FC2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1651 『GOEMON』
No1651 『GOEMON』

2008年制作 邦
監督:紀里谷 和明

≪キャッチコピー≫
『愛する者のために。』

≪ストーリー≫
織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介)がすい星のごとく現れ、庶民を熱狂させる。そんな中、五右衛門は盗み出した財宝の中に重大な秘密が隠されている南蛮製の箱を見つけるが……。

≪感想≫
ラストナイト」の紀里谷和明監督作品。

本作のCMを観たとき、
「なんとまぁスタイリッシュでカッコ良さげな作品」
なんて思ったり。
そして紀里谷監督のデビュー作「CASSHERN」も
観たかった作品の一つ。

ただ、上記2作品に関しては、良い評判を聞かなくってね。

そんな感じで恐る恐る鑑賞して観ました。

さてさて。

むむむ・・・なんだかなぁ・・・。

基本、全体的に嘘くさくって。
開始数分、いや数十秒で
「こりゃ面白くなさそうだぞ・・・。」
という印象。

まずルック、画が安っぽくって。
全体的にCGを多用された映像。
時代は戦国時代。
キャラクター描写とか、アクションとか風景とか、一つ一つがなんか
ダサいというか惜しいというか。
カッコ良く撮りたいのはわかるし、カッコ良さげに観えるんですですが
ハマらなくって。
アクションシーンについても、演者さんはカッコいいんですよ。
ただ、画がなぁ・・・。
ちょっとスローにしたり、バキッとカットを止めたりとアイディアは
満載だったんです。
ただ、なんか僕的にハマらなかったんですよねぇ。

キャラクターについて。
キャラについても、我儘な奴らばっかし。
基本、GOEMONもすっごい自分勝手で。
自由を謳歌するキャラなんだけど、そのせいでいろんな人が迷惑がかかる。
それをメッセージとして、GOEMONが成長していくのなら良いんですが、
最後の着地もそんなに良い感じじゃなかったんですよね。
なんかひたすらキャラの描き方にひっかかりまくりで。
良さげに見せようとする、あざとさとかわざとらしさが前面に出ているように
感じで、これまたハマらなかったっす・・・。

僕、思ったんですが、本作が基本コメディ映画だったら良かったのに。
コメディなんだけど、カッコいいところはカッコよく写すみたいな。
なんだか、画角とか世界観とか、どこかコントチックに見えて。
「これ、笑わせにきていないかい??」
って思ったり。
そこに移る人物描写だったり。
そこに移るアクション描写だったり。
そこに移る風景だったり。
なぁんか違和感バリバリだったんですよね。
だから、こういうのって笑わせにきてますよって狙ったほうが、まだ許せたんじゃないのかなって。
なんだかなぁ・・・。

良かったところは、なんでしょう・・・紀里谷監督のこの作品に対する
愛情は感じることができました。
良い意味でイキきっていて。
それがたまたま、僕が観たかった、僕の感性にハマることがなかった感じ。
良くも悪くも決して観る側に合わせに行った感じが一切しない。
そこはまぁ、好感持てるかな。

ただ、やっぱり楽しくなかったんですよねぇ・・・。
う〜〜〜ん・・・つまらなかったっす。
もやもやもやもや・・・。

≪点数≫
  3点
                                           (19.06.23鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト
映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1650 『メン・イン・ブラック3』
No1650 『メン・イン・ブラック3』

2012年制作 米
監督:バリー・ソネンフェルド

≪キャッチコピー≫
『ヤツらはタイムスリップで地球を守る』

≪ストーリー≫
秘密組織MIB所属のエージェントJ(ウィル・スミス)とK(トミー・リー・ジョーンズ)は、日々異星人の取り締まり追われていた。長年コンビとしてやってきた2人だが、Kの単独捜査をいぶかしんだJは直接そのことを彼に問いただす。だが、本人は全然聞く耳を持たず何の情報提供もしてくれない。次の日、本部でJはKを捜していたが40年以上も前に死亡していたと聞き……。

≪感想≫
本シリーズの最新作が劇場にて公開されているということで、
復習を兼ねて1作目から鑑賞。

思ったより本シリーズを楽しめていない私。
なぁんか、初めて観たときの記憶ではすっごい楽しめた気がするんですが。

ちょっと出オチっぽくってね。
ただ、僕的に1作目に比べたら2作目の方が楽しめて。
徐々に楽しめるようになってきました。

さてさて。

まずは良かったところ。
お話が良かったな。
ネタバレになっちゃいますが、最後のJの父親のお話の件。
二人をサポートしてくれた軍人さんがJのお父さんだったんですね。
想像していなかった展開だったので素直にグッときたり。
ただ少し物寂しい想いも。

あと、グリフィンというキャラクターも楽しいやつだった。
五次元の中で生きているという、よく分からない設定で、
未来を様々な角度から見ることができている特異なやつで。
こいつの語りや行動とかは魅力的でしたよ。

ここからは悪かったところ。
全体的に世界観とかは飽きちゃったかな。
例えば、KやJたちの武器とかメカとか。
特に目新しい感じもなくって。
宇宙人たちのルックとかもそんなに心躍らなかったなぁと。

あと、これはいつも思うんですが敵に魅力を感じないんですよね。
もっと、派手めだったり、もっと冷徹だったりとアクの強さが
あったら最高なのに。。
もったいないない。

なんでしょう。
ここ数年はマーヴェルとかDCとかアメコミ作品を見慣れているせいか
どうしてもちょっと物足りなさを感じちゃってね。

ふぃ〜〜。

そんな感じで。
楽しめはしたんです。
先に書いた通りお話はグッとする部分もあって。
新キャラを演じたジョシュ・ブローリンや相変わらずのウィル・スミスも
観ていて楽しかったし。
一定の満足は得られました!!

さて、いよいよ新作だ!!
主役コンビもガラリと変わるみたい。
いざいざ!!

≪点数≫
  6点
                                           (19.06.23鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1649 『神と共に 第一章 罪と罰』
No1649 『神と共に 第一章 罪と罰』
2017年制作 韓
監督:キム・ヨンファ

≪キャッチコピー≫
『いま、地獄の門が開かれる――』

≪ストーリー≫
亡くなった消防士のジャホンの前に、冥界から3人の使者が現れる。そのカンニム(ハ・ジョンウ)とヘウォンメク(チュ・ジフン)、ドクチュンは、ジャホンが転生するために死後の49日間に受けなければならない七つの地獄の裁判の弁護と護衛を担っていた。使者たちは、ジャホンの生前の善行が認められ19年ぶりの貴人として転生するのは確実だと浮かれていた。

≪感想≫
韓国映画。

韓国作品は定期的に鑑賞。
以前観た「新感染 ファイナル・エクスプレス」という素晴らしいゾンビ映画が
ありまして。
韓国ではその作品より大ヒット!!
そして韓国国民の半分観たとの謳い文句に惹かれて劇場にて鑑賞してまいりましたよ。

さてさて。

なるほど。
また新たなるジャンルを開拓してきたなぁ・・・。
ボロ泣きしながらも楽しいファンタジーアクションに仕上がっておりました。

お話は地獄のお話で。
人が死んだ後、地獄に落ちて7つの裁判を受けるという。
その全ての裁判で無罪を勝ち取ると生まれ変われるんだって。
消防士のジャホンは3人の弁護と警護を担当する冥界からの使者と共に
地獄を旅するっつーお話。

まずルックが新鮮。
これまでの韓国映画では観た事ないような世界観。
ちょっとファンタジー色の強い地獄の画。
決して安っぽくなくってド派手。
ここら辺は観ていておぉってね。

バトルアクションも良かったです。
欲をいえばもう少しカッコいい殺陣が観たかった気もしますが、問題ないない。
一定のクオリティは保たれていたので見応えありました。
武器がカッコ良かったんですよね。
あのツインソードみたいな武器とか素敵でしたよ。

キャストも素敵。
3人の使者たち。
1人目は大好きハ・ジョンウ氏演じるカンニム。
クールな出で立ちでプロフェッショナルな対応。
惚れてまうぜ!!
2人目は僕的MVPのキム・ヒャンギ演じるドクチュン!!
何と言ってもキノコカットのルックがキュート。
見ていて、にこにこさせてくれるルックスで◎。
性格もまた良くってね。
もし、本作の世界観が本当なら、僕も死んだ後はこの子に弁護してもらいたいなぁって(笑)
3人目はチェ・ジフン演じるヘウォンメク。
彼はちょっとコメディリリーフっぽい役回り。
少し大泉洋を彷彿とさせる感じで良かったです。
他にも7人の地獄の大王達も色とりどりで見ていて楽しかったっす。
人間界の登場人物も素敵な方々。
これはお話にも繋がるんですが、とても家族愛が溢れていて。
徳の高い家族。
兄弟と母親。
悲しいお話の中に希望が満ち溢れていてね。
クライマックスはボロボロと泣きながら観ていましたよ。

アクションもカッコ良かったんですが、何気にお話に泣かされちゃったよぅ・・・。

もちろん、ダメダメに感じた部分もあったんです。
基本的に設定にはツッコミどころも多かったように感じて。
そもそも、この人が死んだら生まれ変わるために7つの裁判を受けなくちゃいけないというシステム。
めちゃくちゃ徳の積んだ人じゃないと恐らく生まれ変わることができないこのシステム。
いくらなんでも、無理ゲーすぎる!!
そんな聖人みたいなやつはいないぜ!!
自分の過去を振り返るとまぁ無理ですわな(苦笑)
あと、主人公のジャホンもそんなにできた人間に見えなかったんですよね。
もちろん、めちゃくちゃ良い奴なのはわかるんですが、地獄での立ち振る舞いが
そんなに好感が持てなくってね。
使者達も、敢えてハプニングを起こしている節が見え隠れして、
完璧には少し遠くってね。
そこら辺は少し勿体なかったかな。

とはいえ・・・。
僕的には新ジャンル韓国映画。
アクションもカッコ良かったし、お話にもどどどと泣かされた。
これまで観てきた韓国映画にはなかったジャンルかも。
いやぁ、満足満足。

本シリーズは2部作。
本作は家族のお話でしたが、次回は使者達のお話になるみたい。
しかも、本作の最後には大好きマ・ドンソク兄貴の姿が!!
楽しみすぎます!!!!

≪点数≫
  8点
                                           (19.06.16鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1648 『メン・イン・ブラック2』
No1648 『メン・イン・ブラック2』

2002年制作 米
監督:バリー・ソネンフェルド

≪キャッチコピー≫
『ノリで地球を守った2人
     あのKとJが帰ってくる』

≪ストーリー≫
5年前、相棒のKとともに地球の危機を救ったJは、いまやMIBのエリート捜査官。日常業務を淡々とこなす平穏な毎日を送っていた。しかし、そんな彼の前に新たな敵が出現した。地球上では下着のモデルとして活躍している超セクシー宇宙人のサーリーナに、なんとMIB本部が占拠されてしまう。一人助かったJが頼れるのは、現在は引退している元相棒のKだけ。ところが、郵便局員となったKは完全に平和ボケ状態。しかもエージェント時代の記憶をきれいに消されていた。果たして、Kは記憶を取り戻し、敏腕エージェントとしてJとともに地球を救うことができるのか?

≪感想≫
本シリーズの最新作が劇場にて公開されるということで、
復習を兼ねて1作目から鑑賞。

むかぁし、何回か観た事があって、結構楽しめた印象。
ただ、昨日観た1作目はそんなに楽しめなくって。
なんか思ったより派手じゃないし、全てが出オチっぽくてね。
まぁまぁまぁ。

そんな感じで恐る恐る、2作目を鑑賞。

・・・おっと、前作よりは楽しく仕上がっていますね!!
自由度が増した感じ。
好き勝手やってんなぁ感が溢れていて。
素直に楽しかったですよ。

前作で世界観が確立されているからか、はたまた単純に制作費がアップしたからか。
まず、ルックの派手さが格段にアップしていました。
クライマックスのバトルからボスをやっつけた後の花火的映像とか。
宇宙人たちの生生しさとか。
CGが多用されているように感じました。

キャラたちも良かった。
KとJの名コンビっぷりも相変わらずでしたが、前作から出ている
パグちゃんとか、パチモン屋の宇宙人とかも◎。
敵のダブルヘッドのあいつも良かったな。
そして僕的MVPは名前が分かんないですがあの軟体宇宙人4体組のあいつら。
なんとも愉快でしたね。
もっと活躍して欲しかったなぁ。
あと、ロッカーにいた種族も楽しかったですね。
とにかく、キャラに関しては楽しいやつらばっかりで好印象でした。

そうそう。
これは前作でもそうだったんですが、実社会のあの人やあの人も実は
宇宙人でした的なネタ。
楽しかったなぁ。
デニス・ロッドマンとか、スタローン、プレスリー等々。
本作ではマイケル・ジャクソンが出ていましたね。
思わず笑っちゃいましたよ。

お話に関しては相変わらず特にひねりのないお話。
この部分に関しては、まぁアガる事なく。

そんなこんなで。
前作よりは十分に楽しめた本作。
ただ、めちゃくちゃ楽しめたかというとそうでもなかったり。

う〜〜〜ん、まぁまぁまぁ。

さぁ次回が今のメンバーで最後の作品。
このまま尻上がりでいったれぃ!!

≪点数≫
  6点
                                           (19.06.09鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1647 『メン・イン・ブラック』
No1647 『メン・イン・ブラック』

1997年制作 米
監督:バリー・ソネンフェルド

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
NY市警の警官ジェームズは逃走中の犯人が人間でない事を知るが、その記憶は警察署に現れた黒服の男“K”によって消されてしまう。“K”はMIBと呼ばれるエイリアン監視組織の一員だった。ジェームズの腕を認めた“K”は彼を組織にスカウトし、二人は地球に無断で侵入して来た昆虫型エイリアンの追跡を開始する。

≪感想≫
本シリーズの最新作が劇場にて公開されるということで、
復習を兼ねて1作目から鑑賞。

本シリーズ。
印象はスタイリッシュでクールなハチャメチャコメディって感じ。
テーマソングもカッコ良くって、演者も◎。
昔、何度か観たけど覚えていないかも。

そんなこんなで1作目となる本作は・・・。

・・・ん?
・・・・・んん??
思っていたよりショボいぞ・・・。

まずは良かったところ。
全体的に初見はすべてカッコ良かった。
例えば、MIBの武器とかメカとか。
車もイケていたし、武器の攻撃力とかもイケていた。
主演二人のあのバチっと決まった黒スーツ、サングラス姿も
真似したくなるぐらいスタイリッシュで素晴らしかった。
地球に住むエイリアンたちも多種多様で楽しかったし。
パグがしゃべるあたりも良い感じ。

ただ、そのカッコ良さや楽しさが持続しなかったんですよね。
お話がつまらなかったのもあるのかな。
なぁんか物足りなくって。
ラスボスとのバトルや決着のつけ方も派手さに欠けたし。
アクションシーンも物足りなかった。

あれ?
こんなんだっけかなぁって・・。
昔観た印象はもっと派手で楽しかった気がしたんですが・・・。
残念無念。

主演二人のキャラクターは微笑ましかったんですが。
動けるウィル・スミスとベテランのトミー・リー・ジョーンズ。
最高のバディ感が出ていてね。
それだけに最後はグッと来たり。
少し「キングスマン」の師弟コンビを思い出したりなんかして。

そんなこんなで。
短めですが、なんだか物足りなく感じたシリーズ1作目。
新作までのシリーズはあと2作品。
ちょっと観るのが怖いなぁ・・・。

≪点数≫
  6点
                                           (19.06.09鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ