていてチャーミングなドリー。
一方から見ると傍迷惑な彼女だけど、一方から見ると愛すべきキャラクター。

僕らの実社会にたとえて見てもなるほど納得の設定で。
多種多様な人たちとどう接するのか的なね。

ニモ側のサブキャラ達も良い感じで。
こちらは、安定のグルーブ感と言いますか。
水槽の仲間達はいかにも冒険的な感じで子供向けな設定。
夜の仲間入りの儀式なんてまさに。
心躍りますよねぇ・・・。

あと、僕的楽しかった名シーンはマーリンとカメのクラッシュとの
やりとりの件は良かったなぁ。
アニメーション的な部分も美しくて楽しかったし、子育てとは何ぞや的な
やりとりも押し付けがましくなくって良かった。

カメののんびり具合がキャラクターとお話とが相まって良い感じだったんですよねぇ。

アニメーションでいうとクラゲのシーンも綺麗だったな。

緊張感のあるシーンとは裏腹な感じが◎。

総括。
テンポ良いストーリー展開。
楽しいアニメーション。
老若男女楽しめる設定。

やっぱり素敵なピクサー作品。
満足満足。

≪点数≫
  7点
                                           (17.05.14鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト
映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1345 『キャロル』
No1345 『キャロル』

2015年制作 英/米/仏
監督:トッド・ヘインズ

≪キャッチコピー≫
『あなたが私を変えた。』

≪ストーリー≫
1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのプレゼントを探すキャロル(ケイト・ブランシェット)に応対する。優雅で気品に満ちた美しさを誇るも、謎めいたムードもある彼女に魅了されたテレーズ。彼女にクリスマスカードを送ったのを契機に、二人は会っては話をする仲になる。娘の親権をめぐって離婚訴訟中の夫と争うキャロルと恋人からの求婚に思い悩むテレーズ。そんな中、彼女たちは旅行に出掛けるが……。

≪感想≫
アメリカの同性愛をテーマにした本作。

時は1950年代アメリカ。
その時代は、今よりも同性愛についてはもっと閉鎖的だったのかな。

人が人を愛するという普遍のテーマ。
社会的背景は置いといて、やはりその瞬間とか過程は見ていて
とても美しいなぁと感じたり。

特に本作は主役となる二人の女性がとても綺麗でした。
キャラクターも対照的ながら繊細で、描き方もしっかりと立っていたので
余計に見入る事が出来たんです。
ケイト・ブランシェット演じるキャロル。
とても妖艶で芯の強い女性。
もちろん弱さも兼ね備えているが、人として、一人の女性としての
生き方に強さを感じる。
最後の旦那への独白はとってもグッときましたよ。
子供の事も思いつつも一人の人間として告白する。
先に書きましたが、本作の時代は恐らく、同性愛についてまだまだ
寛容な社会ではなくって。
それでも彼女はそれを否定せずこれからの自分のために行動する。
その姿はとても惚れ惚れするほどカッコよかったです。
旦那のグズっぷりも彼女の強さ、素晴らしさに拍車をかけてくれました。
旦那は束縛野郎で、男らしさとはかけ離れたむしろ女々しい男。
そこが、本作のテーマである同性愛と照らし合わせるとなるほどねぇと。
恋愛についてもそうですが生き方についても凛とした思想を持つキャロルは
カッコ良いなって。

ルーニー・マーラ演じるテレーズ。
彼女は何と言っても無垢な感じが素晴らしかった。
ルックも可愛らしくって◎。
キャロルへの憧れから愛情へと変わる過程。
そしてその世間的には間違った感情に揺れながらも抑えきれない感情。
やっぱり、彼女たちには幸せになってほしいなぁと思わずにはいられない。

本作を観ていて一番思うのは、やっぱり好きな人は好きな人と一緒になるのが
一番だということ。
それは、どのような形であれ、やっぱり周りの人がとやかく言うもんじゃない。
特に、本作で取り扱うマイノリティ側の恋愛もそう。
本人同士がこんなにも求め合っているのに、社会のせいでダメになっちゃうのは違うでしょう。

現代社会でもゲス不倫だなんだと、色恋沙汰が叩かれる時代になっていますが、
もう、ほっといても良いんじゃないかなって。
もちろん、記事がでたら興味本位で見てしまいますが、文句を言う人にピンとこないんですよね。
どの立場で言ってんだろうって。

失礼。
ちょっと話がずれてしまいました・・・。

総括。
とにもかくにも主演二人の素晴らしさに持って行かれた本作。
演出についても良かった部分がチラホラ。
カメラワークも特筆すべき部分があって、二人のアップを交互に交互に映し出す。
彼女たちの表情をグッと見入ることができたんです。
少しの時間軸をずらして描く感じも◎。
オープニングに終盤のシーンを少し流し込み過去にさかのぼる。
そこからオープニングシーンへと繋がり、最後の展開へと繋がる。
そこもグッと見入ることができた理由の一つ。
とても丁寧な作品といった印象。
二人の女優の気品や美しさ。
とても満足のいく作品でした。

≪点数≫
  7点
                                           (17.05.06鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1344 『ルーム』
No1344 『ルーム』

2015年制作 アイルランド/カナダ
監督:レニー・アブラハムソン

≪キャッチコピー≫
『はじめまして、【世界】。』

≪ストーリー≫
施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。

≪感想≫
7年間監禁された女性。
彼女はその間、子供を出産し5歳となる息子と外の世界と隔離された
生活を送っていた・・・。

これって実際に起こった事件を基に作られた作品なんですって。
しかもこの実話の方がもっとえぐい事件だったようで・・・。
事実は小説より奇なりというやつです。

さて、本作。
とても良くできた作品でした。

僕は独身なのでもちろん子供がいない訳ですが、この作品を
母となった女性が観たらとてもグッとくる作品なのではないしょうか。
子育ての視点から見てもよくできた作品。
生まれたときから、外の世界を見たことのない息子を
どう育てていくのか。
そして、初めて外の世界に接した息子にどういう教育をしていくのか。
彼女は彼女でずっと逃げられないという環境の中で子供を育てる。
というか息子も彼女にとって唯一の生きる支えなのでしょう。

演出も素晴らしかったです。
息子が初めて外の世界に出た瞬間。
あの空を眺めるシーンからの周りを確認していくシーン。
緊迫しているシーンのはずなのにとてもグッときました。

あと、一つ特筆すべきは警察官が優秀だったということ。
ジャックを保護した女性警官がジャックの片言の言葉で、
彼を信じ、柔軟な対応をしていく。
ちょっと、いくらなんでも感はありましたが、こんな警官ばっかりだと
良いなぁって思えるぐらい。
父親とマスコミの感じもリアリティあったなぁ。
特に、マスコミのテレビリポーター的な女性。
言っている事は間違ってはいないんだけど、なんか、この人の
心を分かっていて踏みにじる感じがなんとも不快で・・・。
もやもやっとね。

本作を観て、親として、子供としてなんて事は思いませんでしたが、
自分に置き換えてみると外の世界に出る事の勇気と必要性を改めて思い知る。
ジャックは初めて外の世界に出る。
ただ、クライマックスで元いた部屋に戻りたいと言う。
そして、一度、昔住んでいた部屋を眺めるジャック。
あんなにも広い部屋だったのに、今はとても狭く感じる。
そして彼は、もうここに戻りたいとは思わなくなる。
彼は成長したのだ。
外のいろいろな事を見て、覚えて、世界を知った。
そしてこれからも様々な事を体験し成長していく。
彼の未来には希望の光が燦々と差し込んでいるように感じた。
これは、実社会に住む僕たちにも言えるのかなって、勝手ながらに
思ったりして。
勇気を出して、いろいろな事を経験して、自分の狭っ苦しい考えを広くしてく。
それが成長へと繋がっていくのかなって。
うーーーーん、無理やりすぎるかな(苦笑)

あと、少し触れましたが、最期に部屋を見にくシーン。
あそこの撮り方が上手いからなのか、本当に昔いた部屋よりもメチャクチャ
狭く感じたんですよね。
ジャック視点で考えるとこんなにも狭い世界で生きていたのかって、より彼の
成長度合いが図れましたよ。

濃厚なストーリーと巧みな演出。
十二分に堪能させていただきました。

おススメです。

本作で主演のブリー・ラーソンはアカデミー主演女優賞を受賞されたようです。
なるほどねぇ・・・。

≪点数≫
  7点
                                           (17.05.05鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1343 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
No1343 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

2016年制作 米
監督:ローランド・エメリッヒ

≪キャッチコピー≫
『あの日から20年。
決戦に備えていたのは、
     人類だけではない。』

≪ストーリー≫
エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、およそ30億人もの命を失いながらも勝利を収めてから約20年が経過した。人類はさらなる襲来に備えようと、エイリアンが残した宇宙船の技術を転用した地球防衛システムを作り上げる。2016年7月、そんな人類を試すようにアメリカ全土を覆うほどの大きさを誇るエイリアンの宇宙船が出現。彼らは重力を自在に操る圧倒的な科学力で、ニューヨーク、ロンドン、パリといった都市を次々と襲撃する。猛攻撃は止むことなく続き、人類存続の要であった防衛システムも無力化してしまう。

≪感想≫
先日観た「インディペンデンス・デイ」の続編。
前作からなんと20年も経っているんですね。

なぜに今更・・・なんて思いましたが1作目がすっごい楽しくて、
それこそ何度も見たくらい満足できたので、本作も楽しみにしてました。

さてさて。

・・・なんだこれは、えらく安っぽくなっちゃったなぁ・・・。
恐らくバジェット的には超大作級なはずなのに。
恐らく映像的にもド派手になっているはずなのに。
どうしてこんなにチープ感にまみれているんでしょうか。
とにかくトホホな作品に仕上がっておりました。

演出、世界観について。
前作は現実社会に異星人が突然現れ、人間たちが恐れおののくというお話だったが、
本作は、近未来で前作の異星人の文明を少し参考にできたので、レーザー銃やら
宇宙船やらSF的な武器防具が出来上がった世界。
これがあったから、リアリティがなくなって逆に物足りなかったんですよね。
それならもっとワクワクするような武器や敵キャラ、設定があったろうに。
それが、武器は単なるレーザー銃。
敵は前作同様イカゲルゲ的なルックのダサいやつ。
なんだかなぁ・・・。
例えば前作は、このイカゲルゲ的なやつが少ししか見せなかったこと。
無敵感溢れる敵の強大さ。
そこら辺の見せ方がとっても上手かったんですよね。
本作がそれがとっても下手だったのでやっすい感じに仕上がったのかなと。

あとね、キャラクターがこれまたすっごい安っぽかった。
前作は色んなキャラがしっかりと立っていて、群青劇っぽく描いていたのに対し、
本作は薄っぺらいキャラクターばっかり。
前作のキャラも何人か出てきたのですが、前作のようなキャラ立ちもできていないし、
なぜ、そんな行動に出ているのかまったくピンとこない。
だって、前作の続きなら色々と反省と勉強を踏まえた行動をするだろうに。
それが、全然活かされていなくって!!
ちょっと怒りも覚える始末。
新キャラたちも、正直ピンとこない。
頑張っているのでしょうが、薄っぺら過ぎてまったく行動に共感ができない。
唯一、オッと思えるキャラは二人。
一人は部族的な酋長のキャラ。
あいつのアクション、佇まいは少しだけ好きでしたよ。
もう一人は、親父を助ける子供の一人が、以前観た「ホワイトハウス・ダウン」に出ていた
ジョーイ・キングちゃん。
「こんなに大きくなって・・・相変わらず可愛らしいですねぇ・・・」
なんて、とても嬉しかったです。

とにもかくにも。
全体的に安っぽい仕上がりの作品。
正直、つまんないといっても過言ではないかな。
オススメできないF級超大作でした!!!!

≪点数≫
  3点
                                           (17.05.03鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1342 『ワイルド・スピード ICE BREAK』
No1342 『ワイルド・スピード ICE BREAK』

2017年制作 米
監督:F・ゲイリー・グレイ

≪キャッチコピー≫
『 ― 』

≪ストーリー≫
誰よりも仲間を愛し大切にしてきたドミニク(ヴィン・ディーゼル)の裏切りにより、彼らの結束は崩れようとしていた。だが、彼の行動には謎のサイバーテロリスト(シャーリーズ・セロン)が関与していることがわかる。レティ(ミシェル・ロドリゲス)やローマン(タイリース・ギブソン)らはドミニクを取り戻すため、最大の敵デッカート・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と手を組むが……。

≪感想≫
大好き「ワイルドスピード」シリーズ最新作。
本作でもう8作目かぁ・・・。
もちろん全て鑑賞しています。

2016年、主演の一人である俳優、ポール・ウォーカーが
交通事故で亡くなるという不幸がありましたが、それでも作品は
しっかりと続けてくれて。
しかも、前作は故ポール・ウォーカーへの餞となる作品に仕上がっていて
とんでもなくグッときたんですよね。
特にラストの締め方は本当に素晴らしかった。

本シリーズについて。
本シリーズってカーアクションも凄いんですが、作品を重ねるにつれて、
他のアクションもどんどん付け足されて陸海空何でもあり、カーアクション、
格闘アクション、ガンアクションとこちらも何でもありの状態に。
それがしっかりと倍増倍増できているからとんでもなく楽しいんですよね。
そして、世界観も楽しい。
「昨日の敵は今日の友」的な少年漫画の王道世界観を醸し出す本シリーズ。
本作でも前作で的だったデッカードが味方になるという荒技。
それはいくらなんでも・・・という気持ちは否めませんが(苦笑)
だって、こいつはファミリーだったハンを殺した奴でもあるんですよ!!
ただ、演じているのがジェイソン・ステイサム!!!
これはこれで良し!!!!
しかも本作では、このデッカードがMVP級の活躍。
肉体アクションに関しては彼が八面六臂の大活躍。
クライマックスの赤ん坊をあやしながらのガンアクションや、
格闘アクションはさいっこうでした!!!!
心踊る、踊る!!!!
この流れでキャラクターについて。
相変わらずのファミリー総出演の本作。
残念ながら先の事情でポール・ウォーカー演じるブライアンは
出てこれませんでしたが時折、名前を出してくれたし、最後の最後で粋な
使い方をしてくれたので、これまたグッときました。
他のファミリーたち。
まずは大好きミシェル・ロドリゲス姉さん演じるレティ。
全体的に年齢を重ねているせいか、肉体アクションが少なく感じましたが、
それでも潜水艦上での男を相手に戦う姿は相変わらず素敵でした。
ローマン&テズの名コンビ。
彼らの掛け合いはもはや定番になってきましたね。
特にローマンの3枚目っぷりといったら(笑)
ただ、本作ではちょっと押さえるところはしっかり押さえていてイケていましたよ。
前作から登場、天才ハッカーのラムジー嬢。
演じているのはナタリー・エマニュエルというお方。
前作の時も思ったのですが、髪型はファンキーですがすっごい美形ですよね。
キャラ的にも天才的な頭脳の持ち主なのでテズとの頭脳的な会話は◎。
今後もファミリーとして定着していくでしょう。
楽しみなキャラの一人です。
ロック様(ドウェイン・ジョンソン)演じるホブス。
先にも少し触れましたが、年齢のせいか少しアクションが少なかったかな。
カメラワークに頼っていたせいもあって、すこーーーーしだけ物足りなかったかな。
ただ、それでもあの猛牛のような格闘は、それこそプロレスっぽくて最高に
カッコ良かったです!!
ヴィン・ディーゼル演じる一家の長、ドミニク。
本作はファミリーを裏切りみんなの敵となる役所。
みんなを裏切り敵対しながらもそこはやっぱりドミニク様。
悪党なのにどこかでヒーローの佇まいを残しつつ魅せるところはしっかりと魅せる。
安定のカッコ良さでした。
本作の敵はこれまた天才ハッカーのサイファー。
演じたのはシャーリーズ・セロン。
シャーリーズ・セロンといえば「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の女戦士フュリオサ!!
本作では冷血なヴィランを演じておられました。
彼女に関しては今後もヴィランとして出てくるとの事。
これまでの流れからいくと、そのまま仲間に!?なんて思いますが、さすがに
それは無いよなぁ・・・。
とまぁ、各キャラは相変わらずの立ちっぷり。
特に1作目から観ている僕にとっては、もう彼らのキャラは積み上げられているから、
「よっ!!待ってました!!」
ってなもんで。
数年に一度の同窓会に参加しているかのごとく、思い入れのあるキャラたちの
活躍を眺めております。

アクションについて。
少し書きましたが、本シリーズは、もともとはカーアクションが主流の作風でしたが、
ここまでくるとなんでもあり。
本作でもスタートすぐにメイン級のカーレースをおきつつ、そのあとは街あり、
空あり、海ありとどこでもド派手なアクションを繰り広げています。
鉄球カーアクション、雨のように車を降らせるアクション、潜水艦やスノーモービル、
戦車的なアクションまで。
どれもこれもド派手なアクションでお腹いっぱい!!!!
映画館で観てこそのド派手なアクション。

ストーリーについては、まぁ、あってないようなもの。
とりあえずこのメンバーを見る事ができて最高なわけです。
先にも書きましたが、長い間続けていると、どうしても年は取っていくわけです。
格闘アクションに関してはやっぱり前作、前々作の方がすごかったかな。
各キャラのタイマンシーンも昔の方が多かったような。

でもでも。
やっぱり大好き本シリーズ。
これからもド派手なアクション。
そしてファミリーの絆を見せてください!!!!
続編を楽しみに待っておりますぞ!!!!!

≪点数≫
  9点
                                           (17.05.02鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad