FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1692 『クレイジー・リッチ』
No1692 『クレイジー・リッチ』
2018年制作 米
監督:ジョン・M・チュウ

≪キャッチコピー≫
『私の彼はスーパーセレブ
     愛してるだけじゃダメみたい』

≪ストーリー≫
ニューヨーカーのレイチェル(コンスタンス・ウー)は、親友の結婚式に出るためにシンガポールに行くという恋人ニック(ヘンリー・ゴールディング)に同行する。ニックの家族と対面することも決まったレイチェルは、彼がシンガポールの富豪一族の御曹司だと知って驚く。レイチェルはニックの母親のエレナ(ミシェル・ヨー)と会うが、彼女は自分たちの交際を良く思っていなかった。

≪感想≫
ほぼアジア系俳優のみで作られた本作。
アメリカでは記録的大ヒット。
CM等でもしょっちゅう観せてもらいました。

既視感バリバリの設定。
一般の人間が大金持ちと結婚する事になるんだけど、
周りのやっかみや反対にあうっつーお話。

王道的シンデレラストーリーってやつですね。
少女漫画的というか。
日本の人気漫画「花より男子」を思い出したり。
あとは、韓流ドラマでもありそうな展開でしたよ。

映っている方達がアジア人ばっかりということもあって、
既視感バリバリのお話も相まって、ちょっと新鮮さが足りなかったような。

ただね。

本作で描かれる主人公はとっても心根が強い女性で。
そこらへんはアメリカ的だなぁと思ったり。
自らで選択して試合に負けて勝負に勝つ的な。

いくら逆境に追い込まれても心根が折れることのない主人公レイチェル。
あまりにも強い心を持っているので応援するっつー感じではなく、
その強さを見せつけられたという感じでした。

ちょっと脱線しますが、本作のようなお話で出てくる成金キャラって、
嫌な奴の方が多いような。
本作でも、成金ボンボンの方が多かったように感じました。
もちろん、レイチェルの彼であるニックや、ニックの親友のあいつ、
ニックのいとこの女性とかはとっても良い人だったんですが、
いくら何でもバブリーで鼻につく人たちが多すぎてね。
ちょっと、ここら辺はフィクション感が強くってノリ切れなかったな。

本作は恋愛要素の中に、戦う女性像がしっかりと描けていたように感じます。
レイチェルのお母さんもそうだし、ニックの母親もそう。
ニックのいとこの女性もそうでしたね。
基本的に男性はちょっとダメダメな感じもありました。
まぁ、ニックはすっごい良い奴でしたが。
そこら辺の描き方も少しアメリカ映画的だなぁと思ったり。

そうそう。
キャラ的にとても良いキャラが。
レイチェルの親友のペク・リン。
演じたのはオークワフィナさん。
オーシャンズ8」にも出演されていましたね。
彼女に関しては佇まいがもう素晴らしくって。
とても魅力的なキャラクター、女優さんでした。

そんなこんなで。
スタンダードなシンデレラストーリーの中に女性問題や、
アジア人に対しての差別問題だったりを上手に忍ばせていた良作。

アジア人の僕には鮮度はそこまでありませんでしたが、なるほど
アメリカ人が観てこういう作品が好まれるのはとても
好印象だなぁと感じた作品でした。

この調子で色んな作品がハリウッドでもヒットしてくれると
良いですね!!

≪点数≫
  7点
                                           (19.09.16鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト



映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1691 『ブレックファスト・クラブ』
No1691 『ブレックファスト・クラブ』
1985年制作 米
監督:ジョン・ヒューズ

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
土曜の休日と言うのに学校に登校させられた高校生5人。彼等はさまざまな問題を起こした懲罰として自分についての作文を書かされるハメになった問題児ばかりだった。大きな図書館に軟禁状態にされ、何から書いていいのかわからないままだらだらと時間だけ過ぎて行く中、雑談からお互いの身の上話を交わし始めた彼等は次第に心を開かせて行く。

≪感想≫
青春映画の金字塔とも言われる本作。

色んな映画のレビューを読んだり、色んな映画を観ている中で
よく目にし耳にする本タイトル。

いずれ観なきゃなぁと思って、やっとこさ鑑賞。

補習に現れた5人の高校生。
スポーツマン・お嬢様・真面目・不良・変わり者。
それぞれ違うキャラクターが一日を通してだんだん距離を
縮めていくっつーお話。

最初はバラバラだった彼ら彼女らが少しずつ自らの環境と境遇を吐露していく。
他者を受け入れ、そして自分を受け入れる。

あのぐらいの年代(高校生)、思春期真っ只中のあの感じ。
くぅ〜〜〜・・・。
痛いよう、刺さるよう・・・。

ただ、残念ながら私、高校時代なんて、とうの昔のお話。
その時代に観ていたら、また色々と感じるところもあったんだろうなぁって。

世界は自分中心で回っていて、井の中の蛙なものだから、
人の気持ちなんて考えない。
それが悩んでいるのは自分だけじゃない、もがいているのは自分だけじゃない。
そんな事に気付かされて、彼らは思いやる心を持つ。

クライマックスのそれぞれの吐露は本当にグッときました。
彼ら彼女らの世界がどんどん広がっていくあの感じ。
殻をぶち破るあの感じ。

彼ら彼女らのその後を想像するとワクワクが止まんなくってね。
もしかしたらまた新しい悩みにぶち当たるかもしれない。
もしかしたらまた元の関係に戻るかもしれない。
それでも、彼らが過ごしたこの一日はとんでもなく成長を促した
一日になる事は間違いなくって。

グッときますねぇ・・・。

とにもかくにも。
なるほど納得。
青春映画の金字塔たる所以を堪能させていただきました。
とても良い作品でした!!

また色んな作品を観ては本作を思い出したりするのでしょう。
ちなみに、今回は「桐島、部活やめるってよ」「パワーレンジャー」あたりを
思い出したかな。

≪点数≫
  7点
                                           (19.09.15鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1690 『キスキス,バンバン』
No1690 『キスキス,バンバン』
2005年制作 米
監督:シェーン・ブラック

≪キャッチコピー≫
『L.A.の謎は、ゲイか泥棒に任せろ』

≪ストーリー≫
ニューヨークに暮らすサエない泥棒ハリー(ロバート・ダウニーJr.)は、ひょんなことから俳優に間違えられハリウッドへ行くことになる。探偵映画のスクリーンテストに参加することになった彼は、演技のために本物の私立探偵ゲイ・ペリー(ヴァル・キルマー)に弟子入りするが、思いもよらぬ殺人事件に巻き込まれてしまう。

≪感想≫
このタイトル、どこかで聞いた事あるなぁと思ったら、以前も
キス★キス★バン★バン」という同名映画を観ていました。
関係あるのかなぁ・・・。

さてさて。

大好きロバート・ダウニー・Jr主演の本作。
やっぱりカッコ良いよなぁ。
本作のキャラ的には三の線だったので、ちょっと「アイアンマン」の
トニー・スタークを思い出したり。

お話は的にはバディもの。
ロバート・ダウニー・Jr演じるハリーとヴァル・キルマー演じるペリーの
コンビがとある事件を追っかけるというお話。
ハリーは泥棒上がりのちょいと抜けた男で。
ペリーはゲイのタフガイ。
どちらも根っこは良い奴の名コンビ。
ヒロインは美人なミシェル・モナハン。

この手の設定・・・どこかで観た事あるなぁと思ったら、以前観た
ナイスガイズ!」という作品。
あれも、大好きライアン・ゴズリングとラッセル・クロウのバディものでした。
ちょいと調べてみるとなるほど納得。
本作の監督シェーン・ブラックは「ナイスガイズ!」の監督さんのようで。
通りで・・・。
それを踏まえて考えると、あれもこれも似ているかもって感じ。

ちょっとしゃれた感じとか。
ちょっとコミカルな感じとか。
良い塩梅で楽しませてもらいました。

ただ、本作は少しだけ物語の展開が複雑だったかな。
ちょっと飲み込みづらかったような。
少し咀嚼が必要でしたよ。

所々に挟み込むコミカルな演出。
ハリーの薬指がチョンパするシーン。
ハリーがノリでロシアンルーレットするシーン。
ハリーとヒロインのハーモニーの恋模様。
十分に楽しませてもらいました。

とにもかくにも。
大好きロバート・ダウニー・Jrの若かりし作品を観れたのは良かったです。
作品的には「ナイスガイズ!」の方が好きですが、気持ちの良い作品に
仕上がっておりましたよ!!

≪点数≫
  6点
                                           (19.09.09鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1689 『あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE』
No1689 『あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE』

1998年制作 邦
監督:成田 裕介

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
国際指名手配中のテロリスト城島と銃器の密輸をめぐって激しい争奪戦を繰り広げてきたタカとユージ。大量の銃器は押収できたものの、残虐な殺人を犯して逃走した城島にいきどおる2人は城島の足取りを追って、夜、外国人がたむろするプールバーに乗り込むが……。

≪感想≫
「あぶない刑事」シリーズ第5弾。

先日から鑑賞している本シリーズ。
特に代わり映えなく一定量の楽しさを提供してくれている印象。

さてさて。

ん??
これは何かの続きっぽいぞ・・・。

調べてみると、まずテレビで本作の前日譚があったみたい・・・。
やっちまったよう・・・(軽涙)。

ただ本作が始まる時に、1、2分程度のダイジェストが流れていたので
問題ないない。
というか、本シリーズってストーリーなんてあってないようなもんなので
問題ないない。

そんなこんなで、本作について。
相変わらずのあぶ刑事節。
またこいつらバカやってらぁってな感じ。

何でしょう、もうカッコ良さがだんだん減ってきていて。
これまではカッコいいと面白いのバランスが5対5ぐらいだった印象ですが、
今はそのバランスが崩れて8対2ぐらいで面白さが勝っている印象。
しかもこの面白さが結構馬鹿馬鹿しい笑いなものだから、
カッコ良い場面もちょっとピンとこなくなっちゃっているんですよね。
むむむ・・・。

本作も前作に引き続き敵キャラは良い味出していました。
傭兵集団でボスを演じているのは加藤雅也さん。
この人のルックはほんとカッコいいっすよねぇ・・・。
キレ者悪党が本当に似合います。

最後はタカとユージの乗った船が爆発して終わりを迎えます。
これはさすがに死んじゃったんだろうなぁという終わり方。
いやいや、どうせ生きてんでしょ(笑)
これぞ「あぶない刑事」シリーズな着地。

本作も堪能させていただきました!!
さぁ、次々!!

≪点数≫
  5点
                                           (19.09.08鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1688 『スウィンダラーズ』
No1688 『スウィンダラーズ』
2017年制作 韓
監督:チャン・チャンウォン

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
ある日、有名な詐欺師のチャン・ドゥチルが死亡したと報じられた。しかし、詐欺師のみをターゲットにしている詐欺師ファン・ジソン(ヒョンビン)は、チャン・ドゥチルが生きていると確信。検事のパク・ヒス(ユ・ジテ)と協力し、ジソンや美貌と話術を武器にしているチュンジャ(ナナ)ら5人の詐欺師は、チャン・ドゥチルの行方を探る。

≪感想≫
韓国映画。

大物詐欺師(チャン・ドゥチル)に父親を殺された青年(ジソン)が、復讐に立ち向かうっつーお話。

なるほど、二転三転ゴロゴロ転がる展開に
楽しませていただきましたよ!!

さてさて。

もう少しお話を書くと、チャン・ドゥチルを追う人物は他にもいて。
それは検事のパク・ヒス。
このパク・ヒスとジソンが手を組んでドゥチルをやっつけにかかる。
そこから二転三転って感じ。

この手の作品はこの二転三転がいかに楽しいかにかかっていて。
いわゆるコン・ゲームってやつですな。
本作のそれは、ちょっと読み通りの部分はたくさんありましたが、
やっぱり気持ちよくってね。

中盤あたりから、きっとこいつが黒幕で、あいつもきっと裏切るんだろうなぁとか、
きっとこいつも実は仲間なんだろうなぁとか。
そこら辺の予想がが綺麗に当たっていて。

ただ、僕的には実はジソンの父親は生きているんじゃないかという展開を待っていたんですが
さすがにそれはなかったですね(笑)
あと、ジソン達が中盤でターゲットにするドゥチルの側近的あいつが実は
ジソンの仲間だったのは読めなくって驚きましたよ。

パク・ヒスの悪党っぷりも良かったな。
こいつ、きっと自分のことしか考えていないんだろうなぁ感がビンビンで
憎ったらしくて◎。
パク・ヒスの部下詐欺師の三人組。
彼らももっとも〜〜〜っと、活躍させて欲しかったな。
僕的にはIT担当のあいつとか、ルック的にも応援したくなるキャラでしたよ。

あと、政治家達のいかにも悪い面構えも韓国映画っぽくて素晴らしかったです。

キャラやルックには満足させられましたよ。

そんな感じで。
二転三転のストーリー展開に楽しませてもらった本作。
絶賛!!というとこまでは行きませんでしたが、一定量の満足感は
味わえました。
ふふふ。

≪点数≫
  6点
                                           (19.09.07鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ