■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1304 『バイオハザード:ザ・ファイナル』
No1304 『バイオハザード:ザ・ファイナル』

2016年制作 米
監督:ポール・W・S・アンダーソン

≪キャッチコピー≫
『見届けよ、最期。』

≪ストーリー≫
アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが……。

≪感想≫
「バイオハザード」シリーズ最新作。

本作は6作目であり最終作とのこと。
もとは大人気ゲームシリーズでそれをミラ・ジョボビッチで実写化。
しかも監督は旦那さんであるポール・W・S・アンダーソン。

これまでは、良く言えばいかに奥さんであるミラをカッコ良く映すかに
特化したシリーズ(笑)

さて本作。
相も変わらずのミラ・ジョボビッチ力!!!!
本作でもその無双っぷりはハンパなく大活躍してくれました。
バイクアクションやナイフアクション、体技も素晴らしくバッタバッタと敵をなぎ倒す。
どんなに追い詰められようが、事故にあおうが、撃たれようが刺されようがけして
死ぬことのないミラ姉さん。
いやぁーーー、ここまできたらもうただ魅入るしかないってなもんで。

ただね・・・。
前作はこのミラ無双が楽しかったんですが、本作は撮り方のせいかちょっとねぇ・・・。
あまりにもガチャガチャしすぎていて、正直、どういうやりとりが起こっているのか
分からなかったんです。
いつのまにか戦闘がおこっていつの間にか終わっているみたいな。
なんとなく、こんな感じでやっつけたのか・・・・な???みたいな。
もう少しゆっくりテンポでカッコ良く見せてもよかったのにな。
残念無念。

確かにホラー演出的にはOKなんです。
静かな所から、急にドンッ的な演出は正直、いちいち驚きましたもん。
僕の横に座っていた女子高生らしき子達もメチャクチャビビってましたもんね。
ただ、この演出も少し多すぎて最後の方は驚きと共に苛立ちもありましたが・・・(苦笑)

演出については前作が良かっただけに、少しもったいない感じがしましたよ。

キャラについて。
ゾンビキャラについては、冒頭の空飛ぶゾンビや通常のゾンビ、ケルベロスや、
改造人間的な化け物ゾンビ。
いかにもゲーム的ルックのゾンビキャラが盛りだくさん。
ゾンビと言うかどちらかと言うとエイリアンみたいな感じかな。
まぁ悪くなかったです。
悪党どもについて。
本シリーズ、ここまで来ると敵はゾンビじゃなかったりもして。
アンブレラ社のボス、アイザックス博士とその側近ウェスカー。
ラストのアイザックスとのバトルは最高でした。
特にレーザー室でのバトル。
あれは1作目にも出ていたレーザールームなので、でてきた瞬間
「オッ!!!!」
って少しアガりましたよ。
ウェスカーはイマイチ活躍しませんでしたね。
以前はあんなに強かったのに・・・。
もうちょっとバトルアクションを増やしても良かったのにな。
味方キャラについて。
正直、どれもころもミラ姉さんのお豆的キャラでもったいなかったなぁ。
モデルのローラもあんなに宣伝ではフューチャーされていたのに、
いざ蓋を開けてみると、あんなチョイ役だったなんて・・・。
とんでもなくかわいそう・・・。
まぁ、ローラだけではなかったんですけどね。
僕的にはメカニックの女性アビゲイルがカッコ良くって好印象。
戦う女性感がプンプンしていたのに、これまたかわいそうな役所。
もっと活躍させてくれよ!!!!

キャラについて、演出について、全体的にやはりミラ・ジョボビッチのために
作られた作品といった感じでしたね。
・・・・いや待てよ。
例外が一人だけ。
それは、アンブレラ社の人工知能であるレッド・クイーン。
彼女は何と!!!!!
ミラとポール監督の愛娘エヴァ・アンダーソンちゃんなんですって。
どんだけ家族愛に溢れた作品なんでしょうか(笑)
ここまでくると潔すぎてお手上げです。

総括。
6作品出された本シリーズ。
お話はしっかりと締めてくれたのか!?
なんてことは正直どうでもよくって。
だって、内容なんてほとんど覚えていない始末・・・(苦笑)
ただ、ポール・W・S・アンダーソンの妻への愛情と娘への愛情はこの上なく
感じる事ができた本シリーズ。
あと、ミラ・ジョボビッチはカッコいいなぁって思えた本シリーズ。
ラストのように描かれていますが、なんか復活しそうな気もするなぁ・・・。

乞うご期待!!!!!

≪点数≫
  6点
                                           (16.12.26鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト
映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1303 『ゴーストバスターズ2』
No1303 『ゴーストバスターズ2』

1989年制作 米
監督:アイヴァン・ライトマン

≪キャッチコピー≫
『 ― 』

≪ストーリー≫
前作から5年後、ニューヨークの地下でスライムと化した無数の怨念が地表へ出現する。その背後に中世ヨーロッパの悪神ビーゴの存在を突き止めた元ゴーストバスターズの面々は、再び幽霊退治に乗り出す。

≪感想≫
「ゴーストバスターズ」シリーズ第二弾。

子供のころ何度も観た「ゴーストバスターズ」。
あの音楽やルックが大好きなんですよね。

ただ、先日久しぶりに鑑賞したら、あまりのストーリーの雑さに憤りを感じちゃって。
想像していた通り、期待通りのキャラやメカは嬉しかったんですが、いかんせんお話がねぇ・・・。

さて本作。

うーーーーん、まぁまぁまぁ。
お話的には前作よりよくできていました。
前作で、本シリーズの楽しみ方を押さえていたせいか、ストーリーの雑さは気になりませんでしたよ。
かわりに、主要メンバーたちの成長した姿を見る事ができて良かったなぁって。
なんとなく展開もスムーズでしたしね。

キャラについて。
前作からのメンバーはそのまま登場。
ゴーストバスターズ、4名のワイワイキャッキャはやっぱり観ていて楽しい。
僕的にはやっぱりレイモンドとイゴンが好きだなぁ。
特にレイモンド。
あのふぬけた感じの風貌とキャラクターがなんともね。
イゴンのバカ真面目っぷりも最高。
そういやイゴンってあんなに声が低いんですね。
記憶と違った・・・(苦笑)
あと、前作にも登場していたへっぽこ税理士のアイツ。
5人目のゴーストバスターズとして活躍!?していたような・・・。
これまた前作から登場の受付嬢のあの娘との迷コンビっぷりも良かったですね。

ゴースト描写について。
前作から時が経ったのもあって、少し技術が進化したのかな。
前作よりちょっとだけリアルよりになっていました。
法廷で出てきた兄弟お化けもしっかりと映していたし。
前作はお化けが少ししか出ていなかったのでちょっと物足りなかったんですよね。
本作は長めに映っていました。
グリーンのブヨデブお化けも◎。
前作のマシュマロマンに勝てる奴は流石にいませんでしたが、まぁ満足の
お化け達でした。

総括。
久しぶりの本シリーズ。
子供の頃はあんなに楽しめたのに、今回はちょっと物足りなかったなぁ・・・。

さて、次は最新作のリブート作品。
女性が主役との事。
わくわくしますねぇ・・・。

≪点数≫
  6点
                                           (16.12.25鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1302 『ゴーストバスターズ(1984年)』
No1302 『ゴーストバスターズ(1984年)』

1984年制作 米
監督:アイヴァン・ライトマン

≪キャッチコピー≫
『 ― 』

≪ストーリー≫
ピーター(ビル・マーレイ)、レイモンド(ダン・エイクロイド)、イゴン(ハロルド・ライミス)は、ゴーストバスターズを名乗って幽霊退治業をスタートさせる。次々と幽霊を退治して注目を浴び有名になっていくゴーストバスターズ。一方、門の神ズールと鍵の神ビンツが人間の体を利用して融合を果たそうとしており、これが実現すると悪魔が世界を支配する危機的状況に陥ってしまうのだが……。

≪感想≫
子供の頃大好きだった本作。
最近、リブート作品が上映されたのもあって、復習がてら鑑賞。

懐かしいですねぇ・・・。
オープニングを観た瞬間、当時の風景がよみがえる。
土曜日のロードショーとかでもよくやっていたような・・・。
おばあちゃんちで良く観た記憶があります。

さてさて。

先ほど、懐かしいなぁなんて思っていたのですが、鑑賞していくと、
「あれ、こんなお話だったっけ!?」
なんて、やっぱりうろ覚えでした(苦笑)

良かった所。
音楽がステキ。
まずは主題歌。
これは誰もが聞いた事があるであろうあの曲。
やっぱり楽しいですよねぇ。
あと、本作って、実はこんなに劇中に音楽が流れていたんですね。
色々なシーンで曲が流れていて、それがまた良い感じでマッチしていて。
なるほどねぇと。

お化けのルックがステキ。
緑のブヨデブお化けや、老婆のお化け。
タクシーの運転手もゾンビみたいになっていました。
あとは、グレムリン的なモンスター(こちらはお化けというかモンスター)。
CGもない時代に作られたであろう本作。
正直、今の映像に比べたらしょぼいんですけど、それでもあのルックや動きは良かったです。
そしてそして。
本作の白眉と言えるクリーチャー。
みんな大好きマシュマロマン!!
出てきた瞬間、
「よっ!!待ってました!!!!」
愛くるしいルックで街を破壊し倒す。
心、踊る踊る。
最高のキャラクターでしたよ!!

良かったのはこのぐらい。

さて、ここからはダメダメな所。
もっとド派手にやってほしかった。
実は本作って、すっごいミニマムなお話、展開でして。
ニューヨークのお話なのに、起こっているのは一つのビルのみ。
もっと、色んな所でドッカンバッカンやってほしかったな。
先に書いたマシュマロマンも実は数分しか出てこなかったし。
正直、とっても物足りなかったんですよね。
他のお化けたちもそう。
もっともーーーーーっと活躍させて欲しかったです。
残念無念。

お話も、展開がメチャクチャ早いしツッコミ所がありまくりで、ピンとこないというか追い付けない。
途中からお話は無視してルックだけを楽しみに鑑賞する始末。
なんだかなぁってね・・・。

見た目はとっても良かっただけにお話はとっても残念。
昔はあんなに好きだったのになぁ・・・。

とほほ・・・・。

≪点数≫
  4点
                                           (16.12.24鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1301 『きみはいい子』
No1301 『きみはいい子』

2014年制作 邦
監督:呉 美保

≪キャッチコピー≫
『抱きしめられたい。
     子どもだって。
       おとなだって。』

≪ストーリー≫
新米教師の岡野(高良健吾)は、ひたむきだが優柔不断で、問題があっても目を背け、子供たちから信用されていない。雅美(尾野真千子)は夫の単身赴任で3歳の娘と2人で生活し、娘に暴力を振るってしまうことがあった。一人暮らしの老人あきこ(喜多道枝)はスーパーで支払いを忘れ、認知症を心配するようになる。彼らは同じ町で暮らしており……。

≪感想≫
以前観た大傑作邦画「そこのみにて光輝く」の呉 美保監督作品。

「そこのみにて~」はひたすら重々しいお話でしたが、本作もまた重くって
痛々しい作品に仕上がっていました。

現代社会における生々しい問題が描かれている。
ネグレクトの問題。
高齢化社会。
学級崩壊。
親が子供を殴るなんてあり得るんだろうかと思ったりもしますが、
本作のような事件はあり得る話な訳で。
本当に怖くって悲しい社会になったのか、そこに気付き始めたのか。
とにかく本作で取り上げている問題は生々しくて痛かったです。

ただ、本作のそれは少しだけ理由も描かれていたんですよね。
例えば、子に暴力を振るっている母親。
彼女も実は子供の頃暴力を振るわれて育ってきていて・・・。
暴力の連鎖というものですね。
それを断ち切るのはやはり愛情。
同じく暴力を受けて育ったママ友の優しさが彼女を救ってくれたんです。
子育てにしても大人の成長にしてもそうなんですが、やっぱり
相手を想う上での行動は何かしらを変えるきっかけになるというか。
例えば、子供をしかるにしてもそこに「想い」があるかないかで、
とても大きな違いがあるんじゃあなかろうかと。

僕は未婚で子供もいないので、何とも難しいですが、自分に置き換えると
他者との共生にも言えるんじゃないかって。
相手の事を「想う」上での行動は送り手も受け手にもより良いきっかけに
なるんじゃないのかなって思ったり。
言葉にするととても安っぽくなりますが、そんな事感じました。

本作では、色々な悲しみを救うのは「抱きしめる」という行為でした。
小学生の教師である岡野が子供たちに宿題として家族に抱きしめられてきなさいと言う。
照れながらも子供達は宿題の報告を語りだす。
一人一人がなんとも言えないふわりとした柔かい感情を語るシーンはグッときました。
岡野が甥っ子に抱きしめられるシーンもキュッと胸が締め付けられて。
甥っ子にとってはたわいもない行為なんだけどね。
鼻の頭がツンとなりましたよ。

演出について。
やっぱりこの監督さんはとても巧みだなと感じたシーンが2つ。
一つは岡野がクライマックス桜の花びら舞う道を疾走するシーン。
これまで描いていたおもっくるしい社会なんだけど、それでも、それでも希望を感じ取れる演出。
「そこのみにて~」のラストに通づる美しさを感じるシーンでした。
そしてもう一つは、子供に暴力を振るっている雅美に対し大宮の奥さんが救いの抱擁をするシーン。
少しづつ光が射しこむ演出。
ズルいと思いつつもやっぱりグッときましたねぇ。
沈んだ心になりながらもしっかりと浮上の余地を与えてくれるこの演出はやっぱり巧みだなって。

ラストの終わり方も良かったです。
観客に投げかける方法は、最初は「え!?」ってなったけど、色々と考えに考えると、
きっと彼らは幸せになれるんじゃあなかろうかと思えたしね。

総括。
恐らく、社会ではこんな世知辛い事が数々あって、無くなる事はもしかしたら、ないのかもしれない。
それでも、なくそうとする、少なくとも自分はそうなってはならないと強く感じました。
暴力の連鎖ではなく優しさの連鎖を。

重々しくも素晴らしい作品でした。

≪点数≫
  8点
                                           (16.12.18鑑賞)


こちら原作小説。
興味あります。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1300 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
No1300 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

2016年制作 米
監督:ギャレス・エドワーズ

≪キャッチコピー≫
『希望は、死なない――。』

≪ストーリー≫
帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍に加わり、あるミッションを下される。それはデス・スターの設計図を奪うという、困難かつ無謀なものであった。彼女を筆頭に、キャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・アーメッド)といったメンバーで極秘部隊ローグ・ワンが結成され、ミッションが始動するが……。

≪感想≫
スターウォーズシリーズ最新作。

2015年待望の新作が上映されて、また新たなるスタートを切った本シリーズ。
本作はエピソード3の間の物語。
スピンオフ作品。

満足の一作に仕上がっていました!!

キャラについて。
新キャラ続々、魅力のあるキャラクターがちらほら。

ヒロインのジン・アーソ。
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のレイに通づるヒーローでありヒロイン。
戦う女性像はカッコ良かったですが、レイには少し劣るかな。
もう少し活躍させても良かったな。
時折見せる体術はカッコ良かったしね。

ローグ・ワンの面々。
まずは何と言ってもこの方!!
ドニー・イェン兄貴が演じた盲目の戦士チアルート。
性格も盲目的にジェダイを信ずる漢!!
体術がシビれるほどカッコ良くって、もっともーーーっと彼のアクションシーンを見たかった!!
特に、スター・ウォーズシリーズはレーザービームビュンビュン系のアクションが多めなので、
ドニー兄貴の本格的なアクションはやっぱりカッコ良くってね。
邦画の座頭市を匂わすキャラ造形にもシビれました。

チアルートの相方であるベイズ。
フォースを特に信じる訳ではないが、何だかんだでチアルートと二人三脚。
よ!!名コンビ!!!
彼は、武器の扱いが堪能でドデカいレーザー銃やバズーカ的な武器を駆使して
ガッツンガッツンやっていました。
とってもシブかったですね。

クリーチャー系のキャラのルックも相変わらずのスター・ウォーズシリーズと言うか。
名前が分かりませんが、クライマックスで狙撃種的な役割をした奴。
あれ、チューバッカみたいな感じじゃなかったかな。
他にも小っちゃいけど獰猛そうなキャラや、ソウ(フォレスト・ウィテカー)の
側近みたいなキャラ。
どいつもルックが素敵でもっと見ていたいキャラたちでしたよ。

ドロイドにも新キャラが。
これまでもC-3POやR2-D2、BB-8等々魅力的なドロイドを出してきた本シリーズ。
本作のドロイドはK-2SO。
メカなんだけど性格は少し人間的。
最近、「ターミネーター」シリーズを観ているせいか、2作目のシュワちゃんを思い出したり。
メカなんだけど、キュートでカッコいい的な!?(言い過ぎかも)

あと、敵でも気になるキャラが!!
敵の歩兵的な役割のトルーパーですが、本作で、一人だけメタリックな
トルーパーが出ていましたね。
同盟軍をガンガンに撃墜していくのは敵ながら天晴でしたよ。
あいつも名前があるのかなぁ・・・。
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のキャプテン・ファズマ的な。
気になります。

シリーズの方々も登場していましたね。
レイア姫やC-3PO、R2-D2。
そして何と言ってもダースベイダーでしょう。
本シリーズはダース・ベイダーの物語と言っても過言ではない主要キャラクター。
本作でもラストに少しだけですが見所を与えてくれました。
これがまためっちゃ強くって、その強大な力を見せつけてくれました。
うん、良い感じ。

とにかく本作も色々とキャラが目白押しで楽しかったです。

アクションについて。
本作はクライマックスのメカアクション、スカイアクションが豊富でしたね。
始まった瞬間はめっちゃアガりましたよ。
あのたくさんのガンシップ?がワープして、宇宙にピタッと現れるシーンは
メチャクチャカッコ良かったです。
ただ、少し長かったなと感じたりもしましたが・・・(苦笑)
もう少し抑揚をつけてくれても良かったなって。
ドッカンバッカンがあったのは嬉しかったのですが、少し平板にも感じたもので。
それでもスター・ウォーズらしい演出、アクションは盛りだくさんで
これまた満足させてもらいました。

ストーリーについて。
先に書きましたが本作はエピソード3と4の間のお話。
デス・スターの強大な力も思い知ることができたし、その後の展開へと繋がる
お話に仕上がっていてこれも満足です。
あと、本作は切ないお話に仕上がっていましたね。
クライマックスのあの展開は何ともグッとねぇ・・・。
これを見た後に、エピソード4以降を観るとまた感慨深いものが・・・。
ローグ・ワンの面々の活躍をまた見たいです。
特にチアルートの活躍を・・・。

とにもかくにも。
大好きスター・ウォーズシリーズ最新作。
スピンオフでしたがしっかりと正史を繋げてくれる役割を果たしてくれました。
満足の一作です!!

あっとそうそう。
本作、いつもの始まり方をしませんでしたね。
いつもならナレーションの文字スクロールがあるのに本作は無かったな。
ちょっと楽しみにしてたのにな。
スピンオフだからかな・・・。
あの始まりがあって心がグッと上がるのにな。
そこはちと残念でしたとさ。

≪点数≫
  8点
                                           (16.12.17鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad