fc2ブログ
 
■プロフィール

ゆず豆

Author:ゆず豆
映画のレビューをつらつらと・・・。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

No.1954 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
No1954 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
2020年制作 英/米
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
諜報(ちょうほう)員の仕事から離れて、リタイア後の生活の場をジャマイカに移した007ことジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、平穏な毎日を過ごしていた。ある日、旧友のCIAエージェント、フェリックス・ライターが訪ねてくる。彼から誘拐された科学者の救出を頼まれたボンドは、そのミッションを引き受ける。

≪感想≫※思いっきりネタバレあり。
007シリーズ第25弾。

6代目、ジェームズ・ボンドになって5作目。
本作でこダニエル・クレイグ演じるシリーズは終了となります。
有終の美となりますか。

さてさて。
今回の「007」シリーズは、これまでの1作完結的な流れではなくって、
しっかりと繋がりを意識したストーリーとなっていました。
これがまた見応えあってね。

本作のボンド・ガールたち。
アナ・デ・アルマスの魅力は言わずもがな。
そこまでメインどころではありませんでしたが、魅力的なルックと
おてんばっぷりは最高。
スピンオフで作品を作ってほしいくらい。
ただねぇ・・・。
僕的にはやっぱりレア・セドゥがとても美しくて素敵だったんだよなぁ。
ボンドに代わる新007もやり手でカッコ良かった。

本シリーズのボンドに関してはリアル志向で重厚なキャラクター。
だって子供まで誕生するんですもんね。
これまでにないボンド像を見せてくれたんじゃあないでしょうか。
・・・良くも悪くもね。

アクションについて。
冒頭からアクション全開で、これまで予告編を死ぬほど観て待ちわびていた者としては
「これこれ〜!!待ってました!!!」
感が半端ない。
予告編で観たボンドが橋の上から飛び降りながらのロープ掴みのシーンとか。
イケイケバイクアクションとか。
でかい映像で観たせいもあってめちゃくちゃシビれましたよ!!
中盤から旧作のメンバーたちも勢ぞろい。
MやQ、マニーペニーやタナーとのやり取りや物語の展開は最高に盛り上がりを見せてくれて。
終盤まではハラハラドキドキしながら楽しむことができました。

スパイグッズも出し惜しみなくって最高。
ボンドカーのメカメカした感じとかも大爆発でカッコ良かったし。

とは言え、ちょっとだけ引っ掛かり。
終盤だけがちょっとだけ盛り上がり的には欠けたかな。
特に着地が僕的には悲しすぎて・・・。
確かに、ボンドをダニエル・クレイグが演じるのがラストなので、この終わり方で
スッキリはするんですが、やっぱりボンドには生き続けて欲しいんですよ。
グッときたし、泣けたりもしたんですが、なんだかもやもやっと。
大円団で終わって欲しかったなぁ。
めちゃくちゃもやもやした着地にとほほほほ・・・。

そんな感じで。
色々と文句も書きましたが、ダニエル・クレイグ版の「007」。
世界観は一貫してシリアス寄りで素晴らしいシリーズになっておりました。
ちょっともう一回全て観直したいぐらい。

魅力的なキャラクターたちと濃厚なストーリー。
なんだかんだで、印象的な作品に仕上がっていて大満足。
ラストは大きなスクリーンで観れて本当に良かった。
お疲れさまでした!!!!

さぁ、次はどなたがジェームズ・ボンドを演じるのでしょうか。
楽しみに待っておりますよ!!

≪点数≫
  8点
                                           (21.10.03鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

スポンサーサイト



映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1953 『オールド』
No1953 『オールド』
2020年制作 米
監督:M・ナイト・シャマラン

≪キャッチコピー≫
『そのビーチでは、
    一生が一日で終わる。』

≪ストーリー≫
バカンスを過ごすため美しいビーチを訪れ、それぞれに楽しいひと時を過ごすキャパ一家。そのうち息子のトレントの姿が見えなくなり、捜してみると彼は6歳の子供から青年(アレックス・ウルフ)へと成長した姿で現れ、11歳の娘マドックスも大人の女性(トーマシン・マッケンジー)に変貌していた。不可解な事態に困惑する一家は、それぞれが急速に年老いていることに気付く。しかしビーチから逃げようとすると意識を失なってしまい、彼らは謎めいた空間から脱出できなくなる。

≪感想≫※大ネタバレあり
M・ナイト・シャマラン監督最新作。

お話的には、全ての出来事に対して何となく理屈が伴っていて。
今までのシャマラン監督作品やこの手の作品って謎が謎のまま
終わっていってもやもやする感じになるのですが、本作はツッコミどころは
多々あるものの、意外と腑に落ちて。

なぜ老化現象が起こるのかとか。
あれって、周りの環境が人間の成長を促進させている的な感じなんですよね。
最後の脱出の件も納得。
先の理論で周りの環境の影響を受けないようにしてしまえば
脱出もできるっつー訳ですね。
なるほどねぇ・・・。

冒頭のホテルの従業員たちが実は加害者側だった件や、
冒頭の少年たちが名前と職業聞きゲームをしていて、最後にそのシーンの
意味を持たせる件とかも楽しかった。

物語のネタ的に今のコロナ渦の中のワクチン騒動をちょっと彷彿とさせたり。

まぁまぁまぁ。

お話的にはちょっとだけ嫌な部分が。
ネタバレですが、本作の犠牲者たちって病気を持っている人たちなんですよね。
その病気にかかっている人たちに薬を与えて、どれだけで治るか的な実験をしていて。
製薬会社の実験的なお話なんですが、それは10,000歩譲って良いとして、
そこに連れ合い、子供達を巻き込むのはやっぱり不快だったりもしましたよ。
みんな被害者なんですが、子供たちの巻き込まれ度があまりにも酷くて、
むむむってね。

演出について。
カメラワークやら演出がとても良い感じでした。
例えば、子供達の成長度合いはルックが一番大切で分かりやすいシーケンスなのに
なかなか見せてくれないもどかしさと謎々しさだったりとか上手に
写していたんですよねぇ。
あと、老眼になってその人の視界がぼんやりとして、その映像を主観的に見せる件とか。
ぼんやりとした映像の中からあいつが近づいてくるシーンとか最高だったなぁ。

そうそう。
シャマラン監督も登場していましたね。
しかも、役柄的に監視者何だけど監督的な立ち位置。
それこそ映画監督的なね。
そこら辺も巧みで面白いなぁと。

そんな感じで。
シャマラン監督最新作。
シャマラン印がたっぷりと盛り込まれていましたが意外に後味の良い作品。
一定量の満足度は得ることができました。
満足!!

≪点数≫
  7点
                                           (21.09.29鑑賞)
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1952 『トロン』
No1952 『トロン』
1982年制作 米
監督:スティーヴン・リズバーガー

≪キャッチコピー≫
『 - 』

≪ストーリー≫
科学や技術の進歩と発展によって、かつては当たり前のように使われていた魔法が忘れ去られた世界。何をやってもうまくいかない少年イアンは、自分が生まれる前に亡くなった父に会いたいと願っていた。イアンは、父が母に託していた魔法の杖と彼を24時間だけよみがえらせる魔法が記した手紙を、16歳の誕生日にもらう。早速魔法を試すが失敗し、父は半身だけよみがえってしまう。魔法オタクの兄バーリーも父に会ってどうしても伝えたいことがあると、兄弟で父を完全復活させる魔法を探す旅に出る。

≪感想≫
大好きMCUのオリジナルドラマを観るためにDisney+に加入。
その流れで鑑賞。

プレイステーションの人気ゲーム「キングダムハーツ2」の中にトロンステージがあって、
基となる映画がどんな作品か気になったので鑑賞。

さてさて。
制作はなんと1982年!!

本作が世界で初めて本格的CGを導入した作品なんですって。
なるほどねぇ・・・。
確かに世界観とか映像は尖っていて凄かったな。
もちろん、現在の技術と比べると全然だし、とってもチープに見えるんですが
時代を考えるとやっぱりすげぇなぁって。

お話について。
正直、よく分かんなかったです。
大筋はわかったんですが、テンポよく進むのと、無理やりゴールまで
進んでいく感じがピンと来なくって。
あれ?いつの間にこうなったの?って・・・。

アクションや映像について。
キャプテンアメリカのシールドみたいな武器を使ってテニスみたいな
バトルをするんですが、それがちょっと気持ちよくって楽しかったな。
あと、バイクバトルみたいなアクションもフレッシュで楽しかったです。
全体的に世界観は大好き。
コンピューター内のキャラクターのルックも僕的には好印象。
ラスボスのマリオでいうドッスンみたいなキャラもベタながらも◎。

世界観。
ゲームの中に入り込んで戦うっつー映画は今でこそめちゃくちゃありますが、
その走り的な作品なのかな。
レディ・プレイヤー1」とか「シュガー・ラッシュ」とか。
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」とかね。
本作はチープながらもよくできていたように感じましたよ。
ただねぇ・・・。
やっぱり旧型な映像は少し物足りなかったりしたんですよね。
とほほ。

そんな感じで。
恐らく、その時代に映画館で観ていたらワクワクさせられたであろう本作。
現代のハイクオリティな作品を観ているので、やっぱり映像には物足りなさを感じちゃったかな。
物語もちょっとノレませんでした。
残念無念。

本作は続編も出ているようで。
制作されたのが2010年。
28年の時を経てどのような作品になっているのか。
おっかないけどせっかくなので観てみよう。

≪点数≫
  5点
                                           (21.09.23鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

映画 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
その26 『新春来福』
あけましておめでとうございます。

2022年になりました。

今年は
「少し攻める」
ことを心掛け過ごそう。

殿堂入りの
「体調管理」
も忘れずに。
やっぱり徐々に何か起こるんじゃないかとドキドキしているんですよね。

これからも粛々と。

映画鑑賞は少し減ってきたかな。
ただ劇場鑑賞は増えてきたような。
今年も同じペースで行ければなと。

映画は100本。

くらいを目標に。

あとは少しだけプライベートを充実できればと。
仕事に関しても少し要領よくできればなと。

何事もこつこつと。

それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お互い幸多き年を。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

雑記 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
No.1951 『海辺の映画館―キネマの玉手箱』
No1951 『海辺の映画館―キネマの玉手箱』
2019年制作 邦
監督:大林 宣彦

≪キャッチコピー≫
『また見つかった。
       何がだ?
           永遠。』

≪ストーリー≫
広島県尾道の海辺にある映画館・瀬戸内キネマが閉館を迎え、その最終日に日本の戦争映画大特集と題したオールナイト興行が行われる。3人の若者が映画を観ていると劇場に稲妻が走り、閃光が彼らを包むと同時にスクリーンの世界に押し込んでしまう。戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、原爆投下前夜の広島と上映作品の劇中で描かれる戦争をめぐる中で、三人は桜隊という移動劇団の面々と出会い、史実では原爆の犠牲になってしまう劇団員たちを救おうと手を尽くす。

≪感想≫
大林宣彦監督作品。

相変わらず不思議な映画。
個性大爆発の作風は言わずもがな。
本人の思っている事、やりたい事をふんだんに盛り込んでいる。

ただ、これは演出だからなのか、大林監督の人柄が詰め込んであるからなのか
全く違和感なく受け入れられる。

テンポがとても良い。
切り替わりの早いお話。
過去や現代、様々な場所と様々な人物にパンパンと
切り替わりながら物語が描かれる。
しかも前後の繋がりなんて関係ないない。
ひたすら、目の前に訳のわからない状況が描き出される。
これは物語なのか??
何でしょう。
自身の思い出の奥底にあるダイジェストをひたすら流されている感じ。
ただねぇ・・・最初は、何を観せられているんだろうと思っていたんですが、
だんだん、そこに入り込んで、そのテンポも心地よくグッと来させられるというか。

時折、すっごい刺さる場面があったり。
しっかりとしたメッセージが組み込まれて観る者の心に自然に落とし込む。
凄いなぁ・・・。

本作は映画史的な感じもありましたね。
所々に映画の成り立ちとかも組み込まれていて。

ここでも監督のメッセージが描き出される。

とにもかくにも。
これまで観てきた映画とは違った印象。
ころぞ大林印。
中毒性があるというか。
全てを飲み込めていないであろう自分の状況にちょっと苛立ちを感じつつ。
とにかく凄い作品を観たなぁという印象。

大林 宣彦監督は2020年4月に亡くなられて本作が遺作。
合掌。
監督の昔の作品も観ていかなくちゃなぁ。

≪点数≫
  5点
                                           (21.09.20鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
満足ならクリック!!

未分類 | 08:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ