FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1620 『コンフィデンシャル/共助』
No1620 『コンフィデンシャル/共助』

2017年制作 韓
監督:キム・ソンフン

≪キャッチコピー≫
『世界の運命は、北と南の刑事に託された――。』

≪ストーリー≫
北朝鮮の刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン)は、アメリカドル偽造の犯罪組織を追跡している最中に、上司の裏切りで仲間と妻を殺される。韓国へ逃亡した組織を捕らえるため、北朝鮮はチョルリョンをソウルに送り込む。一方、国際犯罪者の逮捕要請を受けた韓国側は庶民派熱血刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)を担当に任命し、南北の合同捜査を極秘に進めるが……。

≪感想≫
韓国映画。

北朝鮮の刑事と韓国の刑事がコンビを組んで、北朝鮮の犯罪者を
やっつけるっつーお話。

ジャンル的にはアクションバディムービー。

バディ感について。
北と南。
二枚目キャラと三枚目キャラ。
クールと熱血漢。
お顔についても対照的。
ここら辺はとてもいい塩梅。
楽しく観ることができました。
ただ、欲を言うともう少し仲良くなる過程を丁寧に熱く描いて欲しかったな。
ちょっと淡白に見えたもので。

北朝鮮刑事のチョルリン。
彼についてはルックはもちろんのこと、アクション、体術についても
めちゃくちゃカッコ良かったっす!!
無敵感溢れるアクションシーン。
クライマックスの北朝鮮軍団とのバトルは見応えたっぷり。
なんとなく昔鑑賞した「サスペクト 哀しき容疑者」の無敵主人公を思い出したり。
本作で言うと敵軍団も北朝鮮の特殊部隊上がりだけあって、めっちゃ強かったっす。
それがまたアクションに箔がついてね。
素晴らしかったですよ。

韓国刑事のジンテ。
彼はルックやキャラが三枚目なだけに、そこまで活躍しないのかなぁと思いきや、
いやいや。
彼は彼で中々の武闘派。
それでいて芯の強い正義の漢で◎。
男は顔じゃないぜ!!
最高のキャラクターでしたよ。
ジンテの家族たちも、良い感じでしたね。
口は悪いけど、根っこが良い人感丸出しで。
義妹のチョルリン愛は観ていて楽しかったです。
ふと思ったんですが、最後、ジンテの奥さんと娘がさらわれてしまうんですが、
なんで義妹はいなかったんでしょうか。
流れ的には一緒のような気がしますが・・・。
まぁまぁまぁ。

そんなこんなで。
実は全体的には既視感バリバリのストーリー展開。
めちゃくちゃアガッたかと言えばそうでもなくって。
ただ、先に書いた通りアクションは見応えあったし、
その既視感バリバリの展開にも不満は無かったわけで。
一定量の楽しさは味わえたので満足っす!!!!

≪点数≫
  7点
                                           (19.03.24鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト



未分類 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1618 『トランスフォーマー/最後の騎士王』
No1618 『トランスフォーマー/最後の騎士王』

2017年制作 米
監督:マイケル・ベイ

≪キャッチコピー≫
『我々の星を救うため、
全人類を滅ぼす』

≪ストーリー≫
人類とトランスフォーマーが反目し合い、オプティマス・プライムが姿を消してしまう中、地球の存亡を左右する危機が到来。事態を収束すべく、発明家ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)、オプティマスの後を継いでオートボットを率いるバンブルビー、謎多き貴族の老人(アンソニー・ホプキンス)、オックスフォード大学の教授(ローラ・ハドック)によるチームが結成される。

≪感想≫
「トランスフォーマー」シリーズ第五弾。

いよいよ今週末、本シリーズの最新作(スピンオフ作品)が
上映されるということで、急いで復習中。

前作ぐらいからちょっとずつ飽きてきている本シリーズ。
だって、アクション爆発シリーズなのでやっぱり映画館で観てこそなんですもん・・・。
とほほ・・・。

さて、本作。
案の定のアクションメガ盛り作品。
そして安定の大味ストーリー。
そのくせメチャクチャ長尺の上映時間(苦笑)
やっぱりノリきれない作品になっちゃっていたなぁ・・・。

まずは良かったところ。
アクションは相変わらず◎。
特にロボット大戦系は見応えばっちりでした。
ただ、なんとなく前作に比べてロボ軍団の活躍が少し減ったような。
ちょっとだけ物足りなかったです。
バンブルビーは分解からの合体シーンとかは観ていて◎。
あとは、ドリフトやハウンド。
彼らの活躍をもっと観たかった。
オプティマスに関してもそこまでド派手に描いていなかったような。
もったいないない。

・・・ん?

思い返すと、記憶が全体的にぼんやりしているなぁ・・・。
なんとなくこんな感じだった、あんな感じだった・・・かなぁみたいな。
やべぇやべぇ。

印象に残ったのが、新キャラの執事みたいなあいつ(コグマン)が
なかなか楽しい奴で良かったな。
マーク・ウォールバーグ演じるケイドとのカラミは見ていて楽しかったし、
ご主人様のバートン(アンソニー・ホプキンス)とのカラミも微笑ましかった。

ストーリーは相変わらず雑な展開。
と言うか、先に書いた通りぼんやりとしか覚えていなくって。
人間たちでも三つ巴ぐらいの戦いがあったり。
トランスフォーマーでも3つ巴みたいなやり取りがあったり。
正直、どれが仲間でどれが敵でみたいなことが、あまり分かんなくなっているんですよね。

結局、主人公がハグしたのが味方で攻撃したのが敵ぐらいの認識方法(苦笑)

へへへ・・・面目ない。

とまぁ、そんな感じで。
やっとこさ、本シリーズ最新作まで鑑賞終了。

いよいよ本シリーズのスピンオフ映画「バンブルビー」の上映です。
ここまでの本シリーズの印象から、観る気はどんどん失せてきているのですが、
いかんせんこの「バンブルビー」の評判がとっても良くって。

しかも、本シリーズは何度も書いているように映画館案件!!
ド派手なアクションをドデカいスクリーンで観る!!
これはマストでしょう。
ってな訳でいざ!!!!

≪点数≫
  5点
                                           (19.03.20鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

未分類 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1607 『いぬやしき』
No1607 『いぬやしき』

2018年制作 邦
監督:佐藤 信介

≪キャッチコピー≫
『こんなヒーロー
見たことない。』

≪ストーリー≫
定年を控えるうだつが上がらない会社員・犬屋敷壱郎(木梨憲武)は謎の事故に巻き込まれ、目が覚めると見た目は変わらず、体の中はサイボーグになっていた。超人的な能力を手にしたことを自覚した彼は、その力を人のために使うことで存在意義を見いだすようになる。一方、犬屋敷と同様の事故で同じ能力を備えた高校生・獅子神皓(佐藤健)は、敵対する人間を全て消し去りたいと考え……。

≪感想≫
原作は奥浩哉先生の作品。
奥浩哉先生の作品といえば「GANTZ」が有名ですね。
アニメにもなったし映画にもなりました。
漫画は僕も好きな作品の一つです。
ただ、最後の方がよく分かんなかったなぁ・・・。
もう一度、読み直さなきゃ。
そして、本作が連載。
これまた僕はしっかりと読ませてもらいました。
全10巻程度なので、とても楽しませてもらいました。
現在も「GIGANT」という作品を連載中。
少しだけ読んだことがありますが、前2作品の世界観と少し似ているなぁという印象。
こちらもいずれ読むとしようかな。
そんな人気作家の人気漫画を実写化。

監督は佐藤 信介さん。
調べてみると「GANTZ」の実写版の監督をされているんですね。
へぇへぇへぇ〜〜。
他にも人気漫画のデスノートの実写版やキングダムの実写版の監督もされているようです。
そして何と言っても、これまた人気漫画「アイアムアヒーロー」の実写を撮った監督さんで。
僕的にこの「アイアムアヒーロー」はとっても大好きな作品で。
日本のゾンビ映画の歴史を変えたと言っても過言でもない優れた作品でした。

そんな、漫画原作の実写版を数多く撮った監督さんの本作は・・・。

なるほど、奥浩哉作品をしっかりと実写化してきたなぁってな感じです。

まずは良かったところ。
アクションは頑張っていたな。
本作はロボ人間になったオジさんと高校生がバトルするっつーお話で。
空中バトルとかがふんだんに盛り込まれているんですが、大好きマーヴェル映画の
アイアンマン」を思い出したり。
あのメカメカしているシーンはやっぱりワクワクしましたよ。

もちろん、予算が違うから、ハリウッド映画と比べたら全然物足りなかったりもしたのですが、
それでもカッコいいなぁと思う部分も多々あって良かったなと。
欲を言えば、もう少し動きを丁寧に見せて欲しかったかなと。
勢いは素晴らしかったんですが、少しガチャガチャしていて勿体無かったかな。
本作のヴィランである獅子神を演じたのは佐藤健くんで。
彼は、実写版「るろうに剣心」シリーズでカッコいいアクションを観せてくれていたので、
もうちょっと、動きのアクションを増やして欲しかったです。

次に、中盤、獅子神が大型モニタに映って無差別にそこにいる人をバンバン撃っていくシーン。
あのパニックになっていく人たちの描写とかは、「アイアムアヒーロー」の素晴らしいパニック描写を
思い出したり。

そんなこんなで演出やルックは良かったところも多々ありました。

そしてここからはダメダメなところ。
お話や展開がイマイチピンとこなかったっす。
漫画で読んでいるときは別に何とも思わなかったんですが、いざ実写で観ると、
色々引っかかっちゃって。
例えば、獅子神が起こす事件は最大最悪でもっとも〜〜っとパニックになっても
いい案件なのでは?
警視総監レベルのお話じゃないぞって。
しかもテロの中身も非科学的で恐ろしいのに、事件が終わったら、何事もなかったかのごとく
過ごしていくって一体・・・。
だってめちゃくちゃ人が死んでいるんですよ・・・・。
いくらなんでもねぇ・・・。
獅子神のラストもちょっと良さげな感じで終わるのには違和感を感じちゃったな。
原作はどんなんだったっけかなぁ・・・。

あと、主人公である犬屋敷壱郎と家族の再生のお話も中途半端だったな。
結局、息子のいじめられっ子話は解決しなかったよね。
家族の仲もこれから良くなっていくのかな。
もう少し、距離を縮めてくれても良かったなぁと。
他にも、犬屋敷さんはあんなに頑張っているのに、人の良い人間なのに、
あそこまで周りに煙たがられるってないよなぁって・・・。
なんか、本人の人間性と周りの対応の差を見ていると、周りの奴らが
すっごい嫌な感じに見えちゃってね。
とほほ。

基本的に、漫画で描いている部分の大部分はカットされているせいか、
飲み込めなくなっちゃってたんです。
残念無念。

そんな感じで。
アクションや演出には一定の楽しさ、満足を得た本作。
ただ、お話が正直ピンとこなかったかな。
むむむ・・・。

≪点数≫
  6点
                                           (19.02.24鑑賞)


こちら原作漫画。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

未分類 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1604 『ガーディアンズ』
No1604 『ガーディアンズ』

2017年制作 ロシア
監督:サリク・アンドレアシアン

≪キャッチコピー≫
『その力を、恐れるな。』

≪ストーリー≫
冷戦下のソ連。違法な遺伝子操作で誕生した、特殊能力を持つ兵士による超人部隊が作られようとしていた。しかし、科学者のクラトフが研究所を爆破し、超人たちも姿を消してしまう。50年後、超人化したクラトフがロシアの崩壊を画策。獣化能力を持つ科学者アルススらかつて行方をくらました4人の超人は、クラトフを倒すため再び集まり、ガーディアンズを結成する。

≪感想≫
ロシア版ヒーロー作品!!

色んな能力を兼ね備えた改造人間たちが悪に立ち向かうっつーお話。
大好き「アベンジャーズ」的な!?
大好き「X-メン」的な!?

なんて楽しそうなテーマなんでしょう!!

そんなこんなで楽しみにしながらいざ鑑賞・・・。

・・・ん?
・・・んん??
良いところもあるんだけど、なんだかアガんないなぁ・・・。

まずは良いところ。
キャラのルックは最高でした。

主要キャラは4名。

自分の周りにある石や岩を操るレア、岩石漢っぽいんですが、見た目はスマートで
後に手に入れる武器、鞭を使った動きはカッコ良かったです。
初登場シーンも何やら強さを醸し出している感じとかね。

超高速移動能力を持ったハン。
僕的にはこいつが一番好きかな。
だって見た目が、まんま「アベンジャーズ」のバッキーこと、ウィンター・ソルジャー!!
武器も半月型の刀で、見た目もアクションも◎。

熊男のアルスス。
こいつは熊男と言うよりかは、終盤はもう熊でした(苦笑)
クセニアとのコンビプレイはこれまた◎。

透明人間クセニア。
紅一点でルックも美人さんで良かったっす。
ただ、もう少しアクションをみせてほしかったな。
「アベンジャーズ」のブラック・ウィドウ的な。
「X-メン」のミスティーク的な。

この流れでアクションについて。
先に書いた通り、アクションもそこそこ楽しめたりしたんです。
ただ、やっぱり撮り方のせいか、ちょっと見にくかったり、
少しだけダサかったり感じちゃったんですよね。
物足りなさを感じちゃったりしてね。
少し残念無念・・・。

あとは・・・そうそう。
ヴィランであるクラトフは能力(電気を操る)はカッコ良かったのですが、
いかんせんルックが少しダサかったです(苦笑)

お話について。
本作は90分ぐらいかな。
とにかくテンポが速くって。
どんどん勢いよく話が進んでいく。
しかも、ありきたりな話が(苦笑)。
映画を観ているというより、30分の戦隊ものを観ている感覚に近かったかな。
ドラマがあるようでない。
ひたすら、既視感バリバリの展開が流れていく。
それを思えば、ドラマシリーズで撮ってもらった方が良いのでは!?
なんてこと思いました。

そんなこんなで。
好きな部分もあるんだけど、絶賛はできない感じ。
ダメダメな部分もあるんだけど無下にはできない感じ。
毒にも薬にもならないとはこのことかな。

ただ、嫌いじゃないんだよなぁ・・・。
続編も撮って欲しいとすら思っちゃっているんですよねぇ(笑)
そんな感想でした!!

≪点数≫
  5点
                                           (19.02.20鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

未分類 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1594 『密偵』
No1594 『密偵』

2016年制作 韓
監督:キム・ジウン

≪キャッチコピー≫
『日本警察vs義烈団
     運命の歴史に名を刻め!』

≪ストーリー≫
日本統治下の1920年代の朝鮮半島、朝鮮独立運動団体「義烈団」を監視する特命を受けた朝鮮人の日本警察官イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に近づく。一方、義烈団は主要施設を破壊するため爆弾を京城へ輸送する作戦をひそかに進めていた。義烈団と日本警察の諜報(ちょうほう)戦が展開する中、爆弾を載せた列車は京城に向かい……。

≪感想≫
韓国映画。

監督はキム・ジウンというお方。
調べてみると、以前観たシュワちゃん主演の傑作「ラストスタンド」や
韓国版西部劇の良作「グッド・バッド・ウィアード」をとった監督さんで。
上記2作品ともエンタメ性が強くってアクションもカッコいい印象。
両作とも大好きな作品です。

そんな監督さんが撮った本作について。

時代は1920年代の韓国。
日本の統治下にあった朝鮮では、独立運動をする革命軍が活発に活動していた。
日本軍にて働く朝鮮人と革命軍との攻防を描いた作品。
タイトルの通り密偵が暗躍しまくるお話で。

緊張感バリバリの手に汗握る良作でした!!

序盤、中盤は登場人物の紹介や舞台の描き込みに力を入れていて。
誰が味方で誰が敵か。
敵の中に味方がいて、味方の中に敵がいて。
じっとりとした舞台の中でどんよりとしたスパイ映画が描かれる。
日本統治下の時代なので日本語を喋るお役人がいたり英語を喋る革命軍がいたり、
韓国語はもちろん日本語、英語、中国語もあったかな。
色んな言葉が飛び交って、さらに緊張感が増す状況。
誰がどこまで把握しているのか的なね。

緊張感がビンビンに伝わったのは演者さんが素晴らしかったのもあって。
まずは大好きソン・ガンホ(イ・ジョンチョル)。
日本警察にて働くジョンチョルは革命軍の二重スパイとして日本軍に
立ち向かう事になるんですが、彼も最初は日本のために働く男で。
最後の最後までどっちにつくのかという葛藤の中奮闘する姿に
グッときたりね。
日本語も上手だったなぁ。
字幕が付いていましたが、彼の話す日本語はそこまで違和感なく聞くことができましたよ。
革命軍(作中では義烈団)の中心人物であるキムを演じたコン・ユ。
新感染 ファイナル・エクスプレス」「サスペクト 哀しき容疑者」にも出ていましたね。
爽やかフェイスの中に折れない心を持った戦士を演じておりましたよ。
彼とジョンチョルの一連の絡みは、鑑賞後、色々思うところがあってグッときましたよ。
日本軍役で日本の俳優さんである鶴見辰吾さんが出ていました。
彼も憎たらしい日本軍役を見事に演じていました。
あの拷問シーンの仕打ちはねぇ・・・。

そしてそして。
僕的本作のMVPはハシモトを演じたオム・テグさん!!
あのフェイスがなんともね。
野心バリバリでどんな事でも見逃さないぜ的な鋭い顔つきは
とっても見応えがあって、彼のおかげで緊張感がさらに増しましたよ。

中盤からは、キム・ジウン節炸裂なのか、アクション的な
エンタメシーンが登場。
列車内でのハシモト達とのバトルシーン。
これまでの静かで重々しいシーンからいきなりの展開。
メチャクチャ派手ではないんですが、振り幅のデカさでやられてしまいました。
その後の駅での銃撃戦や、山小屋からの逃走銃撃戦。
中々見応えがあってよかったです。

演出についてはもう一つ。
韓国映画の拷問シーンはやっぱりエグい。
すんごい痛みを伴った痛々しいシーンでしたねぇ。

そして終盤はまた少し落ち着いたトーンに。
それぞれの生き様の魅せ方に特化したシーンの数々。
それぞれが自らの志に従って生きていく。
数々の犠牲も厭わずに行動していく男達。
痺れますねぇ・・・。
僕的にちょっと歴史的な背景が知らないという無知な部分もあって、
勿体無いことをしていますが、グッとくる着地に仕上がっておりました。

とにもかくにも。
ある程度史実に基づいた作品で、かつ日本が悪者に描かれている作品。
ただ、完全な悪としても描いていなかったので、心がキュッとなることはありませんでした。
どの時代にもいる革命戦士達の生き様を十分に堪能させていただきました!!

≪点数≫
  8点
                                           (19.01.20鑑賞)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

未分類 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ